扇風機の首振りの向きは?起き場所や配置で効率的に!

扇風機の首振りの向きは?起き場所や配置で効率的に!

1524621045_71MyMMRWiQL._SL1000_.jpg

暑い夏がやってきます。

 

実はエアコンより、扇風機を効率に使うことで、涼しくできるのはご存知ですか?

 

そこで今回は

  • 扇風機の効率的な置き方
  • 効果的な起き場所や配置
  • 首振りや向きはどうする

という使い方について見ていきましょう。

スポンサードリンク

扇風機の効率的な起き方とは?

7966bae78213db11914ad7af893f8431

さっそく、扇風機の効率的な起き方はあるのでしょうか?

 

扇風機を効率的に使って涼しくする4つのポイントがあります!

 

 

涼しい空気を室内へ送る

 

早朝や夜中など、外の方が気温が低い時間がありますよね。

 

そういう時は扇風機を窓の前に置くのです。

 

窓は開けた状態で、室内へ向けて配置します。

 

このようにして涼しい空気を室内に送り込むことで、効率的に室温を下げることができます。

 

 

氷水を扇風機の前に置く

 

なんとなく想像がつく汚思いますが、氷水によって冷やされた空気が循環します。

 

ひんやりとした風が発生するので、エアコンをつけているかのような感覚を味わえます。

 

簡単にできる効率的な方法ですが、おすすめしたいものです。

 

氷水でじゅーすなんかを冷やすとこれまたすずしいきぶんを味わうことができます。

 

 

帰宅直後は窓の外へ向ける

 

帰宅直後は部屋の中が暑さでこもっていることがあります。

7e391327299297916b2abf5f69901996

こんな時はあえて扇風機を窓の外へ向けるのです。

 

熱くなった空気を排出することができ、外の冷たい空気が入ってきます。

 

意外と知られていないのですが、これも効率的な方法です。

 

 

天井付近の喚起をする

 

熱くなった空気というのは上に上がっていく性質を持っています。

 

なので、天井付近に向けて風を送ることで、熱い空気を部屋から追い出すのです。

 

ただ、最初は暑い空気が循環する分、鈴sく感じるまでに時間がかかってしまいます。

 

「全然涼しくならない!」tいってすぐに辞めるのは損です。

 

 

起き場所や配置は?

 

さて、扇風機の様々な使い方を見てきましたが、置き場所や配置のコツはあるのでしょうか?

 

基本的には、扇風機は部屋の角に配置して、対角線の位置に向かって風を送ることが重要です。

 

部屋の角は、風邪の流れを効率的に作れるので起き場所として最適なんです。

 

ただ、より賢く使うためには外の気温を考える必要があります。

 

置き場所について、扇風機を使用するシーンごとに見ていきましょう。

 

 

外の方が涼しいとき

 

先ほども触れたのですが、室内よりも気温の方が低い場合です。

 

主に早朝や夜中などの置き方です。

 

こういうときは、開けた窓の前に扇風機を室内へ向けて配置します。

 

外の冷たい空気が流れ込んでくるので、効率的に部屋を涼しくするのです。

 

また、より効果を上げるなら対角線上にある窓を開けることも有効的です。

 

部屋の中に空気の流れができることで、効率よく暑い空気を押し出し、冷たい空気を取り込むことができます。

 

 

外の方が暑いとき

 

早朝や夜中は外の方が涼しい…ということは、真夏日ではほとんどありえません。

 

だいたいは外の方が暑いときに扇風機を使うことになるんです。

 

こんなときは、窓の前に配置して、外へ向かって風を送ると効率的に涼しくできるんです。

 

そして意外な盲点なのが、窓の枠の部分です。

 

よくあるアルミサッシの窓だと、熱をよく通すのです。

 

部屋に入る熱のうち、70%が窓を通してくるというのですから驚きます。

 

このアルミサッシを風で冷やすことで、より効率的に厚さをシャットアウトできます。

 

 

首振りのときの向きにもポイントが…

 

扇風機の効率的な起き場所や配置については、分かったと思います。

 

では、首振りや向きに関してはどうすればいいのでしょう?

 

まず、首振り機能なんですが、基本的に止めないで大丈夫です。

 

効率的に使うポイントは「空気を動かすこと」なんです。

 

そして、扇風機の向きに関してなんですが、外の方が暑いとき、外の方が涼しい時の使い方を説目してきました。

 

実はもう一つ効率的な使い方があるんです。

 

 

それはエアコンと併用する方法!

 

エアコンのつけはじめ

 

エアコンのつけはじめは、扇風機の向きをエアコンの送風口に向けます。

 

この時少し上に向けるとより効果的です。

 

こうすることでエアコンから出た冷たい空気を天井に向かって運ぶことができます。

 

暑い空気は天井付近に溜まります。

 

そこをしっかりと冷たい空気で冷やすことが大事なんです。

 

 

エアコンをつけて部屋が涼しくなったとき

 

エアコンをつけてある程度部屋が涼しくなってくると、扇風機を使ってより効率的にやすことができます。

 

扇風機の背中をエアコンを向けるようにして配置するんです。

 

壁向きに置くということです。

0036_fan_a

このとき少し首は上に向けます。

 

こうすることで、貯まった冷たい空気を部屋中に循環させることができるんです。

 

エアコンの負担も減るので、扇風機と両方持っている場合はぜひ活用して欲しい方法ですね。

 

 

まとめ

 

暑い夏を扇風機を使って乗り切るために、効率的な起き方について見てきました。

 

起き場所や配置、首振りの有無、扇風機の向きなど、意外と知られていない情報もあると思います。

 

扇風機を使うにしても細かいテクニックがあるのです。

 

ただ単においているだけよりも、効率的に部屋を涼しくすることができます。

 

今年の夏は扇風機を活用して涼しく過ごしてみてください。

 

 

スポンサードリンク