「インベスターZ」最終回12話あらすじと11話感想!FXとはなんなのか?慎司との勝負が…

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ「インベスターZ」の11話が放送されました。

財前は、藤田慎司との3番勝負の第二戦は3日間で1億円を元手にをいかに儲けるか競う「FX対決」。

隆子に、FXで一番大事な心構えを伝授されます。

では、「インベスターZ」の11話感想と12話あらすじをまとめていきましょう。

 

スポンサーリンク

「インベスターZ」11話感想!

 

11話では、藤田慎司とのFX対決!

渡辺隆子にFXのレクチャーを受けながら、財前は練習がてら実践します。

しかし、あっという間に1800万円もの損失を出してしまうのです。

負けた理由を隆子が分析!

FXで一番大事な心構えを伝授されます。

負けてしまうと投資部は廃部となってしまう条件の中、財前は党支部を守ることができるのか?

阿波踊りやモグロフクゾウ、元気玉などの小ネタも楽しかったですし、FXのことも勉強できましたね。

最後の30分で一瞬逆転できた財前が、ホッとして売り忘れてしまうきもちはわかりますね。

次回は最終勝負で最終回!

時価総額100兆円に近づけるバトルとなるようですが、どんな戦いになるのか楽しみです。

 

 

みんなの感想は?

 

 

「インベスターZ」最終回12話あらすじ

財前孝史(清水尋也)vs藤田慎司(山本涼介)投資3番勝負!

最終決戦は巨大モニターに並ぶ東証一部上場企業から数社選び時価総額の合計を100兆円に近づける「100兆円時価総額バトル」!

総額が大きい企業から選ばなければ100兆円に到達しない。

だが1円でも超過したら失格。

最初の選択権を得た慎司は、当然ながら時価総額1位の企業を獲得。

なかなか選択権が得られない財前は焦りばかりが募り…。

投資部存続を賭けた戦いの結末は?

引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/investorz/story/

 

 

まとめ

 

今回は、慎司とのFX勝負となりました。

最終ギリギリで財前が勝利することができましたが、財前の凡ミスで決算しておらず、慎司の方が最終的に利益を上げていましたね。

次回は最終回!

東証一部上場企業から数社選んで、時価総額100兆円に近づけるというバトル!

投資部の運命はどうなるのか?

最終回が楽しみですね。