ドラマ「インベスターZ」4話感想と5話あらすじ!メルカリ社長もドラマに出演!

2018年夏ドラマ
スポンサーリンク

ドラマ「インベスターZ」の4話が放送されましたね。

今回は、現実とドラマが交錯するような異次元的なドラマでした。

実際のメルカリ社長である小泉さんが出演するというのもなかなかありませんよね。

では、「インベスターZ」の4話感想と5話あらすじをまとめていきましょう。

 

スポンサーリンク

「インベスターZ」の4話感想!

 

インベスターZでは、まさかの企業の社長本人が出演するということでも話題になりましたね。

その第1弾としてメルカリ社長の小泉さんが出演しました。

この部分に関してはちょっとドラマっているより、ドキュメンタリーという感じになっていますね。

話している内容も、学べるドラマになっていますよね。

就活の流れに乗って、ただ安定してそうだからと大企業を選ぶ理由が選ぶのはちがうと思いましたね。

自分のやりたいことが大企業にあるのならいいのですが、自分が本当にやりたいことを考えるいい機会なんてほとんどないですよね。

就活のタイミングでしっかり自分と向き合うことが大事ですね。

今は転職も当たり前になってきている時代ですし、自分のことを知って少しずつステップアップすることもできますね。

今回は、ドラマというよりは就活ドキュメンタリーという感じでしたね。

 

 

みんなの感想は?

 

 

「インベスターZ」5話あらすじ!

財前孝史(清水尋也)は、投資部の金庫に保管されたお宝を売ろうと提案。ベンチャーに投資し一攫千金を狙うという。

すべては神代圭介(柾木玲弥)への対抗心からだった。

所有者が藤田家と知った財前は藤田繁富(大和田伸也)に直談判。

許可するかわりに“1週間以内に投資先が見つからなければ一生藤田家に仕える”という条件を出されてしまう。

そこで財前らは藤田美雪(早見あかり)のつてでベンチャー企業のトップに会いに行く。

引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/investorz/story/

 

 

まとめ

 

4話では、メルカリ社長の小泉さんが出演誌、ドラマというよりドキュメンタリーっぽくなっていましたね。

就活の流れに乗ってしまい、大企業を選ぶというのは違うと実感しちゃいました。

自分の人生のほとんどをその企業に費やすかもしれないのですからね。

その第一歩として社是カルタは面白いですね。

5話では、ベンチャー企業に投資するようです。

どんなベンチャー企業の社長が登場するのか?

石原さとみさんとの交際で話題になっているSHOW ROOM前田祐二さんも出演するようなので楽しみです。