睡眠時間はベストは何時間ぐらいがいいの?理想の睡眠時間は?

目安時間:約 8分

images1

皆さんは、何時間ぐらいの睡眠時間を取っていますか?

 

日によってばらばらバラの人もいると思いますが

理想の睡眠時間はどのぐらいなんでしょう?

 

そして、ベストの睡眠時間はどのぐらい

取った方がいいのか調べてみましょう。

 

睡眠時間に関しては様々な情報が

紹介されていますが、今市よくわかりませんよね。

 

今回は、睡眠時間に関する者なしをしていきましょう。


スポンサードリンク

ベストな睡眠時間の落とし穴

 

皆さんも、睡眠時間の情報を紹介している

本やテレビ番組、サイトなどで、人間にとって

ベストな睡眠時間についての説明を目にしたことが

あると思います。

 

その情報によっては、多少前後したりしますが

6時間~8時間の範囲の睡眠がベストと

言われることが多いようです。

 

疲れが取れやすく、日中のコンディションがよくなる

ということだけでなく、7時間程度の睡眠を

とっている人が、それより睡眠時間が長い人や

短い人よりも心疾患や癌といった病気のリスクが少なく

早死にしにくいといった研究報告もあるそうです。

 

短すぎる睡眠時間は心臓発作や脳卒中、肥満、高血圧

うつ病のリスクと関係するという説もあるようです。

 

複数の研究によって国籍を問わず、多くの人々を

対象に行われた調査に基づいているため

「人間にとって、最も最適な睡眠時間は?」

という問いに対して「6時間~8時間」という答えは

正しいと言えるのでしょうね。

 

しかし、ここには落とし穴があって

これらのデータではあくまで調査対象となった

複数の人々が最適なパフォーマンスで活動できる

睡眠時間の平均を求めたものでしかありません。

 

人間全体の平均値としては正しいとしても

個人レベルでは、必ずしもその人にとっての

ベストな睡眠時間というわけではありません。

 

心疾患などのリスクについても同様です。

 

個人にっとっての病気発症リスクに

睡眠時間との因果関係があり、その人にとって

ベストな睡眠時間をとっていると

発症リスクが小さくなる場合、多数の人と睡眠時間

発症率のデータを取って平均値を求めれば

最適な睡眠時間の平均が7時間前後と導き出され

発症率が最も低いのも7時間前後となるのは

自然の成り行きですね。

 

実際には、個人レベルでの最適な睡眠時間は

1人1人の体質などによって異なってきます。

 

また、年齢によっても必要な睡眠時間は変化しますし

幼児期は長く、高齢になると短くなっていく

傾向がありますね。

 

ロングスリープとショートスリープ

 

個人の最適な睡眠時間は異なりますが

一般的な睡眠時間の平均は6時間~8時間が

最適である人が多いということです。

 

しかし、一部にはその平均値から

大きくかけ離れた睡眠時間を最適とする

人も存在するのです。


スポンサードリンク

Lack-of-sleep

短い睡眠時間でも十分に脳や体の疲れが取れる

「ショートスリーパー」と呼ばれる体質の人や

平均よりも長い睡眠時間が必要な

「ロングスリーパー」と呼ばれる体質の人がいます。

 

ショートスリーパー体質の人が無理に

その平均と同じぐらい余計に眠ろうとしたり

ロングスリーパー体質の人が寝過ぎだと言われて

無理に平均睡眠時間で叩き起こされ続ければ

脳や体の疲れが十分に取れず、健康へのリスクも

高まることが考えられます。

 

結局のところ、自分にとって最も疲れが取れやすい

最適な睡眠時間は、自分自身の感覚で調べるしかありません。

 

そういうわけで、統計をうのみにして無理に睡眠時間を

平均値に合わせようとしないように注意してください。

 

ご自身の体調を考慮して

「これぐらい寝ると疲れが取れるな」

と実感できる睡眠時間を導き出し

なるべく毎日その睡眠時間を確保できるように

することをお勧めします。

 

 

睡眠時間を90分の倍数にする

 

忙しさに追われ、なかなか望み通りの

睡眠時間を確保するのは難しいですよね。

 

どうしても十分な睡眠がとれない場合は

睡眠時間を90分の倍数にすることで

睡眠時間自体が足りなくても、比較的すっきりと

目覚めることができると言われています。

images (1)

これは、睡眠中の脳波の状態によって区別される

睡眠周期が、大体90分ほどで一区切りに

なっているためだそうです。

 

夢を見ていると考えられるレム睡眠が

キリよく終わるタイミングで目が覚めると

目覚めた時点で夢の記憶が残らず

「夢をみなかった」と感じます。

 

この場合、眠気が残らずスッキリ目が覚めることで

心神の疲れも取れやすくなります。

 

逆に、レム睡眠を中断するタイミングで目が覚めると

目覚めた直後の時点で、直前まで見ていた夢を

覚えていたリ、しばらく眠気が残って頭が

ボーっとしてしまったりします。

 

目覚まし時計を終身から90分の倍数に設定などの

工夫をすることで、スッキリ目覚めるタイミングを

狙って目覚めることが可能です。

 

しかし、ここで注意しなければならないのは

この90分周期も、必ずしもすべての人に

共通しているとは限りません。

 

確かに平均的には約90分周期なのですが

この周期の長さも他生の個人差があるようです。

 

一般的な睡眠時間を必要とする人の場合でも

睡眠におけるレム睡眠の割合は、年齢によって

次第に短く変化してゆくことが知られていて

それに伴って周期自体の長さが、多少変化してしまう

可能性もあるようです。

 

「90分周期のタイミングで目覚めたはずなのに眠気が残った」

という方は、目覚まし時計をセットする時刻を

5分刻みぐらいで、少しづつずらして

試行錯誤して、スッキリ目覚める周期を探し当てる

必要があるかもしれませんね。

 

 


スポンサードリンク

カテゴリ:未分類 

この記事に関連する記事一覧

「白漢しろ彩」で酒さや赤ら顔の対策を

人気記事ランキング
最近の投稿

ページの先頭へ