ワールドカップ 2018がまるわかり!日程・優勝候補らを完全ガイド!

ワールドカップ 2018がまるわかり!日程・優勝候補らを完全ガイド!

s-worldcup-title

地球でもっとも感染されているスポーツイベントの第21回大会が、まもなく開催されますね。

 

第21回FIFAワールドカップは、2018年夏、ロシアで開催されます。

 

4年に1度開催されるサッカーの国際大会であり、地球上最大のスポーツイベント!

 

テレビでの観戦者数は、オリンピックさえ上回ります。

 

2018年大会は、特に注目度が高いだろう。

 

現行の条件下で開催される、最後のワールドカップになるからです。

 

2022年大会は、物議をかもしながらも、カタールで開催されることが決定しました。

 

現地の気候に配慮して、史上初めて、夏にあたる機関でない時期に行われることになります。

 

その後、ワールドカップは出場チーム数が拡大され、48チームで競われることになります。

 

2026年には、史上初めてアメリカ、カナダ、メキシコの3カ国にまたがっての開催になりそうです。

スポンサードリンク

ワールドカップの開催はいつ?

 

ワールドカップ開幕戦は、現地時間で2018年6月14日火曜日18時00分(日本時間24時00分)にキックオフされます。

 

f3b50cbbbf00fdb1c221f9e64f371aa5

 

開催国ロシアの対戦相手は、グループAのサウジアラビア。

 

スロットの抽選で選ばれ、開催地は決勝も行われる「ルジニキ・スタジアム」。

 

開幕日には1試合しか行われませんが、その後グループステージが行われる期間は、1日3試合から4試合が予定されています。

 

では、2018年ワールドカップの決勝戦はいつなのか?

 

大会最終日は、7月15日の日曜日。

 

決勝戦のキックオフはモスクワ時間で18時00分。

 

同日、決勝戦に先立って3位決定戦が行われ、準決勝2試合は、7月10日と11日に開催される。

 

本大会最後の4試合は、モスクワの「ルジニキ・スタジアム」か、サンクトペテルブルクの「クレストフスキー・スタジアム」で行われます。

 

ワールドカップの開催国は?

 

ワールドカップはロシアで開催されます。

 

試合は、11都市の12スタジアムで行われ、移動時間を軽減するため、全試合がロシアのヨーロッパ側の地域内とその近辺で開催されます。

 

12スタジアムのうちの10ヶ所が新築、もしくは過去5年以内に建設されたものです。

 

残りの2つ、モスクワの「ルジニキ・スタジアム」とエカテリンブルクの「セントラル・スタジアム」は、大会に向けて大規模な改修が行われました。

ロシアワールドカップ日本代表のサプライズ招集と落選選手を勝手に予想!

 

組み合わせ抽選会はいつ?

 

ワールドカップ本大会のグループ分けは、2017年12月1日、クレムリン内の国立クリムリン宮殿で行われました。

 

国立クレムリン宮殿は、もともとソビエト連邦共産党の会議のために、ニキータ・フルシチョフの命令で建てられたものだが、ソビエト連邦崩壊後はコンサートホールとして使用されていました。

 

クレムリン全体は厳重に守られた複合施設で、ロシア連邦のウラジーミル・プーチン大統領の官邸も置かれています。

 

抽選会の司会は、元イングランド代表のギャリーリネカーと、ロシアのスポーツジャーナリスト、マリア・コマンドラヤが務めました。

 

 

ワールドカップの優勝候補は?

 

現在のところ、ほとんどのブックメーカーが、ディフェンディング・チャンピオンとして臨むドイツを優勝候補の筆頭に挙げています。

 

Telstar18_01

 

ヨアヒム・レーヴ監督率いるドイツは、引退した元主将のフィリップ・ラームを欠くこととなる。

 

ヨーロッパを去ってメジャーリーグサッカーへ行ったバスティアン・シュバインシュタイガーも、代表には呼ばれない可能性が高いだろう。

 

それでも、マッツ・フンメルスやトニ・クロース、メスト・エジル、トーマス・ミュラー、そしてけがによるコンディションが気になるものの、マヌエル・ノイアーといったスター選手がズラリとそろっている。

 

ドイツは、ヨーロッパ予選10試合で43得点・4失点、得失点差は+39と欧州予選記録を更新。

 

文句のつけようのない成績で、本大会出場をグループ首位で決めています。

 

EURO2016準優勝のフランスも、新世代のスター選手たちが成長して素晴らしいチームになったといわれており、優勝候補の呼び声が高い。

 

レ・ブルーことフランス代表には、アントワーヌ・グリーズマン、ポール・ポグバ、キリアン・エムバペといった頼りになるスターたちを抱えている。

 

しかし、ディディエ・デシャン監督のチームは最後の最後まで苦戦しており、成功を収められるかどうかは予想が難しいですね。

 

ブラジルとスペインは、予選の戦いぶりが印象的であり、優勝予想のオッズではフランスよりも上位に挙げられています。

 

ブラジルは、才能ある多才な攻撃陣が魅力だ。

 

ネイマール、フィリペ・コウチーニョ、ガブリエウ・ジェズの3人が、恐るべき前線に構成している。

 

さらに、トッテナム・ホットスパーでは地獄を見ながらも、バルセロナで復活し母国のために活躍するパウリーニョのような思いがけない新しいスターも見つかっている。

 

スペインは、2014年大会ではグループステージで早々と敗退し、EURO2016ではベスト16どまりと、ここ数年のパッとしていなかった。

 

しかし、現在はV字回復を見せている。

 

フレン・ロペテギ監督率いるスペインは、予選10試合で9勝。

 

最終的に2位のイタリアに勝ち点差5をつけてトップ通過を果たしました。

 

アルゼンチンも、予選ではかなり苦労したものの、優勝候補に挙げられている。

 

ベルギーとイングランドは、蚊帳の外かもしれませんね。

ロシアワールドカップ日本代表のサプライズ招集と落選選手を勝手に予想!

 

ゴールデンボール(大会最優秀選手)の最有力候補は?

 

ゴールデンボールの有力候補というと、クリスティアーノ・ロナウドとリオネル・メッシを挙げないわけにはいきません。

 

とりわけメッシは、アルゼンチンは決勝で負けたにもかかわらず、2014年大会のゴールデンボールに選ばれています。

 

メッシに次ぐ2番手は、トーマス・ミュラーだ。

 

ドイツが2連覇を果たせば、受賞は間違いないでしょうね。

 

トニ・クロースとマヌエル・ノイアーも、ドイツ代表に欠かせない存在になるに違いありません。

 

ブラジルを引っ張るネイマールは、2014年大会では準々決勝で負傷するんでずば抜けた活躍をしており、だれも文句のつけようのないスタートして、代表でプレーするときは別次元の活躍を見せています。

 

ディディエ・ドシャン監督が才能あふれる選手が目白押しのフランスを一体感あるチームにまとめあげることができれば、アントワーヌ・グリーズマンやポール・ポグバが活躍するチャンスも出てくるだろう。

 

スペインではセルヒオ・ラモスが中心となって、スペインを復活させる姿を想像することもできる。

 

ただし面白いことに、ゴールデンボールは1994年にブラジルが4度目の優勝を果たしてロマーリオが受賞していこう、優勝チームからは選出されていません。

 

以降、ロナウド、オリバー・カーン、ジネディーヌ・ジダン、メッシと準優勝国から選ばれており、2010年大会のディエゴ・フォルランに至っては、3位決定戦に敗れたウルグアイから選ばれています。

 

スポンサードリンク