ドラマ「チア☆ダン」1話の感想や2話のあらすじ!福井弁にハマる!

2018年夏ドラマ
スポンサードリンク

ドラマ「チア☆ダン」1話が2018年7月13日に放送されました。

映画化され大ヒットした「チア☆ダン」がドラマになって帰ってきました。

小さいころから日本舞踊やクラシックバレエをたしなんでいる土屋太鳳さんのチアダンスは期待です。

長友ひかり役で広瀬すずさんが特別出演しているのも見どころですね。

 

スポンサードリンク

「チア☆ダン」1話の感想は?

 

 

弱小の部活が仲間を集めて大会に出場する。

っていう感じの流れに暗ると思うんですが、やっぱり青春ドラマって見ていて元気をもらえますね。

ダンスの技術を磨きつつ、仲間を集めてってことで個人的には好きな流れです。

 

 

「チア☆ダン」2話のあらすじ

 東京へ行くわかば(土屋太鳳)の姉・あおい(新木優子)を福井駅前で激励するため、サンボマスターの「できっこないを やらなくちゃ」に合わせてチアダンスを踊ったわかば、汐里(石井杏奈)、渚(朝比奈彩)、妙子(大友花恋)、穂香(箭内夢菜)、琴(志田彩良)の6人。
警察に注意されたところを、偶然にもその場に居合わせた教師の太郎(オダギリジョー)が「チアダンス部の顧問です!」と言って場をおさめるが、それを聞いた6人は大盛り上がり!
早速、太郎を引き連れて校長(阿川佐和子)と教頭(木下ほうか)に報告しに行くが、練習場所やら、人数がまだ8人いないなどの理由から正式な部活動としては認められないと言われてしまう。

汐里は「今学期中にあと2人集めます!」と断言をし、職員室を後にする。なんとしてでも2人を集めたい6人は、ビラ配りにも熱が入る!
わかばの教室でワイワイ話をしているところを見た麻子(佐久間由衣)は「楽しそうでいいのう」と嫌味を言う。

それを聞いた汐里が「そっちは何にも楽しい事なさそ」と冷たく返す。
その言葉にカッとなった麻子は「わたしにだって好きなことぐらい――」と言いかける。気になったわかばは、屋上のベンチで麻子を見つけ声をかけてみることに。
その一方で、汐里は再び茉希(山本舞香)に会いに行き、終業式で踊るから見に来てほしいと伝える。
果たして、終業式までにあと2人メンバーを集める事が出来るのか―。

そして、生徒と向き合う事が怖くなった太郎のトラウマがついに明らかに――。

引用元:http://www.tbs.co.jp/cheerdan_tbs/story/

 

 

まとめ

 

土屋太鳳さんかわいいですね。

広瀬すずさんもちょっと出てきて、結構出演者が贅沢なドラマです。

オダギリジョーさん演じる頼りなさそうな顧問の太郎もよかったです。

これから顧問として、太郎も成長していくんでしょうね。

オダギリジョーさんの演技に期待したいです。

チアダンは、正式に部活として認めてもらえるのか?

週末に、元気の出るドラマが始まりましたね。

2018年夏は福井弁が流行るかもしれません。

 

 

スポンサードリンク