ドラマ「高嶺の花」2話の感想と3話のあらすじ!裏ではドロドロした闇が迫っている?

2018年夏ドラマ
スポンサードリンク

石原さとみさん主演のドラマ「高嶺の花」2話が放送されました。

ただ一緒にいるだけで笑顔を誘う風間直人のほっこりした魅力。

昇進の月島ももに笑顔が増えてきました。

こんな2人が果たしてどんな風に恋に落ちていくのか?

王道ラブストーリーですが、一波乱も二波乱もありそうな気がしますね。

 

スポンサードリンク

ドラマ「高嶺の花」2話の感想!

「高嶺の花」石原さとみのメイクや髪型・和服姿もかわいい!1話感想と2話あらすじ!
石原さとみさん主演のドラマ「高嶺の花」1話が放送されましたね。 「高嶺の花」のテーマは「格差恋愛」です。 さっそく1話のみんなの感想や2話のあらすじ、石原さとみさんがどんな髪型やメイクにも注目ですね。 ...

石原さとみさんが最高にかわいいですね!

さて、元婚約者の吉池に復縁を迫られたもも。

揺らぐ気持ちを抑え、吉池に別れを告げました。

そして直人のもとに行き、忘れさせて欲しいとぶちまけます。

桃尾ような美人な女性にそんなこと言われたら誰でもコロッと行きそうですが、そうすぐにならないところが直人の素朴さが出ていていいキャラしている感じです。

しかし、ももと奈緒との恋が動く一方で、後妻のルリ子が宇都宮と関係を持ったりとなかなかドロドロした一面もありました。

何か大きな力が裏で動いており、ももが巻き返していきそうな予感がします。

吉池の妻が月島家からのハガキを持っていたことも何かありそうですね。

これからも見逃さないようにしたいです。

 

 

みんなの感想は?

 

 

 

ドラマ「高嶺の花」3話のあらすじ!

直人(峯田和伸)は未だ失恋の傷が癒えないもも(石原さとみ)を慰めるため、元カレとの思い出話を聞いてあげると申し出る。だが直人の思いをよそに、ももは怒って帰ってしまった。ももがなぜ怒ったかわからない直人に、秋保(髙橋ひかる)は、それは直人に気があるからだとアドバイスする。

そんな中、ももは雑誌の取材を受ける。取材は密かに龍一(千葉雄大)がセッティングしたものだった。ももは龍一と初めて顔を合わせ、なな(芳根京子)の反対を顧みず、龍一と連絡先を交換する。

その夜、もものもとに吉池(三浦貴大)が訪ねてくる。ももは吉池から、彼の妻・真由美(西原亜希)が隠し持っていた月島流の免状を渡された。真由美が月島の関係者だったと知り、激しく動揺するもも。真由美が吉池を誘惑したのは、ももの結婚を壊したい、誰かの策略だったのではないか……?

引用元:https://www.ntv.co.jp/takanenohana/story/

ドラマ「高嶺の花」3話感想と4話のあらすじ!ななの本性が…!ももと直人のキスシーンに!
ドラマ「高嶺の花」3話が放送されました。 2話では真由美g亜月島と関係ある人物というk所とがわかったけど、裏に何があるのか? ももと直人の関係にさらなる進化はあるのか? 3話も見どころがたくさんでした。 今回も「高嶺...

 

まとめ

 

左側が有効って本当なんでしょうか?

左耳で聞いた情報は右脳に響くようですね。

一般に右脳は感情を、左脳は計算や記憶・言語などになるようです。

恋愛においては左耳から口説くのが有効と称える記事もあるようです。

しかし、右側からの方が要求が通るという意見もあります。

つまりシーン別に使い分けた方がよさそうです。

  • 「左耳⇒右脳」=感情に訴えて冷静に判断しない
  • 「右耳⇒左脳」=思考・論理に訴え理性・合理的に考える

恋愛の「好き」や励ますときの「大丈夫」は感情に響かせるものですから左側。

お願いごとを要求する場合は、右側から話した方が、相手が合理的に考え、メリット・デメリットなどを考慮して、判断を下してくれそうです。

ひとつの説ですが、参考になりますね。

ドラマは他にも伏線があります。

元カレの結婚相手は月島流の人でした。

ももの父が分かれさせたのか?

千葉雄大の「生まれ変わり」に異常に反応を示したのはなぜなんでしょう?

ななは「前世」を口にした?

不思議な野島ワールド炸裂しましたね。

謎が明かされる今後に注目でしょうね。

 

 

スポンサードリンク