【セネガル】サディオ・マネのプレースタイルと吉田麻也との関係は?

サッカー
スポンサーリンク

 

ロシアワールドカップで日本代表はセネガル代表と戦うのですが、苦しい試合展開になることが予想されます。

 

セネガル代表のサディオ・マネはとくに要注意選手なので調べてみました。

 

プレースタイルや吉田麻也選手との関係性も気になりますね。

スポンサーリンク

サディオ・マネの経歴は?

 

美しい国で育ったサディオ・マネ選手ですが、実は、実家がかなり貧乏だったらしいのです。

 

小さいころからサッカーをはじめ、ある日、首都ダカールにトライアウトを受けに行った際に

靴はボロボロ

サッカーをするためのズボンもはいていない

一方、他のトライアウトを受けに来た人は、みんなピカピカの道具を揃えてきたそうです。

 

「場違いなところに来たな」

とも思ったそうです。

 

しかし、マネ選手のぎじゅがあまりにも優れていたので、このトライアウトを機にサッカーアカデミーに入ることができ痛そうです。

 

そこから、強豪リバプールに入団するまでになっているので本当にすごいですね。

 

しかも、推定年俸は3000万~4000万ユーロ。

 

日本円に換算すると焼く35億~50億円

 

今やピカピカのスパイクにユニフォームも着ています。

 

ちなみにこれまでは

2011年 FCメス(フランス)

2012年 レッドブル・ザルツブルク

2014年 サウンサンプトン

2016年 リバプール

これらのチームでプレーしていました。

 

リバプールに関しては、アフリカ史上初の選手だったそうです。

 

 

サディオ・マネのプレースタイルは?

 

サディオ・マネのプレースタイルや特徴をいくつか挙げていきましょう。

 

 

圧倒的なスピード

 

このスピードがめちゃくちゃ速いんです。

 

ギアを入れてからトップに持っていくまでの時間の短さ。

 

そして、このスピードを維持しながら、相手ディフェンスをスルスル抜け出すテクニック。

 

日本代表のディフェンスもこのマネ選手をそう簡単い止めることができなさそうです。

 

おそらく、複数人でマネ選手を巻くしていくことになりそうですね。

 

 

圧倒的決定力

 

キーパーとの1対1でも確実にゴールを揺らす決定力。

 

マシンガンのような超高速シュートを活かして、ゴールを揺らす決定力があります。

 

聞き足ではない左足でも、難なくゴールを決めてくる決定力は驚異的です。

 

 

圧倒的チームプレー

 

こういう選手が1人いると、ワンマンチームに見えることが多いのですが、マネ選手は違うんです。

 

周囲をしっかり見ていて、どのタイミングでどの位置にパスをしたらいいのか、とっさの判断も光っているんです。

 

まるでゲームのウイイレのごとく、上からイールドを見ているようなパスを出したり、味方のお膳立てするようなプレーもマネ選手の魅力です。

 

マネ選手だけをマークするという考えだけでは、止めることできなさそうです。

 

まさに驚異的ですね。

 

 

吉田麻也選手との関係が…

img_14bd7928a130715913d8d1cf972b4052188446 (1)

サディオ・マネと日本代表の吉田麻也選手にはどんな関係があるのでしょう?

 

2人はサウサンプトンのチームメイトだったんです。

 

ワールドカップの魅力でもある、クラブチームのチームメイト同士が戦いが見れることですよね。

 

日本対セネガル戦も、このマネ選手と吉田麻也選手の対決が見れることを、サウサンプトンファンは楽しみにしているでしょうね。

 

 

まとめ

 

今回はセネガル代表のサディオ・マネ選手について調べてみました。

 

日本は、アフリカ勢に強いイメージがあるのですが、セネガルはダントツの強さを誇っています。

 

ポーランドに勝利し、日韓ワールドカップでもフランスに勝利する番狂わせを持っているので、日本も油断はできませんね。