仮想通貨とは何なのか?【調べた人は儲かる】わかりやすく解説!

仮想通貨
スポンサーリンク

f8fbf755a8fe3fb9e5b62ac25a4fa915_s

最近話題の仮想通貨なんですが、気になるけどよくわからないし怪しい?

 

2017年4月に1BTC(ビットコインの単位)が日本円で12万円だったものが、5月に30万円に、12月に200万円を突破しています。

 

あまりよくないイメージを持っている方も多いのですが、実際にはどうなんでしょう?

スポンサーリンク

仮想通貨ってなに?

 

仮想通貨は、インターネット上で取引されるお金です。

 

「仮想通貨」や「暗号通貨」「デジタル通貨」アドと呼ばれています。

 

 

電子マネーとの違い

 

仮想通貨は電子マネーに似ている気もしますが、その違いは、仮想通貨は世界中とつながっているインターネット上のお金ということ。

 

海外とんお取引の際に手数料があまりかからず、国ごとの貨幣価値(為替)の差もそれほど生まれず、世界共通の単位のお金として使えることです。

 

一方で電子マネーは、現金を電子化してコンピュータ上のデータで決済される仕組みなので、日本円を電子マネーに変えて、日本円の代わりとして使えます。

 

要は電子マネーは一つの通貨の代わりとしてしか使えません。

 

 

仮想通貨の仕組み

 

仮想通貨はインターネット上にだけ存在するお金です。

 

どこかの国や公的感が発行しているものではなく、民間で仮想通貨の仕組みが運営されています。

 

仮想通貨に信頼をおいている者(仮想通貨をお金だと思っている者)同士なら取引が可能であり、取引所は世界各地にあります。

 

したがって、まだ仮想通貨の普及率が低い日本では、仮想通貨に信頼を置いている人が少ないため、仮想通貨が使えるお店が少ないのです。

 

仮想通貨という名前なんですが、インターネット上でのお金のやり取りは暗号化されているため、暗号通貨とも言われています。

 

仮想通貨=仮想の通貨という呼び名が、多くの人が仮想通貨を信用できない要因になっているのかもしれませんね。

 

以前、池上彰さんがTV番組で仮想通貨をわかりやすく解説していたのですが、一部のインターネットに詳しい人々による「世界共通のお金があったら便利」という発想から生まれたのが仮想通貨です。

 

この仮想通貨というしくみをいかに安全なものにするかということで、改善に改善を重ねられ、現在に至ります。

 

 

仮想通貨の稼ぎ方

値動きの差額で稼ぐ

 

仮想通貨の稼ぎ方なんですが、株と一緒で仮想通貨にも値動きがあるのです。

 

安い時に買って、勝った額より高い時に売って、その利益を得るというものです。

 

過去に遊び半分で仮想通貨を買って放置していたのが、忘れかけていたころに、仮想通貨の価格が何千倍にもなっていて大儲けをしたという実例もあるので、実際に稼ぐことは可能です。

 

事実ここ数年内でも、仮想通貨は激しい値動きをしています。

 

 

仮想通貨はいくらから買える?

 

仮想通貨はいくらから買えるのかなんですが、ビットコインを例に挙げます。

 

ビットコインは理屈では1円から買えるのですが、実際には取引手数料などの便宜上の理由から、取引所によって裁定取引額が決まっています。

 

単位はビットコイン(BTC)で、2017年5月の終わりころには1ビットコイン(1BTC)30万円に近付きました。

 

ビットコインを投資と考えるならば、一般的には安くても1ビットコインは購入した方が稼ぎやすいです。

 

リスクを回避して稼ぐには、まずは約30万円分の利益を確保して、その利益は溶けても構わないという覚悟で投資をすれば、大きな損害を被ることはないでしょう。

 

ただし仮想通貨で稼ぐことは、今のところ投機とみなされています。

 

ギャンブル的な要素も強いですね。

 

しかし、この先の仮想通貨の世界的な需要が拡大したり、仕組みがさらに整備されることになると、どう変化していくのかわかりません。

 

日本国内では信用度・普及率ともに低い仮想通貨ですが、中には大金をつぎ込んで仮想通貨を買う人もいますね。

 

 

デメリット


投機的・ギャンブル的

 

仮想通貨の相場は刻一刻と変化するので、仮想通貨を買った後に価格が暴落して価値がなくなる可能性もあり、投機的・ギャンブル的な要素が強いです。

 

そして仮想通貨の価格が暴落した際の国や企業による保証はありません。

 

 

取引所の破綻による悪いイメージ

 

また、2014年に国内のビットコイン取引所のマウントゴックスが破綻したため、仮想通貨へ悪いイメージを持つ方も大勢います。

 

1つの取引所が破綻しただけであり、仮想通貨そのものが使えなくなったわけではありません。

 

しかし、マウントゴックス破綻の悪いイメージにより、仮想通貨への理解が貧しい方には中々、手を出しにくい状況と言えるでしょう。

 

 

メリット

 

仮想通貨の値動き

 

2017年5月、LCC(格安航空会社)の最大手の1つ、ピーチ・アビエーションが年内に仮想通貨での決済を導入することを発表しました。

 

対象となる仮想通貨は、一番メジャーなビットコインです。

 

ビットコインの普及はアジア、特に中国で加速しており、多くの中国人観光客を獲得できる可能性もあります。

 

世界最大の人口を抱える中国で仮想通貨の普及が加速していることは、今後も仮想通貨の需要が高まることを示唆しています。

 

また、ピーチアビエーションがビットコインの決算を導入するとなると、仮想通貨の信用はますます高まっていくと考えられるでしょう。

 

これから仮想通貨の需要が高まり、価格が上昇することは十分考えられます。

 

 

まとめ

 

人はよくわからない者には手を出さない習慣があります。

 

仮想通貨にネガティブなイメージを持つ人はまだ多いです。

 

しかし、興味を持つ人が増えているのも事実で、今後、仮想通貨の普及率が高まれば、自ずとネガティブなイメージも変わってくるのではないでしょうか。

 

仮想通貨は簡単にいうと「インターネット上で取引される世界共通の単位のお金」なので、それが市民権を得たら、海外旅行の際に通関お監禁・送金で発生する手数料が省かれたり、国際的な金銭のやり取りがスムーズになります。

 

海外によく行く方にとってはどれだけ便利になるか想像はつくでしょうね。

 

世の中が時代の流れとともに急激に変化し続けている現代では、仮想通貨が一般的に使われるようになっても不思議ではないと思います。