ドラマ「高嶺の花」3話感想と4話のあらすじ!ななの本性が…!ももと直人のキスシーンに!

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ「高嶺の花」3話が放送されました。

2話では真由美g亜月島と関係ある人物というk所とがわかったけど、裏に何があるのか?

ももと直人の関係にさらなる進化はあるのか?

3話も見どころがたくさんでした。

今回も「高嶺の花」3話の感想と4話のあらすじをまとめていきます。

 

スポンサーリンク

ドラマ「高嶺の花」3話の感想

ドラマ「高嶺の花」2話の感想と3話のあらすじ!裏ではドロドロした闇が迫っている?
石原さとみさん主演のドラマ「高嶺の花」2話が放送されました。 ただ一緒にいるだけで笑顔を誘う風間直人のほっこりした魅力。 昇進の月島ももに笑顔が増えてきました。 こんな2人が果たしてどんな風に恋に落ちていくのか? 王...

3話ではラストにももと直人のキスシーンもありました。

4話での2人の関係はどうなっていくのか?

また、龍一への想いから家元を継ぐこtに目覚めたななとももの関係はどうなっていくのでしょう?

4話以降も人間関係がドロドロしていきそうですね。

いまさら、ももと吉池が復縁することはなさそうですが、ももと吉池、真由美の関係がどうなるのか気になります。

 

 

みんなの感想は?

 

 

「高嶺の花」4話のあらすじ

もも(石原さとみ)は直人(峯田和伸)を恋の相手と意識していたが、直人はももとキスしてからというもの、目も合わせられず挙動不審になる。

一方、なな(芳根京子)は龍一(千葉雄大)への思いから、市松(小日向文世)に、自分にも家元を継ぐチャンスが欲しいと訴える。市松はななの申し出を認めた。

ななはももに、自分も家元候補になったと伝え、さらに、ももに対して長年抱えてきたコンプレックスを激しくぶつける。

そんな中、直人は幸平(袴田吉彦)、太郎(吉田ウーロン太)とともにキャバクラへ。

幸平たちは、ももと直人に二度目のキスをさせようとはやし立てる。

ももはノリでOKしたが、直人は飛び出していってしまう。

その直後、ももは直人の自転車店を訪ね、再び直人にキスをして……。

そしてついに、華道家「月島もも」が特集された雑誌が発売された。

引用元:https://www.ntv.co.jp/takanenohana/story/

ドラマ「高嶺の花」4話感想と5話あらすじ!ももの下品さや父親が高井?
ドラマ「高嶺の花」4話が放送されました。 4話なのに怒涛の展開でしたね。 さすがドラマオリジナルのストーリーだけあって、毎回見たくなるような内容ですね。 ぷーさんこと峯田和伸さんとのキスシーンも話題にあんりました。 ...

 

まとめ

 

石原さとみさんのラストのキスは美しいですね。

峯田和伸さんがうらやましくなってしまいました。

さて、ももの恋路を邪魔した犯人は、父親の市松でした。

このドラマの最大の敵は市松でしょうね。

向かうところ敵なしな感じです。

おそらく新興勢力の龍一は手も足も出ないかもしれません。

ルリ子と体の関係であることに気づいたいつ待つがどうなるのか?

もしかするとすでに知っているとか?

次回の4話も楽しみですね。