ロシアワールドカップで採用されているVARのルールは?判定が覆ることも?

ワールドカップ2018
スポンサードリンク

 

ロシアワールドカップが今月14日から開催されましたが、今大会から新しく「VAR」というルールが採用されたことを知ってますか?

 

「VAR」はFIFA主催大会やブンデスリーガ、セリエAなどでまれに導入され、日本でも2016年のクラブW杯で使用されていたので、サッカーファンの中では知っている方もいるかもしれません。

 

今回はVARのルールとロシアワールドカップで道適用されているかについて紹介していきます。

スポンサードリンク

VARの基準とルールは?

 

VARはVideo Assistant Refereesの略称で日本語では「映像副審」、「ビデオ副審」と訳されます。

 

VARは映像室から試合のあらゆる映像を見て、明らかに間違っていると思われる重要な判定があった場合に、無線で主審に申告する審判のことを言います。

 

もともとこの制度は2013年にオランダのフットボール協会が反体制どんお向上を目的として仮想テストしていたのですが、2016年度からオランダやドイツで本格的なオフラインテスト運用され始めました。

 

2016年9月1日のイタリアとフランスの練習試合が初ん男オンラインテストでした。

 

その後、2017年にはオランダ、イタリア、イギリスなど各国でライブ・テスト、ルール導入が相次ぎ、国際サッカー評議会は今年のロシアワールドカップからVAR制度ん男正式導入を決定しました。

 

VAR制度は、勝敗を左右するような重要な局面での明らかな誤審や見逃しを防ぐことが目的です。

 

エラー自体を完全に排除できるというものではありません。

 

したがって、VAR制度ん男対象となるのは次の4つの場合に限られます。

 

得点に関する一連のプレーで反則があったかどうか

 

 

PKかどうか

Penalties-800x533

  • レッドカードかどうか(2枚目を含めてイエローカードやファールは適用対象外)
  • レッドカードやイエローカードを受ける選手が間違っていないかどうか

また、VAR制度についての最終的な判断を下すのは出身です。

 

選手や監督からのVAR制度適用の申し立ては認められていません。

 

これは、VAR制度の導入に対する反対意見で多かった試合んお遅延やサッカーの魅力の1つであるスピード感を失わないようにするため。

 

この点はテニスのチャレンジ制度やプロ野球のリクエスト制度とは異なります。

 

 

判定は覆るのか?

2018061601002211

VAR制度によって判定が覆ることはあります。

 

世界で初めてVAR制度によって判定が覆ったのは2017年1月25日KNVBベーカーでのFCユトレヒトとFCカンブールの試合で、カンブールの選手のハンドによるPK判定を取り消して、ユトレヒト選手のファールとしたケース。

 

 

まとめ

 

VARがロシアワールドカップから正式導入されましたが、まだ課題や改善点は多いと思います。

 

ただし、W杯では日本対コロンビアでカルロス・サンチェスがハンドで一発退場になった1回だけしか退場処分はありません。

 

今大会次第では日本でもVAR制度が導入されるかもしれませんが、まずはVAR自体はあくまでも主審汚補助審判です。

 

すべてのファールを取り除く審判ではないことを念頭に置く必要があります。

 

 

スポンサードリンク