【2018】九州の梅雨入り・梅雨明け予想は?

生活
スポンサードリンク

kyushu-south

今年も暑い夏がやってくるのですが、その前に嫌な梅雨がやってきますね。

 

今回は2018年の九州地方の梅雨入り・梅雨明け時期の予想をそれぞれお届けします。

 

九州地方の梅雨入りは沖縄が梅雨入りしてから20日ほどでやってくることが多いです。

 

2018年もそこまで変わらないと思います。

 

では、具体的に九州地方の梅雨入り・梅雨明けがいつ頃になるのか予想していきましょう。

スポンサードリンク

2018年九州地方の梅雨入り予想は?

 

沖縄の梅雨いるは、毎年4月の終わりから5月にかけて気象庁から予想が発表されます。

 

九州の南部から北部の福岡にかけての梅雨入りは、それに続くという感じが多いと思います。

 

ただ梅雨いるの発表は、「梅雨入りしたとみられる」という予想しか言えないのです。

 

台風の発生などでも梅雨入りの時期は大きく変化してしまうことがあるので、断定したことは言えないとのことで、このような表現になったという経緯があります。

 

2018年の九州の梅雨入り予想は、例年を参考にしてみると

  • 九州南部は5月22日~6月3日ごろ
  • 九州北部は5月27日~6月8日ごろ

予想としてはこのあたりになるでしょうか。

 

200年以降の梅雨入りを見てみると流れもわかりやすいので、まとめてみました。

 

九州南部

5月20日~31日:9回

6月1日~10日:7回

6月11日以降:2回

 

5月20日~5月31日あたりが多いようですね。

 

九州北部

5月20日~31日:7回

6月1日~10日:8回

6月11日以降:3回

 

5月20日~6月10日ころまでと、割と範囲が広くなっています。

 

ただ、九州南部よりは少し6月よりとなっていますね。

 

2018年の九州南部と北部の梅雨入り予想も、だいたいこの時期となります。

 

また、平年が九州南部で「5月31日ごろ」、九州北部で「6月5日ごろ」となっているので、これも梅雨入り予想の参考になると思います。

 

これらを総合すると、2018年の梅雨入り予想は

  • 九州南部は5月22日~6月3日ごろ
  • 九州北部は5月27日~6月8日ごろ

このあたりではないでしょうか。

 

そして、ここからおおよそ40~50日間ほど梅雨の時期が続きます。

 

 

2018年九州地方の梅雨明け予想は?

209-1

次に梅雨明けについてですが、毎年6月から8月にかけて気象庁から予想が発表されてます。

 

九州南部から北部にかけて梅雨明けはそれに続くといった感じです。

 

2018年の九州南部~北部にかけての梅雨明け予想は、例年を参考にすると

  • 九州南部は7月11日~7月20日ごろ
  • 九州北部は7月15日~7月24日ごろ

予想としてはこのあたりではないでしょうか。

 

梅雨明け表を見ると流れもわかりやすいので、200年以降の九州南部と北部のでーたをまとめてみました。

 

九州南部

7月1日~10日:3回

7月11日~20日:11回

7月21日~31日:4回

 

7月11日~20日あたりが多いようですね。

 

九州北部

7月1日~10日:3回

7月11日~20日:8回

7月21日~31日:6回

8月以降:1回

 

こちらは7月11日~31日あたりまでと、割と範囲が広くなっていますね。

 

また、平年が

  • 九州南部で7月14日ごろ
  • 九州北部で7月19日ごろ

このようになっているので、これも梅雨明け予想の参考になります。

 

これらを総合すると、2018年の梅雨明け予想は

  • 九州南部は7月11日~7月20日ごろ
  • 九州北部は7月15日~7月24日ごろ

このあたりではないでしょうか。

 

 

最後に

 

あくまで予想なので、その年の気象状況によっても大きく変わってきます。

 

ただ、毎年のデータから予想なので参考になると思います。

 

また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。

 

そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。

 

梅雨の時期はじめじめした日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折りたたみ傘など備えておくようにしてください。

 

 

スポンサードリンク