日本代表は決勝トーナメント進出が危うい!!楽観視できない隠されたトリックとは?

日本代表は、ロシアワールドカップのグループリーグ第1節でコロンビアに劇的な勝利を収めました。   そこで注目を浴びたのが、きわめて楽観的なデータ。   ところがそれには隠されたトリックがあるんです。   大会初戦に勝利して大いに盛り上がっている日本も、その現実を直視しなければいけません。

本田圭佑はパセドウ病でプレーできない?運動量が落ちた原因も病気?

2018年ロシアワールドカップ初戦で、本田圭佑選手の見事なアシストから日本が得点。   勝利に大きく貢献した本田圭佑選手ですがパセドウ病のため、以前に比べて運動量が少なく、息切れしていると指摘されています。   確かに年齢的にも衰えてくる時期なのかもしれませんが、以前のような切れはなくなっているような気がしますね。

柴崎岳の海外の反応は?プレースタイルの評価が凄い!

青森山田高校時代から、その高い才能を買われ鹿島アントラーズj代も背番号10を背負い、多くの活躍を見せてきた柴崎岳。   海外で活躍している日本人選手といえば、岡崎慎司、香川真司、本田圭佑などが注目されています。   ただ、彼らの活躍以上に海外の反応として、柴崎岳にかかる期待の声は大きく感じることもあります。   実際のところ、柴崎岳はどこまで活躍できているのでしょう。

「大迫半端ないって」の意味や元ネタの中西隆裕の現在は?流行語大賞に…

ロシアワールドカップの日本代表の初戦であったコロンビア戦を大迫勇也が見事な得点で勝利しました。   思わず興奮してしまいましたが、今話題になっているのが「大迫半端ないって」です。   「大迫半端ないって」ってどういう意味?って思っている方も多いと思います。   「大迫半端ないって」は高校サッカーで伝説となっている中西隆裕の名言です。   そもそもの「大迫半端 […]

本田圭佑はなぜディスられる?稀代のヒールといわれる理由が…

ロシアワールドカップの初戦で日本が大方の予想に反し、強豪コロンビアに勝利。   ワールドカップでアジア勢が中南米の代表チームを初めて下す快挙をやってのけました。   日本国内では全く盛り上がらないだろうと危惧されていたサッカー日本代表への注目度が一転して大きく上がり、ネット上でも大騒ぎでした。

昌子源がDF統率力!ファルカオ封じでセネガル戦にも期待!

ロシアワールドカップで日本はコロンビアと対戦し2-1で勝利を手にしました。   kの試合では当初スタメンとみられていた槙野智章ではなく、昌子源がCBといして先発。   昌子源は相手エースであるファルカオを封じるという大仕事をやってのけました。   セネガル戦やポーランド戦での活躍も期待しちゃいますね。

1 46