本田圭佑はワールドカップ後に引退?仮想通貨発行で経営者に?

サッカー
スポンサーリンク

 

サッカー日本代表の本田圭佑さんですが、引退後のびじねすこうそうを練っているようです。

 

さらに「本田通貨」という仮想通貨の発行を見据えているのだとか。

 

仮想通貨業界が盛り上がりを見せている中、どういう切り口で攻めてくるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

ロシアワールドカップ後に電撃発表する?

 

ロシアワールドカップがいざ開幕というときに、本田圭佑さんが今大会の終戦直後にいんたいを電撃発表するという見方が強まっているようです。

 

そしてすでに、自身の集大成となる舞台を終えた後のビジョンまで描いているというのです。

 

しかも、現役時代にもまして野心にあふれているプランを用意しているということなんです。

 

 

本田圭佑はホリエモンも絶賛するビジネスマン

post_17190_hondab

本田圭佑を、「次元の異なる存在」と評価しているのが堀江貴文さんだ。

 

「本田圭佑の発想は、抜きに出て先を言っている。しかし、30歳の今、サッカー界電お自分のポジションに納得いかないのだろう。本当なら、日本代表でW杯をとっくに制して、もっと先に言っていなければいけないのに。現状にとどまっている自分が歯がゆいのだと思う。

 

「本田の言動やスタイルは唯我独尊すぎると、批判があるようだけれど、誤解されている。彼が追っているビジョンに、まだ大多数の人が追い付いていないだけだ」

堀江氏は、本田選手のビジネスマンとしての有能な一面を紹介している。

 

現在、本田選手がビジネスで積極的に投資している「有望な種」は、「10年もしないうちに大きな実をつけるだろう」と予測している。

 

 

本田圭佑がW杯後に引退して経営者に?

201710100009-spnavi_2017101000048_view

本田圭佑が、「サッカー選手の次は世界を変えるビジネスに取り掛かる」と豪語しているようです。

 

その土台作りとして本田選手がもっとも関心を示しているのが「オンラインサロン」なんです。

 

ネームバリューのある本田選手が「ワールド喰らうの人材募集」を打ち出しておんらいんさろんを立ち上げる。

 

結果、各界で活躍している有能なビジネスパーソンを入会させて、自分を頂点とする疑似企業を作るのが狙いなんだそうです。

 

 

既にプロジェクトは進行している!

 

本田選手が興味を持ち始めたのは、今年春先に突如のことだったようですが、既に8月のオープンに向けてスタッフにシステム構築を急がせているようです。

 

最終的には、独自の仮想通貨「本田通貨」を発行も予定。

 

果てしない構想の根幹には「本田通貨」というべき「仮想通貨」の発行を見据えているようです。