酒井宏樹【マルセイユ】はネイマールと互角の戦いで海外の評価も上昇!プレースタイルや特徴は?

酒井宏樹【マルセイユ】はネイマールと互角の戦いで海外の評価も上昇!プレースタイルや特徴は?

origin_1

リーグアン(フランス1部)のマルセイユ、そして日本代表の右サイドバックとして絶大な信頼を得ている酒井宏樹選手!

 

特にマルセイユでの活躍は素晴らしく、前半戦ではリーグ首位であるパリサンジェルマンのネイマールやムバッペら世界トップレベルのアタッカーとも互角以上に勝負しています。

 

日本代表でも攻守両面において欠かせないプレーヤーになっている酒井宏樹の経歴やプレイスタイルを紹介していきます。

スポンサードリンク

酒井宏樹の経歴は?

 

千葉県柏市に生まれた酒井選手は、2人の兄の影響でサッカーをはじめ、小3のころから地元のクラブチームに入団しています。

sakai30062016-thumb-600xauto-166903

小6のころには柏レイソルの下部組織に練習参加し、中学入学と同時に同クラブU15に加入します。

 

DFラインの裏に抜けるスピードとタイミングの良さ、スペースに抜けた選手に合わせるクロスの精度が高く評価を受け、2016年には柏レイソルU18に昇格し、日本クラブしゅーすサッカー選手準優勝に貢献しました。

 

そしてU16日本代表としてフランス遠征んおメンバーにも召集されました。

 

2009年には柏レイソルのトップチームに昇格するのですが、初年度は公式戦に出場することができず、クラブも2部に降格してしまいました。

 

しかし、翌年には公式戦デビューを果たし、徐々に監督の信頼を得てレギュラーに定着、J1復帰も果たしました。

 

その後、クラブの主力となった酒井は、2011年にA代表デビュー。

 

リーグ戦でも史上初となる昇格年度優勝に貢献しました。

 

右肩上がりで実力を伸ばしていく酒井宏樹選手はその後、FIFA公式サイトで「2012年注目の若手選手13人にも選ばれています。

 

このとき、チアゴ・アルカンタラやユリアン・ドラクスラーも選出されていたので、すごい顔ぶれの中に並んで入っていたことになります。

酒井宏樹は海外での反応がいい?マルセイユでも評価されている?

 

日本版アウベスと海外でも高評価!

 

その後、複数の欧州強豪クラブからオファーをうけ、2012年にはブンデスリーガのハノーファーへ移籍。

SOCCER : Nimes / Marseille - Friendly Match - 07/15/2016

当初はリーグや戦術編の適応に苦労していましたが、自然からは開幕戦からレギュラーに定着しています。

 

一時的にベンチメンバーになることもありましたが、その後は継続して安定した活躍を見せています。

 

そして、セルティックやアヤックスなどの欧州強豪からオファーを受けた中、2016年からリーグ1のマルセイユに加入しています。

 

1年目からチームの攻守にわたって貢献し、クラブのフィールドプレーヤーで最多の出場時間を記録するほどの活躍でした。

 

2017~2018シーズンもクラブで代えの効かない存在として監督やサポーターから非常に高く評価されていて、2020~2021シーズンまで契約円著を発表しました。

 

ここまで長期の契約を結ぶというのはよほど高く評価され、信頼されているという証拠でしょうね。

 

特にリーグ前半のパリ・サンジェルマン戦で根今D-るを抑え、退場に追い込んだ活躍は印象的でした。

 

FIFAの公式サイトでは「日本版ダニエウ・アウベス」といわれるほど、高く評価されています。

日本代表でも、内田篤人選手がケガで長期離脱後は、不動の右サイドバックレギュラーに定着していますね。

 

 

酒井宏樹のプレースタイルは?

 

酒井宏樹選手は右サイドバックをメインに、マルセイユでは左サイドバックでの起用もあります。

1940_0_i_l

右足のクロスが一つの持ち味なので、やっぱり右サイドバックが一番合っているポジションだと思いますが、左サイドでもしっかり仕事をしていますね。

 

 

ダイナミックなオーバーラップ

 

現代SBらしく、守備だけでなく攻撃参加でも能力を発揮するタイプです。

 

サイドバックとしては大柄な体格を生かしたダイナミックなドリブル・攻め上がりが特徴的です!

 

クラブにとっても日本代表にとっても、彼の右サイド突破は一つの大きな武器になるでしょうね。

 

 

右足の高速クロス

 

アーリークロスや、相手陣内に深く切り込んでからの高速で低弾道なクロスは酒井選手の代名詞にもなっているプレーです。

 

独特のフォームから放たれる高速クロスは相手DFにとってもブロックしづらい厄介なクロスです。

 

ただ、キックの制度自体は決してよくないので、たまにタイミングがワンテンポ遅く感じてしまうことがあるのが課題になってくるかもしれませんね。

 

「ダイレクトで挙げてたら決定的なチャンスになってたのに…」という感じもたまにありますね。

 

 

フランスで弱点の守備を克服し対人能力が高い!

 

攻撃面で違いを生み出せる酒井選手ですが、以前は守備面での脆弱さを指摘されることもありました。

 

しかし、マルセイユに加入後は急速に改善しているような感じがします。

 

特にタイ人では抜群の強さを見せていて、対面するアタッカーをどんどん潰していきます。

 

ボールが入ったところで激しくチェックするディフェンスは、もはやセンターバックでも十分こなせそうな守備です。

 

ネイマールぢゃムバッペらも酒井選手のディフェンスをかなり嫌がっていた印象ですね。

 

実際、ネイマールはマルセイユ戦でイライラして退場してしまいましたね。

 

 

酒井宏樹のまとめ

 

ゴリゴリした見た目とプレースタイルからは想像できないのですが、酒井選手は非常に控えめな性格で、レイソル時代の北嶋監督からは「謙虚の酒井」といわれていたようです。

 

元日本代表監督のザッケローニ監督からも「ことあるごとに『ごめん』と謝るのをやめるように」と指摘されるほどだったのだとか。

 

ただ、最近は堂々としたプレーぶりを見せていて、少なくてもピッチ上ではそのおとなしさがマイナスに出ることはなくなっているようですね。

 

 

スポンサードリンク