三竿健斗【鹿島】に彼女の噂と帰国子女の経歴は?プレースタイルを解説!

サッカー
スポンサーリンク

c74ad0eb-c9a6-7e2d-75c1-f54382b4e78f.view

鹿島アントラーズで昨シーズンポジションを確立し「岩田アントラーズ」の申し子といわれている三竿健斗選手。

 

最終節でりーぐゆうしょうを逃し苦しい結果となってしまいましたが、柴崎岳選手の穴を埋める、目立たずとも力強い下支えとなる選手となりました。

 

日本代表にも選出されるなど、今一番の注目選手ではないでしょうか。

 

そんな三竿健斗選手の経歴やプレースタイル、噂について調べてみました。

スポンサーリンク

三竿健斗の経歴は?

 

三竿健斗選手は東京都武蔵野市出身で、1996年4月16日生まれ。

 

実兄の三竿雄斗選手(鹿島アントラーズ)の影響で、赤ん坊のころからボールを蹴っていたそうです。

 

武蔵野市立大野田小学校

 

小学4年まで横河武蔵野FCジュニアに在籍。

 

小学5年、東京ヴェルディジュニアに入団。

 

CBとして第32回少年サッカー大会全国大会ベスト8やダノンネーションズカップIN JAPAN準優勝に貢献しました。

 

 

私立立教池袋中学校

 

東京ヴェルディジュニアユースに入団。

 

中学2年まではCBでしたが、ボランチに転向し素質が開花しました。

 

 

私立立教池袋高等学校

 

東京ヴェルディユースに昇格します。

 

FIFA U-17ワールドカップに出場するU-17日本代表のメンバー入りを果たし、チームの16強入りに貢献。

 

その後U-18 ,U-19日本代表にも選ばれ2014年4月、中野雅臣選手とともにトップチームに2種登録選手として選手登録覚ました。

 

公式戦でベンチ入りしましたが、出場機会はなく、中野雅臣選手が一足先にデビューしました。

 

この悔しさがバネになり、苦手としていたヘディングなどの課題克服のため意欲的に練習に取り組んだといいます。

 

 

東京ヴェルディ

 

2015年にトップチームに昇格します。

 

3月J2開幕戦セレッソ大阪戦でリーグ戦デビューします。

 

ルーキーイヤーながら開幕からスタメンを掴み、J2第40節までの37試合に出場しました。

 

また、AFC U-23選手権2016のメンバーに選出されました。

 

 

鹿島アントラーズ

 

2016年、鹿島アントラーズに完全移籍します。

 

2月の開幕戦・ガンバ大阪線のアディショナルタイムにJ1初出場を果たしました。

 

2017年5月末に石井正忠館とkの解任を受けて、コーチから昇格した大岩剛新監督の下で、ボランチのファーストチョイスとなり、最終節までの22試合のうち、累積警告で出場停止となった1戦を除いた21試合に先発フル出場を果たしました。

 

まばゆい輝きを放っている三竿健斗選手の活躍に、日本代表監督の目にも止まりました。

 

東アジアの王者を決める、2年に1度の国際大会に挑む代表メンバーに大抜擢されます。

 

そして欧州遠征、日本代表メンバーにも選出されています。

 

 

三竿健斗選手のプレースタイルは?

 

的確な読みと精度の高い縦パス、そして豊富な運動量と高いボール奪取力、さらに高さまで兼ね備えていて、オーストラリアやロシアのような高さやフィジカル勝負の相手にも負けないぐらい身体能力も優れています。

775101652KT00066_Kashima_An

また危機管理能力にも優れていて、サイドバックが上がったときのカバーリングも得意としています。

 

CBのポジションでも高いレベルでプレーできているので、ユーティリティー性にも優れた選手といえるのではないでしょうか。

 

 

三竿健斗の彼女の噂は?

 

イケメンとして注目されている三竿健斗選手ですが、やはり彼女の噂などが気になりますが、情報はありませんでした。

20687105_856041767905235_5715207947361976320_n

彼女の1人や2人いてもおかしくないですよね。

 

ちなみに三竿健斗選手の好きな女性芸能人はモデルでタレントの中村アンさんなんだそうです。

 

中村アンさんといったら以前、日本だ表の吉田麻也選手とも熱愛の噂がありましたが、サッカー選手、特にしゅびを担当している選手からの人気があるのかもしれませんね。

 

 

三竿健斗は帰国子女

 

三竿健斗選手は東京生まれですが、生後半年から5歳までカナダで暮らした経験があるようです。

 

そのため英語も流ちょうに話せるそうです。

 

東京Vユースからトップ昇格したばかりのころ、ボランチとして先発出場したデビュー戦では、当時セレッソ大阪に入団したディエゴ・フォルラン選手と互角に渡り合い話題になりました。

 

その際、フォルラン選手へ「何歳?」と英語できてみたところ、フォルラン選手は日本語で「35!センパイ、センパイ!」と応えたというエピソードがあるようです。

 

まとめ

 

これから日本代表の強化試合やJリーグの活躍次第では、ロシアワールドカップの散発出場もあり得るかもしれませんね。

 

今後ますますの活躍に期待したいですね。