「リーガルV」米倉涼子主演で他のキャストやあらすじ!昼は真面目で夜はセクシー!

2018年秋ドラマ
スポンサーリンク

2018年10月から放送の米倉涼子さん主演ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」

大人気医療ドラマ「ドクターX~外科医・大門未知子~」でお馴染みの米倉涼子さんが第6シーズンの前に出演するといわれています。

大人気シリーズの続編を期待する声もある中、役者としての幅を広げたいという米倉涼子さんとの難しい関係が見え隠れもするドラマ。

今回は、ドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」のキャストやあらすじを見ていきましょう。

 

スポンサーリンク

ドラマ基本情報

ドラマタイトル:「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」
放送予定:2018年10月スタート
放送曜日:毎週木曜日
放送時間:21:00~
脚本:橋本祐志

今作のドラマは橋本祐志さんが務めます。

てっきり木9ドラマは「ドクターX」の続編だと思っていました。

今作はどんなドラマに仕上がっていくのか楽しみですね。

 

 

「リーガルV」のキャストは?

 

小鳥遊翔子役:米倉涼子

 

弁護士資格を剥奪される前は「Felix&Temma法律事務所」に所属しており、「上司を殴った」、「暴力団とつるんで恐喝していた」など黒い噂が絶えないが、真相は謎のまま。

「京極法律事務所」では資格がないからと何もせず、自由奔放な言動で周囲を翻弄する。

しかし、法律を盾に美味しい思いをする人間を許さないという矜持があり、本当に困っている依頼人を見分けるめを持ちます。

ちなみに、好きなものは刑事ドラマ「現場百回!」と鉄道。

 

 

海崎勇人役:向井理

 

海崎勇人は国内最大手の「Felix&Temma法律事務所」のエース弁護士で、裁判に勝つためには、違法な手段さえも用意てきた勝利至上主義者です。

裕福な家に生まれ、幼いころから勉強もスポーツもできた根っからのエリートゆえに、自分の戦略に絶対の自信を持っている傲慢な性格。

プライドが高くて向上心が強い、エリートを絵にかいた人物で、代表弁護士の天馬壮一郎の期待に応え、汚い仕事もこなす。

証拠の元同僚で、元カレ?という噂もある。

 

 

青島圭太役:林遣都

 

青島圭太は「Felix&Temma法律事務所」に就職しようとするも、極度のあがり症で面接に失敗し、中規模の弁護士事務所のいそ弁(居候弁護士)になりました。

駆け引きに弱く敗訴続きで、断崖絶壁で佇んでいたところを翔子にスカウトされ、「京極法律事務所」で働く。

打たれ弱い性格のため、「弁護士に向いていないかも?」と自己嫌悪に陥りがち。

 

 

馬場雄一役:荒川良々

 

「京極法律事務所」のパラリーガルで、元ストーカーのオタク事務員・馬場雄一。

馬場は警備会社に17年務めるも、2年前、一方的にこういを抱いていた部下からストーカー被害で訴えられ、服役していた。

尾行調査を得意としていて、粘着質で任された調査は徹底的に行いますが、オタク故に自分が興味のある点にとらわれ過ぎてしまう。

 

 

伊藤理恵役:安達祐実

 

「京極法律事務所」のパラリーガルの伊藤理恵は、惚れた男のため13年勤務した大手銀行で1億円を横領し、実刑はんけつを受けた元銀行員。

3年の服役歴はあるものの、銀行員に必要な一通りの資格を持つ隠れハイスペック。

情にはもろいですが仕事は丁寧で早く、けちで金の管理が得意なところを評価され、事務所の金庫番を任されている。

 

 

茅野明役:三浦翔平

 

茅野明は「京極法律事務所」のパラリーガルであり、現役ホスト。

小鳥遊翔子とはホストクラブで出会い、何となくで意気投合してしまいました。

イケメンなうえに人も良く、老若男女問わず好かれる天性の人たらいで、翔子を「姐さん」と慕うなど人懐っこい性格をしています。

それを活かせる聞き込み調査を得意とする。

残念なことにちょっとおバカなので、難しい話は耳に入りません。

 

 

大鷲高志役:勝村政信

 

大鷲高志は元検事で、特捜部への配属経験もあるエリート。

弁護士時代の小鳥遊翔子と法廷で対決したこともあるのですが、そのときはコテンパンにされたのだとか。

ある理由で弁護士に転身するも、プライドの高さ故に上から目線過ぎて客が付かず、仕事がない状態でした。

京極雅彦が大学時代の恩師で、彼が翔子に騙されているのでは?と思い、証拠を見張るうちに「京極法律事務所」の弁護士になっていました。

 

 

天馬壮一郎役:小日向文世

 

弁護士会会長も務める、日本弁護士界のドンにし、「Felix&Temma法律事務所」の代表弁護士の天馬壮一郎。

天馬は人権派の弁護士として知られるも、裁判で勝つためには手段を選ばず、一度でも自分の命に背いたものを許さない非常な役どころ。

元部下の翔子を自分の右腕のように思っていたが、現在は彼女を疎んでおり、法曹界から葬り去ろうと暗躍している。

 

 

京極雅彦役:高橋英樹

 

京極雅彦は、「京極法律事務所」の代表弁護士。

法学部を卒業後、法学者として大学の教授になり、法律学教授経験者に対する認定制度で弁護士資格を取得しました。

そのため、代表弁護士ながら実務経験ゼロのペーパー弁護士なのです。

京極雅彦は翔子の言葉に乗せられ、事務所開設費用の500万円と実印を預け、法廷デビューを目指すことに。

実は弁護士以外にいろいろな資格試験に挑戦していて、多くの資格を持っている。

 

 

白鳥美奈子役:菜々緒

 

「Felix&Temma法律事務所」所属で翔子のライバル弁護士。

弁護士としての争いもさることながら、翔子の元カレ疑惑があり、上司でもある海崎勇人をめぐる争いでも敵対を待つ。

事務所代表の天馬と張り合うほどの強い上昇志向を持っている。

 

 

「リーガルV」のあらすじ

 

ワケあり弱小弁護士集団vs.大手法律事務所!

“勝利”を賭けた“無謀な戦い”が開幕

米倉演じるスキャンダラスなヒロイン・小鳥遊翔子を中心に繰り広げる『リーガルV』は、まさに新感覚のリーガルドラマです。

なんと弁護士資格を剥奪された翔子が、ペーパー弁護士の大学教授に法律事務所を開かせた上に、もっともらしい嘘八百を並べて“ワケありの弁護士やパラリーガル”をスカウト!

悪魔のような傍若無人ぶりで彼らをこき使い、どんなに不利な訴訟でも“V”ictory=勝利を手にするため突き進んでいきます。

そんな翔子の前に立ちはだかる大手法律事務所。

民事訴訟を中心に厄介な案件が次々と舞い込む中、超エリート弁護士らを相手に、翔子率いる弱小弁護士集団は勝利できるのか…!?

さらに「行列のできる法律事務所を作りたい」、「人を救うのに資格はいらない」――そう豪語する翔子の真意、弁護士資格を剥奪された理由とは一体…!?

思わずニヤリとする軽快な描写の中に、一筋縄ではいかない人間ドラマをはらみながら、ついに開廷する《正義と涙の法廷劇》。

【リーガルV】1話あらすじと感想!見逃し動画を無料で安全に見る方法!
ドラマ「リーガルV」が2018年10月11日21時~スタートします。 米倉涼子さん主演ということで、1話はどんなあらすじになっているのでしょう? ドラマ「リーガルV」の1話あらすじや感想、見逃し無料の動画視聴方法についてもまとめ...
【リーガルV】2話あらすじと感想!見逃し無料動画を安全に見る方法とは?
米倉涼子さん主演のドラマ「リーガルV~元弁護士・小鳥遊翔子~」。 スキャンダルな元弁護士が弱者を救う⁉この秋注目のヤバイヒロインが誕生します。 2話では、「太陽製紙」の元取締役・永島鈴美がべんごを依頼してきます。 そんなド...

 

 

まとめ

 

米倉涼子さん演じる主人公の小鳥遊翔子。

大手弁護士事務所を首になり個人事務所で仲間とともに戦う弁護士役で、殺人事件などは取り扱わない民事すべてを引き受けるという役柄のようです。