酒さのセルフケアと赤みの原因は?どんな対策が良いの?

目安時間:約 7分

140701_4717_0627_333_250

酒さという病気をご存知ですか?

 

いわゆる「赤ら顔」で、顔の表面の
細い血管が広がって赤く見えたりします。

 

ニキビのようなぶつぶつが頬を中心怡広がり
病気とは思わずに長年悩んでいる方からも
多くいます。

 

どのようにすれば効果的に
治療できるのでしょうか?


スポンサードリンク

酒さとは?

 

「酒さ」は顔がほてったように
赤く見える「赤ら顔」の原因として、
代表的な皮膚の病気です。

 

見た目の赤さ以外は軽い刺激感が
ある程度のことが多いので
病気だとは思わず、長い間
悩んでいる方もいます。

 

鼻・頬・アゴを中心に赤みが左右対称に
出現するタイプと、ニキビのような
赤いぶつぶつが現れるタイプに
大きく別れますが、両方が同時に
出現することも多いです。

 

顔の表面の細かい血管が拡張し
その周りに炎症が起こることで
赤ら顔になり、毛穴の周りも
炎症を起こすとぶつぶつができます。

 

 

酒さの原因は?

 

酒さの原因としては、紫外線や辛い食べ物
ストレス、運動、暑さが原因で、酒さの顔の
赤さを悪化させることが知られています。

 

なぜ顔の表面の血管が開いてしまうのか
血管や毛穴の周りに炎症が起きてしまうのか
はっきりとした原因はわかっていません。

 

酒さは白人に多いので、遺伝的な原因や
日光の影響があるのは間違いないでしょう。

 

他には皮膚表面の免疫の異常で炎症が起こること
デモデックスという毛穴に生息するダニが
原因になっている可能性も指摘されています。

 

 

酒さはどうやって治療するの?

 

酒さは見た目と軽度の刺激感以外は
問題を起こさないのですが
年中赤ら顔であることに悩む人は多い。

 

100308-300x273

精神的なダメージは非常に大きいです。

 

酒さをもつ人がうつ病が5倍ほど増える
というデータもあるようです。

 

酒さの治療には日本特有の問題があります。

 

日本では認可されていない
薬があって使えないのです。

 

限られた使用可能な薬と、生活習慣の改善に
日焼け止めなどの市販薬を組み合わせて
対処しなければいけないのです。

 

 

酒さを悪化させる習慣を避ける

770c04ecb07990de12761c8f846f8389

まずは、前の項目でも触れた紫外線や
辛い食べ物、精神的ストレス
暑さといった酒さを悪化させる習慣を
避けるようにしましょう。


スポンサードリンク

 

紫外線は酒さを悪化させる
最大の原因になります。

 

また、酒さの皮膚は乾燥しやすいことが
知られているので、
保湿剤を塗ることは有効です。

 

酒さのセルフケアについて

自分んが酒さだとわかったら
なるべく症状が出ないように
日々のケアをする必要があります。

 

酒さは慢性的な症状なので
ケアを怠れば症状は出てきます。

 

しっかりケアすれば出づらくなります。

 

素さの症状を抑える上で、最も大切なのが
患部である顔への刺激を抑えることです。

 

普段から何気なく使っている化粧品や
保湿クリームにも刺激を与える
成分が入っています。

 

そのため、酒さの症状を持っている人は
日常で使う化粧品や保湿製品を
低刺激のものに切り替えるといいでしょう。

 

白漢しろ彩

普通の化粧品や保湿クリームを使っていると
酒さで赤くなっている部分が
ヒリヒリしてくることもあります。

 

そのまま使い続けていると、酒さの症状は
ますます悪化してしまうので、低刺激で
肌に優しいものを使うことをオススメします。

 

 

赤ら顔専用の化粧水

09

洗顔後や日常で、お肌の保湿のために
化粧水を使うと思います。

 

単に刺激が弱い、保湿力が強い
といった条件以上に重要なのが、
酒さの原因を抑えること。

 

赤くなる原因として、毛細血管の炎症が
関わってくると言われています。

 

この炎症を抑えつつ、肌を刺激から守ることが
有効な酒さの対策になります。

 

その対策効果に期待できるのが
赤ら顔専用化粧水「白漢 しろ彩」です。

 

 

漢方薬やビタミンC誘導体など
あらゆる成分によって、酒さの赤みを抑え
保湿成分でお肌を保護してくれます。

 

実際に試した人のデータでは
86%の人が赤みが軽減したと
感じています。

 

酒さに悩んでいる人も多く使っていて
個人差はあると思うので
自分に合うか試してみるのも
いいかもしれませんね。
酒さは残念ながら、慢性化する疾患で
完治させることは難しいのが現状です。

 

ですから、日々のケアをしっかりすることで
酒さの症状が出ることは抑えることが可能です。

 

紫外線などを避け、肌に対する刺激を
抑えるだけで、酒さの症状は出づらくなります。

 

毎日のケアを怠らず、津合う化粧品を
低刺激のものに変えて、酒さの予防を
してください。


スポンサードリンク

カテゴリ:雑学 

「白漢しろ彩」で酒さや赤ら顔の対策を

人気記事ランキング
最近の投稿

ページの先頭へ