ドラマ「サバイバルウェディング」4話感想と5話あらすじ!女性から誘うことも必要?

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

サバイバルウェディングの4話が放送されましたね。

決して男ウケのためだけにワンピースを着るのではなく、男につけるものが自分の自信となることに気づいたさやか。

幸先よく、祐一からランチに誘われますが、これをきっかけとして次につなげていくことはできるのでしょうか?

では、「サバイバルウェディング」4話感想と5話あらすじをまとめていきましょう。

 

スポンサーリンク

「サバイバルウェディング」4話感想!

 

4話では、さやかが誕生日の和也の誘惑に乗ってしまい、悲しい思いをするも、祐一に脈ありサインが見られました。

運命の人と出会い、結婚を夢見るさやかですが、その頭には出会ってアプローチを待つという考えしかなかったようです。

しかし、祐一とのケースでもそうだったように、出会ってお互いがお互いのタイプのドンピシャ!

すぐにお互い恋に落ちるという確率は少なく、ある程度ん男行為レベルに達するまでには一定の時間が必要だということが多いようですね。

職場など、意中の人と会い続けられる環境にいる以外は、やっぱり女性の方から会い続けられる状況を作るアプローチが必要なのかもしれませんね。

自分にアプローチしてくる男性ばかりを相手にしていると、その男性はほかの女性とのきっかけづくりにも困らないタイプの男性なので、必然的に浮気される確率が多くなるという話も思わず納得してしまいました。

偶然の力も借りながら、繰り返し合ううちに、祐一の中でさやかはちょっと気になる程度のレベルには達した様子。

宇佐美のいう次の一手が気になりますね。

そして、訳ありの恋愛をしていることが以前からほのめかされた多香子が不倫をしていることも発覚しました。

その相手はまさかの川村製薬の広報部長・永瀬でした。

多香子からさやかに担当が変わった際には、永瀬が方このことを気にするそぶりを見せていましたが、そういうことだったのです。

みんな見せないだけで、いろいろ寂しさを抱えている、という描写が切なかったですね。

 

みんなの感想は?

 

 

「サバイバルウェディング」5話あらすじ!

 

宇佐美(伊勢谷友介)の命令で、スポーツメーカーとのタイアップ記事「夏の一か月ボディメイク特集」に体を張って挑むことになったさやか(波瑠)。

自分の肌やスタイルに自信を持つことができれば、祐一(吉沢亮)をデートに誘いやすくなるというのがその理由だ。

宇佐美は無理なダイエットを否定し、“美の本質=健康”であると力説。

かくしてさやかは、健康で魅力的とされる『ウェスト7:ヒップ10』のメリハリボディを目指し、バランスの良い食事と適度な運動をスタート。

そんなさやかの姿にriz編集部のメンバーも刺激を受け始める。

自信を持ったさやかは、祐一をディナークルーズに誘いたいと宇佐美に相談。

しかし宇佐美は、“安くてうまい居酒屋に誰よりも詳しい”というさやかの強みを生かして、デートの場所を“小汚い居酒屋”に指定。

そこで、「女にいいところを見せたい」という先史時代から受け継がれる男性の本能を刺激する作戦を立てる。

宇佐美の命令通り、愛されワンピ着用でサラリーマン御用達の居酒屋に祐一を誘い出したさやか。

「ステキ女子が、あえての居酒屋セレクト」という設定でトークを進めようとするが、偶然やってきた酔っ払いの鉄男(前野朋哉)に本性をバラされ…!?

さらに思わぬトラブルが発生し、記念すべき初デートはあらぬ方向に…。

果たしてさやかと祐一の距離は縮まるのか…!?

引用元:https://www.ntv.co.jp/survival-wedding/story/

 

 

まとめ

 

回を重ねることに少しずつキレイになって、女子力をアップされるさやか。

そもそも女子力って言葉が嫌いな私でが、波留さんが演じるキャラなら許せるかもしれません。

これがモデル上がりの10頭身の女優だったら、なんのこっちゃってなってしまうかもしれませんね。

次回の5話が楽しみです。