【2018年】四国地方の梅雨入り・梅雨明け予想!

【2018年】四国地方の梅雨入り・梅雨明け予想!

original-718x477

海・山があり自然が豊かな四国地方。

 

香川県のうどん、高知県のカツオ、愛媛県のみかん、徳島県のタイト美味しいものがたくさんありますよね。

 

そんな四国地方に行くのであれば、やっぱりカラッと晴れていた方が嬉しいですよね。

 

これから雨が続く梅雨の時期がやってくるわけですが、2018年の四国地方の梅雨はどうなるのでしょう?

スポンサードリンク

【2018】四国の梅雨入り予想は?

 

沖縄の梅雨入りは、毎年4月の終わりから5月にかけて気象庁から予想が発表されます。

 

そして九州南部、北部での発表があり、四国の梅雨入りはそれに続くといった感じです。

 

2018年の四国の梅雨いる予想は、例年を参考にすると

5月30日~6月8日ごろ

予想としてはこのあたりでしょうか。

 

2000年以降の梅雨入り表を見ると流れもわかりやすいので、平年の四国のデータをまとめました。

 

四国

5月20日~31日:5回

6月1日~10日:8回

6月11日以降:5回

 

6月1日~6月10日あたりが多いですね。

 

これらから総合すると、2018年の梅雨入り予想は

5月30日~6月8日ごろ

このあたりになるのではないでしょうか。

 

そして、ここからおおよそ40~50日間ほど梅雨の時期が続きます。

 

 

【2018】四国の梅雨明け予想は?

180514-ajisai-tsuyu-shikoku

梅雨明けは、毎年6月から8月にかけて気象庁から予想が発表されます。

 

九州や沖縄での発表があり、四国の梅雨明けはそれに続くという感じが多いと思います。

 

ただ梅雨明けの発表は、「梅雨明けしたとみられる」という予想!

 

このように、確実に梅雨明けしましたとは言えないのです。

 

台風の発生などでも梅雨明け時期は大きく変化してくることがあるため、「梅雨明けしただろう」という言い方しかできないようです。

 

2018年汚四国にかけての梅雨明け予想は、例年を参考にすると

7月14日~7月23日ごろ

予想としてはこのあたりでしょうか。

 

2000年以降の梅雨明け表を見ると流れもわかりやすいので、平年のしこくでーたをまとめました。

 

四国

7月1日~10日:3回

7月11日~20日:10回

7月21日~31日:5回

 

7月11日~20日あたりが多いですね。

 

また、平年が「7月18日ごろ」となっているので、これも梅雨明け予想の参考になると思います。

これらから総合すると、2018年の梅雨明け予想は

7月14日~7月23日ごろ

このあたりではないでしょうか。

 

 

最後に

 

あくまでも予想ですが、その年の気象状況によっても大きく変化します。

 

ただ、毎年んおデータから予想ですから参考になると思います。

 

また、「梅雨明けしたとみられる」と気象庁から発表があっても、普通に雨が降り続く場合もあったりします。

 

そのくらいこの時期の天気の見極めは難しいのでしょうね。

 

梅雨の時期はジメジメした日が続きます。

 

晴れの日でも雨に注意してレインコートや折りたたみ傘など備えはしておくようにしてください。

 

 

スポンサードリンク