台風12号には真の目的が…!花火大会が中止や延期続出でリア充の楽しみを潰しに!

生活
スポンサードリンク

現在注目を集めている台風12号「ジョンダリ」の動き。

2018年7月28日~29日には本州に接近し、上陸する恐れがあるため、週末のよていをへんこうすることを余儀なくされる人も多いのではないでしょうか。

さて今回の台風12号は真の目的があるようです。

台風12号には、花火大会に照準を合わせて日本に襲来しようとしているのです。

それでは台風12号の真の目的について詳しく解説していきます。

 

スポンサードリンク

近づいている台風12号

 

日本気象協会運営の予想によると、台風12号は反時計回りに進路を変え、珍しいコースで本州に近づいているという。

28日の朝までは北よりに進むのだが、その後、進路を西寄りに変えるのだとか。

関東付近でのこう言った進路変更は、とても珍しいことなんだとか。

 

 

台風12号が接近する理由があった!

 

台風12号はググっと進路を変えて本州に上陸しようとしています。

しかし、どうやらそれだけではないようです。

ウェザーニュースによると、台風12号は28日の夕方から夜にかけて関東に最も近づくようです。

そして、この動きによって多大な影響を受けるイベントが、フジロック以外にも多くあります。

そう、花火大会です。

 

 

花火大会に影響はあるのか?

7月28日には、都内最大級の花火大会「隅田川花火大会」が開催されます。

他にも「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」や「八王子花火大会」など、大型の花火大会が同日に開催される予定です。

不運なことに台風12号の接近は、これ蘭お花火大会のタイミングとばっちろ重なってしまうのです。

残念ながら「立川まつり国営昭和記念公園花火大会」は、すでにイベントの中止を発表しています。

また「隅田川花火大会」に関しても、ウェザーニュースは80%~90%の確率で延期になると見ているようです。

 

 

台風12号の真の目的とは?

以上のことを踏まえると、こうは考えられるのではないでしょうか?

台風12号は、都内の大型花火大会を潰すため、わざわざコースを変え接近してきたのではないでしょうか。

花火大会の開催が、どうしても我慢できないのかもしれません。

多くのカップル、家族、仲良しグループたちが楽しみにしている花火大会を潰して回るとは、台風12号はよほどそういったイベントが嫌いなのかもしれません。

まったく、迷惑な非モテ野郎の台風12号ですね。

 

 

台風12号には十分注意が必要!

 

花火大会の開催可否についてはホームページなどをしっかり確認してください。

もちろん台風自体にも注意が必要です。

大雨・暴風だけでなく、太平洋沿岸部では高波・高潮に警戒が必要とのことなので、今のうちにしっかり備えておくべきですね。

 

 

スポンサードリンク