ドラマ「ラストチャンス」5話あらすじと4話感想!樫村が下した決断とは?

2018年夏ドラマ
スポンサードリンク

「ラストチャンス」4話が放送されました。

樫村CEOがついに始動!

会社を守るためもするべきことは何なのか?

リストラや閉店とピンチの樫村は美人社長の十和子のもとへ。

さらに元同僚のコンサルタント・宮内からは厳しい一言も…。

会社を守るために樫村が下す意外な決断が。

では、4話感想と5話あらすじをまとめていきましょう。

 

スポンサードリンク

「ラストチャンス」4話感想!

ドラマ「ラストチャンス-再生請負人-」3話感想と4話あらすじ!金庫の中の黒いファイルなんなのか?
ドラマ「ラストチャンス-再生請負人-」3話が放送されました。 大手都市銀行に勤めていた樫村は、突然の財閥系銀行との合併で人生が一転してしまいます。 人生の七味をどう乗り越えていくのかという企業再生ストーリー。 では3話感想...

社長となった樫村が本格的に会社再建に向けて動き出します。

息子と夢のことを話すシーンはかっこよかったですね。

夢を持つって素敵なことですよね。

そこに向かって失敗してもトライする力強さのようなものをこのドラマから感じます。

「デリシャス・フードを中心としたさまざまな人間模様がこれまで以上に混純としてきます。

果たして窮地の「デリシャス・フード」に救いの手を差しのべてくれるところはあるのでしょうか?

宮内さんが悪い人でないことは信じたいですね。

このままだと樫村とぶつかってしまいまそうですが、現実的で非常な決断もやむなしなのか、夢を追う樫村と対立してしまいそうですね。

それぞれの立場と思考が交差する中で社長である樫村はどのような決断を下すのか注目です。

 

 

みんなの感想は?

 

 

「ラストチャンス」4話あらすじ

社員のモチベーションを大切にし、赤字店の整理を先延ばす樫村(仲村トオル)のやり方について、宮内(椎名桔平)は「甘い」と非難する。

さらに、新聞記者から業績悪化について、問いただされる。

そんな中、株価が下がり、倒産を恐れたフランチャイズのオーナーたちが会社に押しかける。

その一人、龍ヶ崎(大鷹明良)は金を返してもらうために、会社の銀行口座を差し押さえると言い出して…。

引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/lastchance/story/

 

 

まとめ

 

銀行からの追加融資が難しいといわれてしまう樫村。

大友から含み損のことを銀行にバラされてしまったようです。

デリシャス・フードの経営についてもさらに追及され、樫村は頭を下げ追加融資を要求していましたが、以前の部下から見下されるようなことを言われ苦虫を噛む思いの樫村。

十和子の提案で名物料理をつくることを提案され、真似るだけではないオリジナリティを混ぜて作ることを助言。

樫村と十和子が以前食べた麻婆豆腐を進められます。

宮内が北京秋天にやって聞きて樫村を呼び出します。

宮内は樫村にモンゴルの空と北京秋天について怒るのか?

5話の放送も楽しみですね。

 

 

スポンサードリンク