ドラマ「ラストチャンス」2話感想と3話あらすじ!樫村が社長に就任?

2018年夏ドラマ
スポンサードリンク

ドラマ「ラストチャンス-再生請負人-」2話が放送されました。

大手都市銀行に勤める樫村は、突然の財閥系との合併で人生が一転。

人生の七味(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)をどう乗り越えていうか。

仲村トオルさんのほかにも、椎名桔平さんや水野美紀さんなど豪華メンバーやスペシャルなゲストが出演。

今回は、ドラマ「ラストチャンス」2話の感想や3話のあらすじをまとめていきます。

 

スポンサードリンク

ドラマ「ラストチャンス」2話の感想!

ドラマ「ラストチャンス」1話の感想と2話のあらすじ!黒幕は宮内と社長?
ドラマ「ラストチャンス」1話が放送されましたね。 大手都市銀行に勤める樫村は、とつぜんお財閥系銀行との合併で人生が一転。 人生の七味(うらみ、つらみ、ねたみ、そねみ、いやみ、ひがみ、やっかみ)をどう乗り越えるのかという企業再生ス...

樫村が就職してから随分と態度が軟化しましたね。

でもあの元部長、上司はうっとうしいですね。

あの手の人とは早めに円を切りたいもんです。

そしてうっとうしいといえば、デリシャス・フードCEO。

立て直しより株価優先ですもんね。

やっぱり怪しいと思います。

彼に従う岸野もどうなんでしょう?

立て直したいのかそうではないのか…

怪しい帳簿を1回隠していたし、おおtもの指示は聞くくせに…。

佐伯隆一がいてくれたことは不幸中の幸いですね。

あと十和子さんの関西弁こそ気になりますが、なかなかいい働きをしてくれますね。

女難の相が出ているというのも気になります。

そして、いつの間にか7億円が100億円!!

これは本当に再建できるのか?

これからどうなるんでしょう。

 

 

みんなの感想は?

 

 

ドラマ「ラストチャンス」3話のあらすじ!

デリシャス・フードはフランチャイズ権をオーナーに売る一方で、将来買い戻すという“裏契約”を交わし、資金繰りをしていた。

“含み損”が百億円以上に上ると知った樫村(仲村トオル)は驚愕する。社長の大友(本田博太郎)は憤り、社長を辞任すると言い出す。誰が次の社長をやるのか…?

緊急取締役会で山本(大谷亮平)は前触れもなく突然、樫村に社長就任を依頼する。困った樫村は妻や子供たちに相談するが…。

引用元:http://www.tv-tokyo.co.jp/lastchance/story/

ドラマ「ラストチャンス-再生請負人-」3話感想と4話あらすじ!金庫の中の黒いファイルなんなのか?
ドラマ「ラストチャンス-再生請負人-」3話が放送されました。 大手都市銀行に勤めていた樫村は、突然の財閥系銀行との合併で人生が一転してしまいます。 人生の七味をどう乗り越えていくのかという企業再生ストーリー。 では3話感想...

 

まとめ

 

ドラマ「ラストチャンス」では企業の闇の部分が徐々に暴かれていきます。

いきなり100億以上の負債を抱えてこれからどうなっていくのでしょう?

いきなりトップスピード並みに面白くなってきました。

これからどう人間関係が変化していくかも見ものです。

 

 

スポンサードリンク