【ブラックスキャンダル】1話あらすじと感想!袴田吉彦の枕営業はアパ?

2018年秋ドラマ
スポンサーリンク

山口紗弥加さんが主演の復讐ドラマ「ブラックスキャンダル」が始まりました。

なんと松本まりかさんが演じる女優の藤崎紗羅が、復讐のために整形して矢神亜梨沙(山口紗弥加)になるという、衝撃の展開。

不倫記者会見シーンや、アパ不倫の袴田吉彦さん出演など話題満載です。

そんなドラマ「ブラックスキャンダル」の1話あらすじと感想をまとめていきます。

 

スポンサーリンク

【ブラックスキャンダル】1話あらすじ

5年前、ある記者会見場で、突然、俳優の棚城健二郎(波岡一喜)が、「申し訳ありませんでした!」と、女優の藤崎紗羅(松本まりか)と不倫をしていたと言って、涙ながらに土下座をした。

「え?ちょっと待ってください!どうしてそんな嘘を!」と傍にいた紗羅は驚愕して叫んだ。

紗羅には全く身に覚えのないことだった。

報道陣は「彼のご家族に申し訳ないと思わないんですか!」と紗羅を糾弾した。

「不倫なんかしていません!」という紗羅の訴えがかき消されていくのを、隅で、所属事務所の社長、勅使河原友和(片岡鶴太郎)、マネージャーの花園由祐子(平岩紙)、テレビプロデューサーの五色沼仁(袴田吉彦)が冷ややかに見ていた。

その様子を嬉々として写真に収める巻田健吾(片桐仁)もいた。 世間は激しく紗羅をバッシングし、報道陣は紗羅の家族をも取材攻勢に巻き込んだ。

そんな中で、追い詰められた紗羅の母は「どうか、娘を許してやってください」とガソリンをかぶって焼身自殺をと げた。紗羅は全てを失った…。

そして現在――紗羅は整形手術を受け、別人に成り代わり、矢神亜梨沙(山口紗弥加)と名乗って、芸能事務所『フローライト』にマネージャーとして勤務していた。

そこはかつて紗羅が所属していた事務所で、勅使河原社長と、花園もいる。

「……偽りの謝罪会見で私を地獄に落とした勅使河原友和、花園由祐子、五色沼仁。

彼らをみんな、私と同じ地獄に突き落とす!」と亜梨沙は復讐心を燃やしていた。

事務所では、勅使河原社長の息子の勅使河原純矢(安藤政信)が率いる芸能1部と、花園が率いる芸能2部とで、勢力を二分して競い合っていた。

その花園は、かつて女優だった紗羅が、心から信頼していたマネージャーだった。

だが、あの謝罪会見を機に、手のひらを返したように紗羅を裏切ったのだった。

亜梨沙は、そのことを苦々しく思い出していた。

引用元:https://www.ytv.co.jp/blackscandal/story/

 

 

【ブラックスキャンダル】1話の感想

 

山口紗弥加さんはもちろん、整形前の松本まりかさんの演技も素晴らしいですね。

そして、あれ⁉これってギャグドラマ⁉という勘違いもしそうなシーンとセリフがいっぱいあります。

袴田吉彦さんが裸にされたシーンは大爆笑でしたね。

でも復讐する亜梨沙の顔は真剣。

このギャップが面白かったです。

そしてエンディングはゲスの極み乙女だし、片岡鶴太郎さんはプライベートで話題になっていたヨガのシーンを入れ込むし…

なんといっても1話で一番面白かったのはゲス不倫の袴田吉彦さん。

なんか、あの一軒の後、ダウンタウンの年末番組「笑ってはいけない」にも出ていたし、吹っ切れた感がありますね。

最後に「あ~ぱ~」と言わせたのは大爆笑ですね。

そして、2話のターゲットになるのは。不倫相手役で記者会見で土下座した俳優の棚城健二郎(波岡一喜)です。

どんな復讐になるのか楽しみですね。

 

 

ネット上での感想は?

 

 

まとめ

 

みなさん、怖いけど面白いという声が多かったようですね。

「ブラックスキャンダル」というタイトル通り、ブラックな内容で人間不信になっちゃいそうですよね(笑)

紗羅役の松本まりかさんの演技をもっと観たいので、回想シーンに期待したいですね。

2話がどんな展開になるのか、怖いけど楽しみです。