「下町ロケット」続編のあらすじやキャスト!阿部寛が新たな夢が佃製作所に…

2018年秋ドラマ
スポンサーリンク

2018年10月からTBS日曜劇場で「下町ロケット」続編がスタートします。

前作の放送から3年たちましたが、待望の新シリーズがドラマ化します。

本作は、池井戸潤さんの小説シリーズ第3弾「下町ロケット ゴースト」をドラマ化で、新たなキャストも追加された作品です。

タイトルに続編やシーズン2などの表記はありませんが、間違いなく前回の「下町ロケット」の続編となります。

主人公の佃航平役は、前回に続き阿部寛さん。

様々な困難にみんなで立ち向かいちからを合わせて切り抜けてきた佃製作所に、またしても新たなトラブルが…。

今作も期待度の高い「下町ロケット」のあらすじやキャストを調べていきましょう。

 

スポンサーリンク

「下町ロケット」続編の基本情報

 

放送日程

放送日:2018年10月14日(日)初回スタート
放送局:TBS系(日曜劇場枠)
放送時間:毎週日曜日 夜9時

 

 

脚本・主題歌・プロデューサー・演出

脚本:丑尾健太郎(小さな巨人、ブラックペアンほか)
主題歌:未定
プロデューサー:伊與田英徳、峠田浩
演出:福澤克雄(半沢直樹、祈りの幕を下げる時ほか)、田中健太(陸王、ブラックペアンほか)

 

 

「下町ロケット」続編のキャスト

 

佃航平(つうだ こうへい)役:阿部寛

宇宙科学開発機構(JAXAジャクサ)の元研究員で、ロケット打ち上げ失敗の責任を取って辞職。

父親の残した下町の工場「佃製作所」の社長。

 

 

佃利菜(つくだ りな)役:土屋太鳳

航平の娘で、反発していた時期もあったが両親に憧れて現在は帝国重工でロケット開発に携わっている。

 

 

立花洋介(たちばな ようすけ)役:竹内涼真

佃製作所の技術開発部エース。

 

 

山崎光彦(やまざき みつひこ)役:安田顕

技術開発部部長。

佃航平の大学時代の後輩で根っからの研究者。

 

 

江原春樹(えばら はるき)役:和田聰宏

 

営業2部係長で若手社員のリーダー的存在。

佃航平から営業と開発チームのサブリーダーを任命される。

 

 

軽部真樹男(かるべ まきお)役:徳重聡

佃製作所の中堅エンジニア。

ぶっきらぼうで口が悪く、若手からの評判は良くない。

だが、裏では若手のフォローをしているが、そんな姿を見せない不器用な性格。

 

 

迫田滋(さこた しげる)役:今野浩喜

 

経理部係長。堅実な仕事ぶりと的確な意見を発言することから、江原と同じように若手から頼られる存在。

 

 

津野薫(つの かおる)役:中本賢

 

営業1部部長。佃航平を信頼して受け入れ、営業部を引っ張っている。

 

 

唐木田篤(からきだ あつし)役:谷田歩

 

営業2部部長。営業1部の津野とはライバル。

元外資系IT企業の出身だけに合理的思考の持ち主。

 

 

加納アキ(かのう あき)役:朝倉あき

数少ない女性のエンジニア。

 

 

和泉沙耶(いずみ さや)役:真矢ミキ

佃航平の元妻でJAXAの研究員。

 

 

水原重治(みずはら しげはる)役:木下ほうか

帝国重工の宇宙航空部本部長。

 

 

中川京一(なかがわ きょういち)役:池畑慎之介

 

 

神谷修一(かみや しゅういち)役:恵俊彰

佃製作所を背負って立つ敏腕弁護士。

 

 

佃和枝(つくだ かずえ)役:倍賞美津子

佃航平の母親で、かつては夫を長年支えてきたが、今は航平と孫娘である利菜と暮らしている。

 

 

殿村直弘(とのむら なおひろ):立川談春

佃製作所の経理部部長。白水銀行からの出向で、不器用で無口だったことが災いして銀行の回し者と警戒されていた。

しかし、銀行を退職し佃製作所で正式な社員となり、航平にとってもなくてはならない存在になっている。

 

 

「下町ロケット」続編のあらすじ

 

元宇宙科学開発機構の研究員で、ロケットの打ち上げ失敗の責任をとって辞職し、現在は父親が遺した下町の工場「佃製作所」で経営者として第二の人生を送っている佃航平(阿部寛)。

一度はあきらめかけた佃の夢であったロケット製造を、自社が開発したバルブシステムを使用し、日本を代表する大企業・帝国重工の純国産ロケット開発計画「スターダスト計画」により実現するなど、順調な佃製作所だったが…。

ある日、帝国重工の社長交代により、スターダスト計画は次回で終わるかもしれない――と帝国重工宇宙航空開発部部長の財前(吉川晃司)から告げられ、佃はショックを受ける。ロケット製造に関わることは佃の夢であるとともに、今や「ロケット品質」を掲げる佃製作所社員たちの精神的支柱にもなっていたのだ。

そこへ追いうちをかけるように、大口取引先の農機具メーカーから小型エンジンの取引削減を告げられる。

性能よりもコスト重視という考えに、技術力が売りの佃製作所は存在意義が揺らぎ始め、佃は強い危機感を抱く。

そんな中、佃製作所の経理部長・殿村(立川談春)の父親が倒れる。

殿村の実家は三百年続く農家。父親の看病と畑仕事の手伝いに、週末ごとに帰省する殿村を見舞う佃と山崎(安田顕)。

トラクターを運転する殿村をじっと見て、佃はあることに気づく。

それは、佃の中に新たな夢が生まれた、瞬間だった──。

引用元:http://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/story/

 

 

「下町ロケット」続編の見どころ

 

「下町ロケット」続編のドラマの見どころは、なんといっても制作チームの凄いことです。

「下町ロケット」のほか、「半沢直樹」、「ルーズヴェルトゲーム」、「陸王」など、池井戸潤原作のドラマで高視聴率を記録している制作チームなんです。

本作も、もちろん池井戸潤小説「下町ロケット ゴースト」が原作で、池井戸潤ドラマであるということです。

主人公の佃航平は開発にかける熱い思いと諦めない姿勢でたび重なる困難を社員一丸となって切り抜け、町工場「佃製作所」を引っ張っていく。

今回のキーとなってくるのがイモトアヤコ演じる島津裕。

島津は元帝国重工の社員で天才エンジニアと呼ばれていた経歴を持ち、現在はトランスミッションメーカー・ギアゴーストの副社長であり技術者。

佃製作所の人物たちと深くかかわっていきます。

今回の佃の夢であるロケット打ち上げの宇宙から、大地へ。

佃製作所の新たな戦いに幕が上がります。