レペゼン地球のレペゼンって意味はある?ヒップホップやラップが由来で発祥は?

アーティスト
スポンサーリンク

レペゼン地球と言ったら、とにかくふざけきったグループで、YouTubeにもたくさん動画を投稿していますね。

このレペゼン地球のレペゼンってどういう意味なのか知ってますか?

今回は、レペゼン地球のレペゼンの意味や使い方、そして由来について調べてみましょう。

 

スポンサーリンク

レペゼンの意味はなに?

レペゼンとは、「代表する」という意味を持っていてrepresent(レプリゼント)という英語の動詞から生まれた言葉です。

「レペゼン○○」というと「○○を代表する」という意味になるようです。

つまり、「レペゼン地球」の意味は「地球を代表する」ということなんでしょうね。

非常にスケールの大きな名前ですね。

しかし、自身の社長業も成功して、YouTubeでも人気が爆発している彼らは、そのスケールの大きさに恥じない実力といってもいいのではないでしょうか。

 

 

レペゼンには由来が?

 

レペゼンはヒップホップで生まれた和声の言葉です。

フリースタイルのラップバトルで主に使われる言葉で、自分が何を代表してやってきたのかを表現するために用意られます。

例えば、沖縄から来たラッパーだったら「オレはレペゼン沖縄」という用意使います。

レペゼンという言葉が生まれた一番の理由は、「代表する」というフレーズを表現するのに、「レペリゼント」という言葉はゴロが悪いからでしょうね。

6文字の言葉を4文字に変えるだけでも、ラップで使える言葉の幅が大きく広がるというわけですね。

ラップバトルでは即興でゴロを合わせて、相手へ煽り返さなければなりません。

その中で「代表する」というフレーズを使いやすくするために、自然と「レペゼン」という日本語訛りの言葉がつくられたのでしょうね。

 

 

レペゼンの使い方は?

 

レペゼンは、「○○を代表して」という意味でつかわれます。

しかし、ヒップホップ生まれの言葉でもあるため、一般的な知名度は高くありません。

なので、日常会話で用意ることは難しいでしょうね。

これから、レペゼンが流行語大賞になるレベルで人気な言葉にでもなれば、日常会話でも使っていけるでしょうね。

ラップバトルで使われているように、レペゼンはわりと大げさに表現するときに使います。

ですから、TwitterなどのSNSなどで、ツイートをするときに、大げさに「レペゼン」というフレーズを用意ることで、面白いツイートが生まれるかもしれませんね。

日常会話とは違い、ネットのコミュニケーションツールだったら、趣味の合う方同士でかかわることが多くなります。

そうであれば、必然的に周りの方もレペゼンの意味を理解してくれている人が多くなるかもしれませんね。

 

 

レペゼン地球はYouTuberじゃない!

 

YouTubeに投稿しているので、もちろんYouTuberだと思っている人も多いようですが、DJ社長は「俺たちはYouTuberじゃない!」と断言しています。

その証拠に、彼らの動画には、自分でつけることができる広告を一切貼っておらず、一般のYouTuberのように広告収入を得ているわけではありません。

彼らの夢は「ドームでLIVEをして、自分たちに会いに来てくれるお客様で埋めたい!」というものでした。

YouTubeは、自分を知ってもらうためのツール。

彼らにとってYouTubeとは趣味であり、拡散力という点ではTwitterと変わらない存在のようですね。

YouTubeにレペゼン地球の曲もあげています。

「YSP」は以前いかなり注目を浴びた曲ですね。

もちろん聞いてわかるように、悪い意味で注目を浴びた曲です。

これでレペゼン地球はYSPをうたった馬鹿どもという意味で注目を集めることになりました。

本当に、レペゼン地球はイケメンぞろいですよね。

 

 

まとめ

 

レペゼンの意味は分かりましたか?

レペゼンの意味や使い方についてまとめてみました。

日常会話では使わないと思いますが、SNSなどでうまく使うと面白いかもしれませんね。