VI(BIGBANG)偽名を有吉反省会で告白!ラーメン店展開で太っていた?

アーティスト
スポンサーリンク

BIGBANGのVIさんが「有吉反省会」に出演します。

大人気還流アーティストグループのメンバーであるVIさんが、「有吉反省会」に出演するとは思いませんでした。

最近は、人気アーティストのメンバーの方の出演も増えてきた気がしますね。

そんな、BIGBANG・VIさんの柔術の実力はどうなんでしょう?

また、ラーメン屋を展開しすぎたせいで、ラーメンの食べ過ぎで太ったとのことですが、どのくらい太ったのでしょう。

今回はBIGBANGのVIさんについて調べていきましょう。

 

スポンサーリンク

BIGBANGのVIが偽名を使っていた理由や目的は?

 

BIGBANGのVIさんが「有吉反省会」で告白する偽名についてですが、VIさんは偽名を使って柔術大会に出場していたということなんです。

しかも、メダルまで獲得してしまったという活躍ぶり。

正直なところ、特に反省するような内容でもないと思ってしまいますね。

番組では、もう少し深いところまで話していくと思います。

そこに反省すべき告白があるのかもしれませんね。

柔術愛好家でも知られているVIさん。

BIGBANGとしての活動をおろそかにして柔術に夢中すぎてメンバーから苦情があるという暴露もあるようです。

 

 

VIが使用している偽名は何?

 

VIさんが使用している偽名は、「リチャード・リー」ということです。

なぜこの名前なのかは不明です。

本名は、イ・スンヒョンといいますし、全然関係ないところから引っ張ってきている感じですね。

このあたりも番組内で話してくれるかもしれませんね。

 

 

VIが偽名で出場した大会や成績は?

 

VIさんが「リチャード・リー」の偽名で出場した大会は、「第1回西日本柔術新人選手権」という大阪で開催された大会のようです。

2階級に出場しているのでしょうか。

フェザー級では銅メダル

オープンクラスでは銀メダル

という輝かしい成績を収めています。

かなり本格的だということがわかります。

 

 

BIGBANGのVIがラーメン店を展開?

 

VIさんは実業家としても活動しています。

特にラーメン店「アオリの神隠し」のプロデュース業は日本では六本木、韓国ではチョンダム店など日韓だけでなくアジア各国に全35店舗ほど展開しています。

ところが、ラーメン店の展開が影響してか、大好きなとんこつラーメンの食べ過ぎで体重が75㎏まで増加して太り、最も太っていたときは体重55㎏のメンバー・G-DRAGONとの差は約20㎏あったそうです。

そのため、SNSのフォロワーが役20万人減少、スタッフやファンからも心配されていたのだとか。

そんなメンバーとも約20㎏の差がある事実に一念発起し、ダイエットをして3週間で8㎏の減量に成功して現在は激太りから戻しているようです。

 

 

まとめ

 

BIGBANGのVIは柔術の大会で成績を収めて昇格するほどの実績を持っていて、少なくとも素人・趣味の域を超えている実力を持っているのです。

それだけでなく、実業家としてラーメン店を展開していて、それがたたって太った過去もあります。

そんな様々な活動をして魅力いっぱいのVIさんですが、今後日本ではどんな活躍を果たしていくのか、柔術と一緒に期待しています。