サラリーマンの夢ともいえる「年収1千万円」くらいが一番きつかった…

経済
スポンサーリンク

b44699c74dcbf7999fefe51df59d3d09_s

目標の年収は?と聞かれるととりあえず「1千万円」と答える人が多いです。

 

ちょっとした夢じゃないですか?

 

でも、サラリーマンで頑張って1千万円くらいの年収になっても全然幸せになれず、むしろそれくらいが一番きつかったという夢のない話をよく聞きます。

1千万円プレイヤーになるには?

 

徐々に悪くなっているとはいえ、金融だと役職がつけば1千万円くらい行きます。

 

平均年収トップ500社を見てみると、投資系、マスコミ、商社だと平均年収で1千万円を超えていますよね。

 

「なんだ、銀行や証券、保険つまり金融が全然ないじゃないか」と思ってしまいました。

 

しかし、野村ホールディングスと大和証券グループ本社はランクインしています。

 

これ、持ち株会社だからです。

 

人事や財務といった、本部の社員しかいないとそうなるということなんです。

 

いわゆる「総合職」というひとたちだkを抜き出せば、ランク上位に金融機関は一気に増えます。

 

大量にOLさんを抱えていますからね。

 

もというと、これは上場企業だけの数字なんです。

 

相互会社という形態をとっていて、非上場なんです。

 

 

所得税は年収1千万円のサラリーマンが「草刈り場」

 

あまり知られていないのですが、日本の所得税は累進課税という仕組みになっているんです。

 

ザックリいうと課税所得が330万円以下だと税率10%なんですが、330万円を超えると超えた分は税率20%。

 

うっかり900万円を超えようものならなんと所得税は33%になるんです。

 

実際には各種控除があり、年収と課税所得は一致しませんが、実際に給料が上がって税率が跳ね上がったら、給与明細を見て目を疑います。

 

加えて社会保険料も高くなりますし、各種自治体の補助や今だと高校の無償かなども「ただし年収の高い人は対象外」という条項によりことごとく除外されています。

 

実際には年収600万円と年収1千万円では、同じとまでは言いませんが400万円の収入差はありません。

 

体感ベースでいえば、せいぜい200万円くらいの差ではないでしょうか。

 

仕事ははるかにつらいし頑張っているのに、「何のペナルティだ、これ」って感じます。

 

税の大原則「取りやすいところから取る」ことを徹底した結果、頑張った人間にペナルティを与える仕組みになってしまっているんです。

 

 

自分への「ご褒美」消費や周りと比較してしまう

 

多くの1千万円プレイヤーが「こんなに頑張っているんだから」と「ご褒美」にお金を使ってしまいます。

家を建てたり、良い車に乗ったり。

 

他にも海外旅行やちょっといいホテル、有名なレストランでの食事、衣服や靴に腕時計、ゴルフの道具やブランド物に行くこともあるでしょう。

 

周りを見渡せば子供を私立中学に行かせるのが当たり前になっているし、塾に習い事と「恥ずかしくない」レベルが高くなってしまいます。

 

その結果、お金は思ったように貯まらず、焦ることになります。

 

「でも、もっと頑張ればいずれはもっと楽になるはず…」確かンい昔はそうかもしれませんが、残念ながら今は違います。

 

1千万円の壁を超えて、2千万円プレイヤーになる道は、かなり狭き門です。

 

その過程におけるストレスも過酷なものです。

 

ストレスを消費に逃がしたら、年収2千万円でもやっぱり貯金はできないでしょうね。

 

 

強い意志がなければ貯金は無理!

 

年収1千万円のサラリーマンは、よほど強い意志を持っていなければ貯金はできません。

 

今は年収が低いから幸せになれていないのだと感じているあなた。

 

実はそれは根本的な原因ではありません。

 

驚くべきことに年収1千万円になっても、それだけで幸せになれることはないのです。

 

もちろんこれは、企業をしていても本質的には一緒です。

 

税金などには少しくらいの対策は打てますが、「稼ぎさえすれば幸せになれる」というのは残念ながら幻想にすぎません。

 

お金がないよりはあった方がいいに決まってますが、収入を増やす努力は必要です。

 

しかしそれ以上に、「何のためにお金を稼ぐのか」「自分にとって幸せとは、どういう状態であるのか」を知ることがより大切なのだと考えられますが、あなたはどう思いますか?