【2018年】東北地方の梅雨入り・梅雨明け予想!

【2018年】東北地方の梅雨入り・梅雨明け予想!

photo3-718x479

食を楽しむといえば、東北地方ですよね。

 

全国的に知名度のある農産物や畜産物があります。

 

青森といえば「りんご」、秋田といえば「きりたんぽ、比内地鶏」、山形は「さくらんぼ、米沢牛」など、6件で構成されている東北地方には、各県からそれぞれの名産があります。

 

畜産物は、とにかく農産物は収穫量が天候に左右されやすいので、生産者の方は転機を気にします。

 

これからm梅雨入り時期に入ってくるのですが、2018年の東宝地方の梅雨入り・梅雨明け時期はいつなんでしょう?

スポンサードリンク

2018年東北地方の梅雨入り予想は?

 

沖縄の梅雨入りは、毎年4月の終わりから5月にかけて気象庁から予想が発表されます。

 

東北の南部から北部にかけて梅雨入りは、それに続くっ感じですね。

 

ただ、梅雨入り発表は「梅雨入りしたとみられる」という予想

このように、確実に梅雨入りしたとは言えないのです。

 

台風の発生などでも梅雨入りの時期は大きく変化することがあるので、「梅雨入りしただろう」という言い方しかできないようです。

 

2018年の東北地方の梅雨入り予想は、例年を参考にすると

6月8日~6月19日ごろ

予想としてはこのあたりでしょうか。

 

2000年以降の梅雨入り表を見ると流れもわかりやすいので、平年の東北地方データをまとめてみました。

 

東北地方

6月1日~10日:4回

6月11日~20日:7回

6月21日~30日:6回

6月30日以降:1回

 

こちらは「6月11日~30日」あたりまでと、わりと範囲が広くなっています。

 

また、平年が東北地方では「6月12日~6月14日ごろ」となっているので、これも梅雨入り予想の参考になると思います。

 

これらを総合すると、2018年の梅雨入り予想は

6月8日~19日ごろ

このあたりではないでしょか。

 

そして、ここからおおよそ40~50日間ほど梅雨の時期が続きます。

 

ただ、あくまで予想なので参考程度として捉えてください。

 

 

2018年東北地方の梅雨明け予想は?

DSC02828-540x358

梅雨明けは、毎年6月から8月にかけて気象庁から予想が発表されます。

 

ただ梅雨明けの発表は、「梅雨明けしたとみられる」とする予想

このように少し曖昧な表現で発表され、確実に梅雨明けしたとは言えないのです。

 

台風の発生などでも梅雨明け時期は大きく変化することがるため、「梅雨明けしただろう」という言い方しかできないようです。

 

そのような梅雨明けの予測ですが、2018年東北地方の梅雨明け予想は例年を参考にすると

7月22日~8月4日ごろ

予想としてはこのあたりでしょうか。

 

200年以降の梅雨明け表を見ると流れもわかりやすいので、平年の東北地方データをまとめてみました。

 

東北地方

7月1日~10日:1回

7月11日~20日:1回

7月21日~31日:7回

8月以降:5回

特定不能日:4回

 

こちらも7月21日から8月に入ることも多く、わりと範囲が広くなっています。

 

また、平年が「7月25日~7月28日ごろ」となっているので、これも梅雨明け予想の参考にあると思います。

 

これらから総合すると、2018年汚梅雨明け予想は

7月22日~8月4日ごろ

このあたりではないでしょか。

 

ただ、あくまで予想なので、その年の気象状況によっても大きく変化します。

 

毎年のデータからの予想なので参考程度に捉えておいてください。

 

 

最後に

 

あくまで予想なので、その年の気象状況によっても大きく変化します。

 

ただ、毎年のデータからの予想ですが参考になると思います。

 

また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。

 

そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。

 

梅雨の時期はうっとおしい日が続きますが、晴れの日でも雨に注意してレインコートや折りたたみ傘などを備えておいてくださいね。

 

 

スポンサードリンク