W杯の賞金が半端ない!決勝T進出で13億円獲得!

ワールドカップ2018
スポンサードリンク

 

ロシアW杯の決勝Tが始まったのですが、その賞金額が半端ないようです。

 

近年のワールドカップは、様々な利権がらみ、巨額のカネが動くビッグイベント!

 

どのチームも、トーナメント戦を勝ち進むたびに金額が増す賞金をできるだけ多く手に入れるため、1勝でも多く上げたいと思うことだろう。

 

ワールドカップでは大会ごとに勝敗に応じた賞金と、大会準備費や選手を派遣するクラブへの補償などに充てられる金額すべてを合わせた「分配金」というものがあるようです。

スポンサードリンク

賞金総額なんと4億ドル(約438億円)

ded7054e46204943cf3273cf1932a04e_s

今大会での分配金は過去最高額となる7億9100万ドル(約900億円)で、2014年の前回大会から40パーセント増加。

 

今回のロシア大会では総額4億ドル(438億円)が賞金として計上されています。

 

ちなみに、2014年ブラジル大会の賞金総額は3億5800万ドル(約393億5363万円)。

 

残りを大会への準備費用、選手を派遣するクラブへの補填、そして選手が大会中に負傷した際の補填として分配される予定です。

 

 

決勝トーナメントに進出しただけで13億円の賞金

8e962482f63e1c089e1f06477f9dde60905a10716de5b8d8c962e7effec7860d

日本代表はすでに13億円を獲得したことになります。

 

 

W杯の賞金は破格!

 

グループリーグで敗退しても、出場による賞金約9億円とワールドカップへの準備金が約2億円。

 

優勝 3800万ドル(約43億円)準優勝 2800万ドル(約32億円)3位 2400万ドル(約28億円)4位 2200万ドル(約25億円)ベスト8 1600万ドル(約18億円)

 

この賞金は各国のサッカー連盟に支払われる

 

この賞金というものは、FIFAから各国のサッカー連盟、サッカー協会に対して支払われるものです。

 

8年前の南アフリカ大会でベスト16だった日本代表の獲得賞金は約11億円で、選手には総額約2億5千万円、1人当たり1087万円支払われました。

 

賞金総額の約22%を選手が報奨金としてもらった計算になっています。

 

 

日本の場合は詳細に金額が決められている

 

【日当】

1日1万円

 

【勝利ボーナス】引き分けは半額

 

Sランク:200万円

 

 

【大会ボーナス】

 

ワールドカップ

 

優勝 5000万円

2位 3000万円

3位 2000万円

ベスト4 1000万円

ベスト8 800万円

ベスト16 600万円

 

優勝した場合、5000万円×23人なのでボーナス総額は11億5000万円となるが、FIFAから支払われる優勝賞金が約41億円なので、約4分の1が選手へのボーナスに当てられる計算になります。

 

そこから税金が引かれます。

 

奨学金はすべて「一時所得」となり、得た金額から特別控除額50万円を差し引いた額の50%が課税対象になります。

 

高額な所得の選手となるとまさに半分近くが税金になってしまいます。

 

オリンピックのメダリストに支給される報奨金は非課税となるのですが、それ以外の報奨金には税金が課されることとなっています。

 

 

スポンサードリンク