日焼け止めの正しい使い方って知ってる?それ間違ってない?

生活
スポンサーリンク

 

老化の8割は、紫外線といわれています。

 

特に年齢を重ねると、日焼けがなかなか元に戻らなくなってきたり、シミやそばかすの原因になってしまうこともあります。

 

しかし、最近ではシミだけではなく、しわやたるみなどンお肌全体の老化にまで影響しているということが広まり紫外線対策の重要性が高まってきています。

 

ポッカポカ春の優しい日差しが気持ちいい!なんて言ってたら、取り返しのつかないことになってしまいます。

スポンサーリンク

大切なのは「日焼け止め」

shutterstock_158530565-20160524180924-500x348

日焼け止めは間違った使い方をしている人が多いようです。

 

あなたは普段日焼け止めを塗っていますか?

 

日焼け止めを塗っていても焼けてしまった、なんてことはないでしょうか?

 

せっかく選んだ日焼け止めも、適切に使用しなければその良さを存分に実感できないなんてことにもなりかねません。

 

日焼け止めクリーム、ただ塗ればいいというものではなりません。

 

ちゃんと塗り方があるんです。

 

 

日焼け止めの「SPF」と「PA」とは?

xxvffsf

SPFはSun Protection Fctorの頭文字です。

 

SPF値は紫外線Bはをかっつぉていられる時間を数値化したものです。

 

数値が大きくなるほど防止効果は高まります。

 

SPF50以上の効果があったとしても「SPF50+」と一律に表示されることになっています。

 

PAは、プロテクショングレイドオブUVAの略主にUV-Aの防止効果を示す目安の数値です。

 

PAは+が1つから4つまでの4段階で効果の強さが表示されています。

 

+が多いほど紫外線A波を防ぐ力が強くなっています。

 

 

利用シーンでSPFとPAの数値を使い分ける

 

毎日の通勤やちょっとした買い物など、紫外線に当たる時間がD1時間に満たないばあいはSPF15~20程度、PA+の日焼け止めを選びましょう。

 

一方、アウトドアや屋外でのスポーツなど、紫外線に当たる時間が長時間にわたる場合はSPF30~50、PA+++の日焼け止めを選びます。

 

利用シーンや日焼けタイプ、日焼け止めの特性をよく知り、上手に使い分けることができれば、毎日のUVケアが、もっと快適になります。

 

 

意識することは塗り残し

 

日焼け止めは、肌に塗ることで紫外線を反射、吸収する作用によりお肌を守ることができるため、塗り残しのないようにしてください。

 

日焼け止めタイプによって量も個となりますが、おおよそ小豆粒大ぐらいを目安いたっぷり塗りこむまで、肌と手で感じてください。

 

日焼け止めは、屋内でも日焼け止めを使用するようにしてください。

 

自宅では肌呼吸を塞がないためにとノーメイクで過ごす人も多いようですが、お天気のいい日中では室内にまで紫外線が潜入してきているので日焼け止めが必要です。

 

窓に紫外線防止フィルムを貼る、紫外線防止効果のあるカーテンをつける、そして日焼け止めを塗るのが効果的です。

 

 

日焼け止めはスキンケアの延長

 

日焼け止めと化粧下地を同時に使おうとしたときに、どちらを先に塗ればいいか、悩んだ経験はありませんか?

 

日焼け止めはスキンケアの延長戦と考えられています。

 

化粧水や乳液など、いつもの浅野スキンケアがすんだら日焼け止めを塗りましょう。

 

また、日焼け止めを塗り直す時は、まずは汗と皮脂をしっかり摂ります。

 

汗はタオル・皮脂はあぶらとり紙で、肌をこすらないように吸い取りましょう。

 

 

効果を出すに塗りなおしが必要!

 

日焼け止めは、3時間程度に1度、塗りなおしが必要です。

 

汗や水に対して取れやすいことはわかるのですが、手で触っていたリ、服で擦っていたリ、目に見えない肌を潤わしている汗でも日焼け止めはつけたときより落ちていることが多くあります。

 

日焼け止めは、取れてしまっては効果を発揮できません。

 

一定頻度で塗りなおす必要があります。

 

商品によっては2時間おきの塗りなおしを推奨するものもあります。

 

日焼け止めの剥がれ落ちや機能低下を考えて、3時間程度が塗りなおしの目安と考えられます。

 

 

期限切れの日焼け止めは肌トラブルの原因

 

日焼け止めは目安として、開封後のものは1年以内に、未開封のものでも3年以内に使いきるようにしてください。

 

期限切れの日焼け止めでも日焼け止めの効果はあるのですが、UVカット成分以外の化粧品成分で劣化していたリ、雑菌が繁殖しているはずなので、深刻な肌トラブルが起こる恐れがあります。

 

色が変わっている場合や、変なにおいがする場合の使用は避けましょう。

 

かゆみや赤みなど肌トラブルが現れる可能性があるので注意してください。