酒井高徳の年収が驚愕!ドイツ語が本当は喋れるの?

酒井高徳の年収が驚愕!ドイツ語が本当は喋れるの?

bvich-800x533

ブンデスリーガ・ハンブルガーSV所属で日本代表の酒井高徳選手。

 

何やら、酒井高徳選手の年俸が驚愕の金額だという噂もあるようです。

 

ドイツ・ブンデスリーガでプレーしている酒井高徳選手ですが、ドイツ語はは喋れるのでしょうか。

 

今回は、酒井高徳選手について調べてみました。

スポンサードリンク

酒井高徳の年俸が驚愕!

 

酒井高徳の年俸推移!

 

現在、酒井高徳選手はハンブルガーでどのくらいの年俸をもらっているのでしょうか?

 

アルビレックス新潟から、シュトゥットガルトに移籍した時なども見ていきましょう。

 

酒井高徳選手の年俸の金額は、Jリーグとブンデスリーガの金額は起きなさがあります。

 

2009年 アルビレックス新潟 年俸380万円

2010年 アルビレックス新潟 年俸900万円

2011年 アルビレックス新潟 年俸1200万円

2012年 シュトゥットガルト 年俸1200万円 期限付き移籍中

2013年 シュトゥットガルト 年俸9000万円 完全移籍した年

2014年 シュトゥットガルト 年俸9000万円

2015年 ハンブルガー    年俸1億6500万円

2016年 ハンブルガー    年俸1億6500万円

2017年 ハンブルガー    年俸1億9000万円

 

という具合に年俸は増えていっていますが、酒井高徳選手の年俸金額を見てわかる通り、やはり海外移籍した時に年俸が大きく上がっていますね。

 

年俸だけではないのですが、この差をみたらJリーグの選手は海外でプレーしたいですよね。

 

年俸のために、レベルを落として移籍する選手もいますからね。

 

年俸以外に海外ではサッカーの関心は高いので、海外リーグの有名どころのクラブであれば自分の名前を知ってもらえることが可能ですし、何といってもCL、ELがありますからね。

 

あれだけ注目されている舞台でやりたいという気持ちは沸いてきますよね。

 

そうすれば、バイヤーやチーム関係者の目に留まりやすくなりますし、次の移籍先も決まりやすくなるからです。

 

酒井高徳選手は、2009年にアルビレックス新潟でプロとして活躍していましたが、年俸は3年目でやっと1000万円をこえたわけですが、2011年にシュトゥットガルトに期限付きで移籍し、完全移籍したt期には、年俸9000万円に上がりました。

スポンサードリンク

 

そのときあたりにドイツではドイツ代表として酒井高徳選手を招集すべきだと報道されていました。

af158bb2-b273-43fa-bed7-d962ef4e7769 (1)

それだけの価値があると評価されていたことは、選手としてうれしいものです。

 

だって、ドイツ代表ですよ!

 

世界でもトップクラスの代表にって、めったにない話ですよね。

 

それだけ、酒井高徳選手の評価は高いということですね。

 

 

酒井高徳はドイツ語が喋れる?

 

結論からいうと、酒井高徳選手はドイツ語がペラペラというわけではないようです。

 

ハーフではありますが、アメリカ生まれで、2歳のときに日本に来ているのです。

 

もちろん、本人は頑張って勉強しているようですが、やはり今から勉強してネイティブに話せるようになるのはちょっと難しいようですね。

 

しかし、所属チーム・ハンブルガーのキャプテンに任命された酒井高徳選手。

GettyImages-680049398-800x600

どうして任命されたのでしょう?

 

酒井高徳選手は、ハーフではありますが、ドイツ以外から移籍してきた選手へん配慮とかもあってのキャプテンであったのかなと思います。

 

ドイツ語ができない選手に、声をかけたりして選手間のコミュニケーションを図っていたりするのでしょうね。

 

もう5年以上ブンデスリーガでプレーしているので、ドイツ語も流ちょうに話せると思いますし、日本語よりドイツ語の方が体に馴染んでいるのではないでしょうか?

 

もしかしたら、長谷部選手の後釜に日本代表のキャプテンに酒井高徳選手が就任するかもしれませんね。

 

ドイツ人の監督でれば、通訳なしでドイツ語ができますしね。

 

現役引退しても、ドイツ語の通訳としても活躍できそうですし、ドイツ語圏内の国であれば、クラブで働くこともできますよね。

 

移籍してきた選手の橋渡し役も酒井高徳選手はしているようですね。

 

加えて、人柄も評価されている酒井高徳選手。

 

これからの酒井高徳選手の活躍には目が離せませんね。

 

 

スポンサードリンク