YouTuberの平均給与が月747万円とされ衝撃!将来性は?

目安時間:約 5分

images

RPG風の職業を表現した給料・給与の
ポータルサイト「給与バンク」が
YouTuberの平均給料・給与を「月747万円」
と算出したことでネットでは
衝撃が広がっている。

 

資本主義という世界で戦う企業戦士たちを
RPGに登場するキャラのように描いて
「1億総かっこいい職業」をコンセプトに
したサイトで、お馴染みのジョブやスキル
といった言葉を用意て職業の特徴をとらえて
解説している。

 

YouTuberは「ニュージェネレーションジョブ」
の1つとして、歌い手やコスプレイヤー
プロゲーマーなどとともに紹介された。


スポンサードリンク

YouTuberの仕事とは?

 

YouTuberの仕事内容としては、動画を作って
YouTubeにUPして、そこで広告収入を
得ることが仕事になります。

 

多彩な動画があるため、動画はなんでも
いいとなっていますが、実際に人気のある
ジャンルで成功しなければ厳しい世界
でもでもあります。

 

国内外にかなりの数の人が専業になるように
なってきたのが最近の特徴ですね。

 

およそ8割の人が、月1,000円未満の収入
という事ですが、100万円以上の収入も
数%以下。

 

ただ、広告収入なしで、単に動画投稿だけの
ユーザーもYouTuberと呼ばれています。

 

なので、手取りの平均値は出せませんが
かなりの差があることは、間違いないです。

 

YouTuberになるには?

 

親の承認さえあれば、18歳未満でも
収入を得ることは可能です。

 

揃えるものとしては、パソコン・予備機
カメラが必要です。

 

カメラはできれば、デジタル一眼以上が
いいですね。


スポンサードリンク

 

それに、テロップで使う編集ソフト。

 

加工用ソフトなどです。

 

チャンネル登録が複数必要になる場合も
ありますが、多少CEO的知識も必要。

 

SNSアカウントやブログなど、ほかの
サービスと連携も必要になります。

 

動画の投稿は、質よりも数であり、できれば
毎日投稿することが必要になります。

 

その準備、撮影に少なくとも数時間
夜以外にもできる環境が欲しいですね。

 

また、音声録音の必要から、
周囲の住宅事情を考え。防音設備の
ある家や事務所を借りる方が長くやるには
必要かもしれません。

 

YouTuberの将来性ってある?

 

個人でシュミ程度にやっているのは
厳しいかもしれませんね。

 

専業である程度稼げる油になってそこから
違う方向への事業展開も考えなくては
いけません。

 

事業としては、マックスむらいさんは
AppBANKという会社を持ち、YouTuber+
事業という形で誠子氏ている企業でもあります。

 

またUUUM(ウーム)といった、YouTuber専用の
プロダクション事務所を構え、
芸能プロダクションのようにマネージメント
している会社もあります。

 

広告の選択から撮影のサポートまで行う
事業者形態だと、純粋に広告代理店
芸能事務所のような運営になるため
将来性は高いということが言えますね。

 

ヒカキンさんが取締役をやり、瀬戸弘司さんや
セイキンさん、はじめしゃちょーなどが
所属していますね。
吉田ちか(バイリンガール)山賀事務所に所属
しているなどして活躍の場をどんどん
拡大しています。

 

もちろん成功しているYouTuberばかりではなく
約8割の人が月1,000円未満程度の収入という
厳しい世界であるようですね。

 

とはいえ、多くのユーザーにとってジョブチェンジ
をも考えさせる夢のある話題と言えそうですね。

 


スポンサードリンク

カテゴリ:雑学 

ページの先頭へ