ドラマ「チア☆ダン」のキャストとあらすじ!主演は土屋太鳳でJETSを倒す?

2018年夏ドラマ
スポンサードリンク

 

実話が映画化となって話題になった「チア☆ダン~女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話~」が、なんと7月からTBSでドラマ化されます。

 

映画とは全く違うキャスト、まったく違うストーリーで放送されるようです。

 

しかも、今回の顧問の先生は、女性から男性に変わっていますが、映画であった「チア☆ダン」の数年後の話になっているようです。

 

そこで今回は、気になるドラマ「チア☆ダン」のキャストやあらすじを紹介していきます。

 

スポンサードリンク

ドラマ「チア☆ダン」のキャスト

 

藤谷わかば…土屋太鳳

福井県立西高校に通う2年生。

 

幼いころに見た福井中央高校チアダンス部「JETS」の演技に感動し、将来は同部に入りたいという夢を持つ。

 

いつしか「自分には無理、できっこない」と思うようになり、受験にも失敗し隣町の勉強も部活も中途半端な西港に入学。

 

それでもチアダンスへの想いを完全に断ち切ることができず、チアリーダー部で弱小運動部の応援をしている。

 

ある日、東京から来た強引な転校生・汐里に「私とチアダンスをやろう!打倒JETS!全米制覇!」というあり得ない言葉をかけられる。

 

胸の中にあった思いに再び火が付きチアダンス部設立に動く。

 

勉強は苦手でダンス技術も三流だが、一流の笑顔と天性のチアスピリットを持つ彼女は、チアダンスを通じて人を応援する楽しさに気づく。

 

「どうせ無理」という口癖を封印し、「できっこないをやってみる!」という姿勢に変わっていく。

 

 

桐生汐里…石井杏奈

東京から引っ越してきた美少女。

 

東京1年生のときに東京代表としてチアダンス大会に出場するも、汐里のミスでJETSに敗れたという因縁から「打倒JETS」に燃え、福井西高校に転校してきた。

 

JETSに負けたときに失った自信を取り戻すことに必死ですが、それを周囲には見せないようにしている。

 

人の悪い面が気になるとつい、口に出してしまうタイプ。

 

悪気のない猪突猛進さで、やや協調性に欠けるがやりたいことにはまっすぐ。

 

 

桜沢麻子…佐久間由衣

若葉のクラスの学級委員を務めており、生徒会役員でもある。

 

成績優秀で、この学校から一流大学を狙える期待の星。

 

チアダンス部発足問題で、クラスの和を見出すわかばたちに口うるさく注意する。

 

父親である教頭、そして周囲の期待に応えるため、プレッシャーを感じながらも学業に勤しむ。

 

実は勉強以外に本当にやりたいことを抱えている。

 

 

柴田茉希…山本舞香

中学のときにある事件を起こし、それがきっかけですべての人と距離を置くようになる。

 

高校も不登校気味で孤独に路上で踊っているところをわかばたちにスカウトされる。

 

 

栗原渚…朝比奈彩

陸上部に所属している体育会系女子。

 

若葉の足の速さに目をつけ、陸上部に誘い続けていたが、逆にわかばにチアダンス部に誘われチアダンス部に入部する。

 

友達も多く、わりとあっけらかんとしたタイプ。

 

人にダメ出しばかりする汐里としょっちゅうケンカになる。

 

 

榎木妙子…大友花恋

年下の兄弟たちのお守りをしながら、両親を助けるために最近は店を手伝うように。

 

父の作るまかない料理をつい食べ過ぎて、ダイエットのためにチアダンス部に入部する。

 

ダンスは下手で、自分が足を引っ張っているのがわかるので、つい気を使いがち。

 

とにかく場を和ませようと変なフォローをするが、逆に怒られるタイプ。

 

 

橘穂香…箭内夢菜

バレエの経験者。

 

福井でバレエを習ったくらいではプロになれないと諦めて受験の道を選ぶ。

 

冷静沈着な現実主義者で、わかばや汐里のポジティブな行動にはあきれつつもうらやましいと思うことも。

 

中学から一緒である茉希の過去を唯一知っており、苦手意識を持っている。

 

 

蓮実琴…志田沙良

日舞の家元の娘。

 

声が小さく、感情を表に出さないというか出せない。

 

おしゃべりが苦手で人見知り。

 

だから友達がなかなかできず、わかばにチアダンス部に誘ってもらえた時は本当にうれしかった。

 

感情が上手く表現できないため、あまりそれが伝わらないタイプ。

 

 

漆戸太郎…オダギリジョー

福井県立福井西高等学校に赴任してきた、地理歴史を担当する教師。

 

声に覇気がなく、板書中心といういけてない授業をする。

 

ドンくさく見えることもしばしばで、生徒になめられていることは本人も自覚している。

 

大学の考古学研究所で働いていたが、子供たちに福井の古代史の楽しさを伝えたいと教師になった。

 

ドラマ「3年B組金八先生」が好きで、当初は金八先生のような熱い教師になりたいと憧れていた。

 

前任校でのある出来事がきっかけで心が折れてしまい、しばし給食していた。

 

周りから「がんばれ」といわれ続ける日々もつらかったが、「がんばらなくていい」といわれると、それはそれでつらい。

 

 

ドラマ「チア☆ダン」のあらすじは?

このドラマ「チア☆ダン」は、奇跡のようなホントの話を描いた映画の数年後が舞台となっています。

 

主人公の土屋太鳳演じる藤谷わかばは、幼いころに見た全米優勝を果たした強豪チアリーダー部「JETS」の演技に憧れ、自分も同じ部かtに入り、全米制覇を夢見ていたが「JETS」がある高校の受験に失敗!

 

受験に失敗したことにより、勉強・運動が中途半端な隣町の高校に入学することになり、いつしかチアダンスの情熱は消えてしまい『自分には無理、できっこない」って考えるようになりました。

 

そんなある日、東京から石井杏奈演じる桐生汐里が転校してくる。

 

その桐生汐里に「私とチアダンスをやろう!といわれ、忘れかけていたチアダンスへの想いに火が!!

 

思いがけない言葉が始まりで友達と教師とともに成長し、以前は目指したJETSを打ち負かすこと!全米制覇!の夢を追いかけすべてをかけて挑戦する青春ストーリー!

 

 

まとめ

 

多くのキャストが出演するドラマ「チア☆ダン」。

 

映画から9年後が描かれ、また新たな軌跡が生まれそうです。

 

かなり激しいダンスが繰り広げられるチアリーダー、運動神経抜群の土屋太鳳をはじめ、かなり激しいレッスンを積んでいるはずです。

 

時間軸も違うオリジナルストーリー。

 

連続ドラマとなると尺も伸びるので、部員1人1人の葛藤や成長が描かれるのでしょうね。

 

 

スポンサードリンク