ゆとり社員たちが理解不能な行動とは?注意したら逆ギレする!

目安時間:約 4分

normal

のびのびと自由に育ったためか

独自の価値観を持っている「ゆとり世代」。

 

ゆとり教育自体に「個性を重視する」という

願いが込められていたため、このような結果は

ある意味せいこうなのかもしれませんね。

 

しかし、社会人として羽ばたいたとき

そのこ性を重視するがゆえに、たくさんの問題を

起こしてしまっているのも事実です。

 

ゆとり世代の社員たちが起こす

面白い珍行動を紹介していきましょう。


スポンサードリンク

現代社会に慣れ過ぎた珍行動

 

まずは、ゆとり世代の社員が現代技術に

慣れ過ぎているために起こった珍行動。

 

「メモを取れと言われ、スマホのメモ機能を使う」

「取引先とのメールに顔文字を使う」

「フェイスブックやTwitterに会社の悪口を書く」

「LINEで退職届を提出する」

こんなことが実際に起こっているそうです。

 

このほかにも、非常識な珍行動は

まだまだあるようです。

 

「速いからとスケボーで出勤する」

「『上司が風毒性なので自分とは相性が悪い』

などと、意味不明な言葉を残して退職届を出す」

「歓迎会が詰まらなかったので、この先


スポンサードリンク

飲み会があっても誘わなくていいのでと言っていた」

「『独身の男がいないので辞めます』と言って辞めた」

「注意したら『オレ、ケンカ強いっすよ?』と言われた」

 

 

ゆとり世代とはどう接するべきか?

 

このレベルになってしまうと、「ゆとり世代」と

ひとくくりにしてしまうのは、ほかのゆとり世代に

失礼な気もしますね。

 

上司や先輩社員は、こうしたゆとり社員たちに

どう接すればいいのでしょう?

現在は、大手企業の部長職につき

これまで数多くの新入社員を育ててきた経験を

持つ人が語る。

 

「今では年配社員の皆さんも、過去には宴席で

上座に座ってしまったり、お客様に対して

とんでもなく失礼な行為をしてしまったり

目上の人に間違った敬語を使ったりして

こっぴどく怒られた経験が誰にでもあるはずです。

 

まずはそんな自分の若いころを思い出して

ゆとり世代の社員たちともちゃんと向き合って教育

してあげる姿勢が大事です。

 

一見非常識な若手でも、以外に芯が強くて

ITスキルに秀でていて才能を発揮するケースもあります。

 

そういう部分を見つけてあげると同時に

自分の部署や会社の業績向上につなげる上司こそ

望ましいといえるでしょうね。

 

上司たちもゆとり世代とひとくくりにせず

ひとりひとりきちんと接することが

求められているのかもしれませんね。

 

 


スポンサードリンク

カテゴリ:雑学 

ページの先頭へ