ドラフト会議2018の日程や目玉となる選手は?一位の予想は誰?

野球
スポンサーリンク

注目の甲子園決勝は大阪桐蔭VS金足農業でしたが、大阪桐蔭の強さが際立ってしまいましたね。

非常にレベルの高いチームで、ドラフト指名される選手は複数人出てくるのではないでしょうか。

そんなドラフト会議ですが、気になるのはどのチームが誰を指名するのか?ということです。

自分の応援しているチームは特に気になりますよね。

あなたの応援するチームは誰を指名するのでしょう?

 

スポンサーリンク

ドラフト会議2018の日程と基本情報

日時:2018年10月25日(木)午後5時 (予定)
会場:グランドプリンスホテル新高輪国際館パミール
主催:一般社団法人日本野球機構
特別協賛:大正製薬株式会社

 

 

ドラフト会議2018の展望と指名予想

 

投手豊作だった2016年、高校生野手豊作だった2017年と比べると、現時点では超豊作の年という評価はありません。

ただ、不作というわけではなく、それなりに話題性と実力揃いの選手がいるドラフトです。

主に大学生or社会人の即戦力候補投手と、将来有望な高校生内野手がわりと豊富な年です。

目玉の選手は東洋大学の三羽烏といわれる甲斐野、梅津、上茶谷投手。

高校では春夏連覇を果たした大阪桐蔭の根尾と藤原、準優勝の吉田投手といったところ。

そのほかにも、ドラフト1位候補の選手が10名前後は名前が挙がっています。

2017年の清宮幸太郎(7球団競合)、2009年の菊池雄星(6球団競合)のように強豪覚悟で過半数以上の球団が指名するほどの超大物はいません。

ですので、多くても1人に3球団前後が競合すると想定されます。

 

 

【ドラフト1位候補の指名球団数予想】

  • 甲斐野 央 投手(東洋大) :2~3球団
  • 根尾 昴 内野手(大阪桐蔭) :2~3球団
  • 齋藤 友貴哉 投手(Honda) :1~2球団
  • 小園 海斗 内野手(報徳学園) :1~2球団
  • 辰己 涼介 外野手(立命大) :1~2球団
  • 藤原 恭大 外野手(大阪桐蔭) :1~3球団
  • 吉田 輝星 投手(金足農) :0~2球団
  • 松本 航 投手(日本体育大) :0~2球団
  • 上茶谷 大河 投手(東洋大) :0~2球団
  • 梅津 晃大 投手(東洋大) :0~2球団

そのため、各球団がそれぞれの補強ポイントと他球団のどうこうを探りながら指名戦略を練ることになるので、通好みのドラフト会議になりそうですね。

即戦力候補の大学生or社会人の投手をとるのか、将来有望な高校生内野手を獲得するのか。

2017年は大学生の即戦力候補投手がいなかった分、より球団の2019年にかける意気込みと今後ンおチーム戦略が見えるドラフトになりそうです。

 

 

ドラフト会議2018の競合しそうな目玉選手!

 

高校生

 

吉田輝星 投手(金足農)

176cm81㎏ 右投右打

甲子園を沸かせた夏の準優勝投手。

実力にプラスして、人気と話題性が高まったこともあり、一躍ドラフト1位候補に名前が挙がっています。

大学進出という噂もあるようですが、プロ野球解説者からの評価は依然として高いようです。

身長がやや低いことから将来的な伸びしろがやや心配ですが、速球の質と打者の観察眼、ギアチェンジなど、技術は一級品。

人気では2018年のナンバーワンの選手なので、ドラフト1位指名を受ける可能性は高いでしょうね。

ちなみに高校生投手の中では、引地秀一郎(倉敷商)、渡邉勇太朗(浦和学院)、らもドラフト上位候補に上がるでしょうね。

 

 

根尾昴 内野手(大阪桐蔭)

178cm75㎏ 右投左打

高校生の中では、一番競合する可能性の高い選手。

高校では投打のにとうりゅで話題を集めましたが、プロではショート一本で挑戦すると発言しています。

岐阜出身選手ということもあり、地元東海の中日ドラゴンズが指名濃厚。

プラスして1~2球団は競合すると予想されます。

 

 

小園海斗 内野手(報徳学園)

178cm73㎏ 右投左打

根尾昴と並ぶ高校生ナンバーワンショート候補。

広島の菊池並みに深い守備位置が特徴で、守備ではプロ級と称されるほどのディフェンス力が特徴。

負けん気の強い性格も、プロ向き。

高卒で即戦力とは言い難いかもしれませんが、2年目くらいから一軍で出場し、5年目くらいからは一本立ちできそうな逸材です。

2018年の高校生は遊撃手が豊作で、太田椋(天理高)、増田陸(明秀日立)らもドラフト上位候補になってくるかもしれません。

仮に根尾や小園を外しても、中位~下位で獲得できる素材がいるため、1位は即戦力投手、2位で高校生遊撃手狙いという球団も出てくるでしょうね。

 

 

藤原恭大 外野手(大阪桐蔭)

182cm76㎏ 左投左打

将来は5ツールプレイヤーになれる可能性を秘めた高校生ナンバーワン外野手。

完成形はソフトバンクの柳田や西武秋山ではないでしょうか。

高校2年生の時は、甲子園でなかなか活躍できませんでいたが、高校3年生になって打棒爆発。

特に3年夏の甲子園では、打率.462、本塁打3、長打率.923と敵なし。

内野ゴロをヒットに、シングルヒットをツーベースに変えてしまう脚力も抜群。

常に先の塁を狙う積極的な姿勢と、ランナーを釘付けにする鉄砲肩も兼ね備えており、素材は一級品です。

気になるのは、左利きの高校生外野手という点です。

つぶしの利かなさ、プロには左打の外野手が多いことなどを考えると、かなりリスキーな選手であることも確かです。

ロッテやオリックスがかなり熱心であることも報道されているのですが、ブラフの可能性もあります。

1位級の素材であることは間違いないのですが、市場価値を考慮すると外れ1位で指名される可能性もあります。

 

 

野村佑希 内野手(花咲徳栄)

185cm90㎏ 右投右打

身体的なポテンシャルでは、高校生トップクラス!

高校3年時はエースで4番でしたが、プロでは打者転向が濃厚です。

右の長距離砲は貴重な存在なので、ドラフト2位までには消えることが予想されます。

高校では打撃優先でファーストやがイヤを守ることが多かったのですが、投手でのフィールディングセンスを考えると、プロでは三塁手に挑戦させられるかもしれませんね。

ちなみに、そのほかの強打の高校生内野手には、野村大樹(早稲田実)、北村恵吾(近江)らの名前が上がります。

1~2年目からバリバリ活躍というわけにはいかないでしょうが、4~5年後には主力候補として指名されるでしょうね。

 

 

大学生

 

甲斐野央投手(東洋大)

185cm76㎏ 右投右打

MAX159キロを誇る速球と、140キロ台のフォークボールが武器。

東洋大学や大学日本一では抑えを任されている。

やや制球力に課題を残しますが、リリーフ不足の球団が指名してくる可能性は高いですね。

大学生の中では、最も競合する可能性が高い投手です。

チームメイトの上茶谷大河、梅津晃大とともに、2018年のドラフトの目玉。

 

 

松本航投手(日本体育大)

176cm78㎏ 右投右打

大学生の中では、右の先発ナンバーワン候補!

完成され過ぎている感もあり、プロでの伸びしろは微妙なところですが、1年目からローテーションに入って最低6勝前後は期待できそうな投手。

体力と変化球に疑問は残りますが、先発コマ不足の球団なら欲しいところです。

強豪確実とは言えませんが、最低でも外れ1位までには消える投手です。

 

 

鈴木翔天投手(富士大)

184cm78㎏ 左投左打

左の大学生ナンバーワン投手候補。

長身から繰り出される速球のMAXは149キロ。

今年の春のリーグ戦を肘痛で全休、秋のリーグ戦では5回6四死球の乱調など、ドラフトイヤーに順調さを書いているのは気になるところ。

適性が先発なのか、リリーフなのかは見えていませんが、素材は一級品。

ドラフト1位確定級の逸材はいませんが、粒揃いな年ではあります。

左腕のドラフトは難しいので、各球団のスカウト眼力が試されるでしょう。

 

 

辰己涼介外野手(立命大)

180cm70㎏ 右投左打

アマチュアナンバーワン外野手の呼び声高い、即戦力候補の外野手。

打撃に好不調の波がなく、リーグ戦の通算打率.317(328打数)、全国大会は.308(26打数)と対応力もピカイチです。

加えて俊足強権も武器で、文字通り三拍子そろった外野手です。

左打ちの外野手ということで、市場価値はそこまで高くありませんが、外野手不足のチームが1位で指名する可能性も高いですね。

即戦力候補の野手という意味では、ナンバーワンの逸材ですね。

 

 

社会人

 

齋藤友貴哉(Honda)

184cm92㎏ 右投左打

社会人投手の中で、最もドラフト1位で消える可能性の高い投手。

MAX153キロを計測する速球が持ち味の本格派右腕。

開きの早いフォームはきになるものの、柔らかく腕をしならせて投げられるため、打者としてはタイミングが取りづらいです。

まだまだ伸びしろを感じさせる素材で、現時点でも実力派十分です。

間違いなくドラフト上位で消える逸材でしょうね。

そのほかの社会人投手の候補だと、生田目翼(日本通運)、杉山一樹(三菱重工広島)らが、上位で消えるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

 

2018年は将来チームの中心となるセンターラインを守れる高校生が充実しています。

手堅く即戦力投手にいくのか、将来を見据えて高校生野手を買う得するのか。

各球団が2019年にかけるのか、2020年以降を見据えたドラフトをするのかが見ものですね。

監督交代も多くなりそうなシーズンオフなので、各球団のドラフト戦略が非常に楽しみです。