乾貴士の年俸はいくらぐらい?何故、エイバルを選んだ?

サッカー
スポンサーリンク

乾貴士は、リーグエスパニョーラで活躍している日本人選手。

 

リーガエスパニョーラの中~下位のクラブではありますが、試合出場はしています。

 

日本人選手は、リーガエスパニョーラで活躍できないといったジンクスがありましたが、それを覆しています。

 

ロシアワールドカップでも活躍して、躍進して欲しいですね。

 

高校卒業後にJリーグ入りし、荒波にもまれてきています。

 

そして、今では日本代表で、海外組。

 

順調にステップアップしてきていますね。

 

乾貴士線も、横浜Fマリノスに入団したときより、年俸も上がってるはずです。

一体どのくらい年俸が上がっているのか調べてみましょう。

 

日本と海外は、どのくらい年俸が違うのか?

 

では、乾貴士選手の最初の年俸がどのくらいだったのか?から見ていきましょう。

乾貴士のJリーグ・海外での年俸は?

 

高校卒業後、複数のオファーがあった中で、乾貴士選手は横浜Fマリノスに入団しました。

 

日本の名門クラブですね。

 

03,04シーズンでは、完全優勝したこともある強豪クラブ。

 

強いチームで、自分を試したかったのでしょうね。

 

横浜Fマリノスとしても、ドリブラーが少ないので、乾貴士選手が書士かったでしょうね。

 

条件が良かったのか?出場機会を多くしてくれると、施設がよかったのか?

 

入団当初の年俸は、360万円だったそうです。

 

確かこの年俸は、最低ラインだったはずです。

 

この年俸なら、同じ年の人よりもらっている。

 

少しは、派手に生活できていたはずです。

 

プロの世界とはいえ、まずはA契約までたどり着かないといけませんからね。

 

A契約にいかに早くできるようになるかが、大きなポイントです。

 

出場時間数に達した選手は、すぐにA契約になるのですが、出場機会に恵まれないと、ずっとC契約のままになってしまいます。

 

プロなので仕方ないことですが、途中出場でも、出場機会を増やしていかなければなりません。

 

では、乾貴士選手の年、所属チーム別に年俸の推移を見ていきましょう。

 

2007年・横浜Fマリノスでは年俸360万円

 

C契約で、最低保証額ですね。

 

確か450分出場しなければA契約にならないというルールがあるはずです。

 

それまで年俸は変わらず、年俸アップするには、A契約まで頑張るしかありません。

 

2008年・横浜Fマリノスでは年俸480万円

 

年俸アップ、おそらくですがA契約まで行けたのでしょうね。

 

年俸アップはうれしいですよね。

 

モチベーションも上がります。

 

しかし、横浜Fマリノスの選手層の厚さで出場機会が激減。

 

乾貴士選手は、迷った挙句期限付き移籍でセレッソ大阪に移籍します。

 

2008~2009年・セレッソ大阪では年俸480万円

 

出場機会を求めて、期限付き移籍でセレッソ大阪に移籍し、年俸は変わらずでした。

 

2008年は、横浜Fマリノスからセレッソ大阪に期限付きの移籍でした。

 

2009年・セレッソ大阪では年俸480万円

 

乾貴士選手は、らしさを取り戻して輝き始めます。

 

その頃は、確か香川真司選手もいて、良いコンビネーションを見せていました。

 

プレースタイルが似ていることもあって、抜群のコンビネーションで、香川・乾コンビは驚異的でした。

 

2010年・セレッソ大阪では年俸1800万円

 

3倍以上も大幅アップしましたね。

 

セレッソ大阪のサッカースタイルにもあっていたのか、ここでブレイクしたからでしょうね。

 

いいチームに移籍できてよかったと思います。

 

2011年・セレッソ大阪では年俸1800万円

 

前年と同じ金額ですが、前年と同じくらいの評価だったのでしょうか?

 

シーズン途中での移籍もあるから、年俸は変わらずといったところなんでしょうか?

 

2011~2012年・ボーフムでは年俸1億5000万円

 

さすが海外という感じですね。

 

年俸が一気に約10倍にアップしました。

 

この年俸だとJリーグではトップレベルです。

 

海外との差が感じられますね。

 

確かボーフムは、2部だったはずですが、2分でそこまで出せるのが凄いです!

 

2012~2014年・フランクフルトでは年俸1億5000万円

 

ボーフムと同じ金額で、シーズン中の移籍だったからということもあるのでしょうか?

 

だから、この年俸は納得できる?

 

でも、2部のボーフムと同じ金額だったのは不思議ですね。

 

2015年・エイバルでは年俸4000~7000万円ぐらい

 

正式に発表されているわけではないのですが、エイバルに関しては推測です。

 

エイバルは、クラブの規模としては、横浜Fマリノスぐらいらしいです。

 

エイバルはじつはいい経営をしているのではないでしょうか?

 

やはり、昇格したばかりのチームですから、年俸は半額まで下がってしまったのか?

 

そこまでエイバルには余裕がなかったのでしょうね。

 

実はエイバル、経営状態がよくないのか?と思ってしまいます。

 

しかし、エイバルは無借金経営らしいです。

 

エイバルの年俸は、Jリーグではもらっている方の部類にはなると思います。

 

エイバルは、乾貴士選手に最高の移籍金を出したらしいので、エイバルなりに好待遇したようです。

 

エイバルは、よほど乾貴士選手を欲しかったのでしょうね。

 

やはり、乾貴士選手のドリブルや判断のスピードがスペイン特有のリズミカルなサッカーに適応できそうだったからでしょうね。

 

海外の場合、いきなり高い年俸の選手はいますが、適応できなくて、すぐに移籍してしまいます。

 

高い年俸を払うが、それに見合う活躍ができないから、サポーターからクレームが来る。

 

アーセナルがそうなんですが、若い選手を安く契約し、育成していくクラブがもっとできればいいと思います。

 

今は多くなりましたが、規則が厳しくなったため、簡単にはできなくなりましたね。

 

若手ではありませんが、今は中国マネーやパリサンジェルマン、マンチェスターシティなど高額の移籍金、年俸目当てで移籍する選手やチームも増えています。

 

Jリーグで活躍したフッキやオスカルなど世界的に有名な選手が移籍しています。

 

チームや選手の目的は、移籍金や年俸、環境もあるでしょうね。

 

クラブ経営や選手は、生活がかかっているので、不思議なことではありません。

 

しかし、乾貴士選手はフランクフルトの方が年俸がよかったのに、なぜエイバルを選んだのでしょう?

 

やはり乾貴士選手自身、年俸よりも自分のスタイルにあったエイバルのサッカーをしたかったのでしょうか?

 

年俸よりもエイバルを選んだ理由が気になりますね。

https://achieve05.net/inui-2-12208

 

乾貴士はなぜエイバルを選んだのか?

 

乾貴士選手は、華麗なドリブルとボールコントロール。

 

ボールをしっかり止めて蹴る、基本的な技術が高いレベルの選手です。

 

さらに遊び心もあって、トリッキーなプレーにひかれてしまいます。

 

セレッソ大阪に移籍したときのハツラツしたプレーを見るとリーガエスパニョーラを意識しているようにも思えます。

 

セリエA、プレミアのようなフィジカル重視のリーグには、既に興味がなかったのかもしれませんね。

 

本場ヨーロッパでもまれて、いざリーガエスパニョーラのエイバルに挑戦。

https://achieve05.net/inui-3-12418

憬れの舞台んい立てるのは何よりうれしいでしょうね。

 

少し遠回りして、Jリーグ、ブンデスリーガの経験がエイバルで生きているでしょうね。

 

そしてついに、リーガエスパニョーラのエイバルに移籍。

 

年俸はフランクフルトの方が、条件はよかったのですが、乾貴士選手は年俸ダウンでもエイバルに移籍しました。

 

どうしてもエイバルでプレーしたかったのでしょうね。

 

憬れともいえる、リーガエスパニョーラで成功した日本人選手はまだいません。

 

当時、日本代表エースの城彰二、大久保嘉人、さらに満を持して挑戦した中村俊輔、清武弘嗣。

 

みんな試合にコンスタントに出れず、移籍してしまいました。

 

しかし乾貴士選手は、日本人の活躍が難しいといわれているリーガエスパニョーラのエイバルでコンスタントに試合に出場しています。

 

それだけエイバルの監督、コーチ、サポーターに気に入られている証拠なのでしょうね。

 

やはり乾貴士選手は、年俸などの好待遇よりもエイバルでプレーすることを選んだ覚悟がるでしょうから、おそらく今の乾貴士選手は、年俸以上の価値をエイバルも感じているでしょうね。

 

エイバルでプレーしていることに喜びを感じている乾貴士選手は、鬼門といわれているリーガエスパニョーラで実績を積み重ねて欲しいですね。

 

様々な部分で、エイバルに貢献して欲しいですね。

 

今後の活躍次第では、リーガの中堅~強豪チームに移籍できるかもしれません。

 

そしたら、年俸は数倍、好待遇さっれるでしょうね。

 

乾貴士選手の活躍でスペイン人が日本人を見る目が変わってきていると嬉しいですね。

 

世界最高峰のリーガエスパニョーラでも活躍できる日本人選手がいるんだとわかってもらえるといいですね。