やりたいことが全くない人でも新しい企画を作る方法!

雑学
スポンサーリンク

c8cae96b14cf8d559965a890b8b90c23_s

ビジネスのヒントは「ボツネタ」にあるんです。

 

では、過去にボツになったアイデアを紐解いて、売れる商品を分析してみました。

 

企画がボツになりがちな人でも、新しい企画をどんどん作れる方法があるんです。

企画の材料は気づいていない自分の欲求

 

「会社から新規格の提出を求められるが、いい案が浮かばない」

「新しいビジネスを始めたいと思っているが、何をやっていいかわからない」

いろんなビジネスマンと話していると、こんな声を聞かない日はありません。

 

「新しいことをやりたいけど、何をしたいかは特に思いつかない」

という人は、世の中にはたくさんいるのではないでしょうか。

 

その状況はへんでもなんでもなく、ごく普通に起こること。

 

以前は自分自身もそうでした。

 

「あれをやりたい、これをやりたい」というように、次々にやりたいことを思いつくような人間ではなかったのです。

 

商品企画するしごとをしていながら、自分自身は欲しいものがたくさんあるタイプでもなく、新しいことが起こらなくても、大人しく暮らしていれば満足な人間でした。

 

実はたくさんある「自分の欲求」というものに、気がついていなかったのです。

 

このような人は、実際に多くいると思います。

 

そして、早凛男キーワードが入っていたリ、他社の成功事例を踏襲していたリはするけれど、自分の欲求が全く入っていない、つまり自分自身は欲していない企画を提案してしまったりしていませんか。

 

自分でも欲しくない企画が成功するはずはありませんし、提案してボツになるのは目に見えています。

 

 

誰でも、たくさんの「欲求」を持っている

 

黙っていても、いろいろなことへの興味関心が尽きず、自分の内側から自然とやりたいことや欲しいものがあふれてくる人であれば、企画が思いつかずに困ることなどというようなことはないでしょう。

 

しかしそんな人は特別な存在です。

 

たいていの人は、そんなに次から次とやりたいことなんて出てこないのが普通ですし、いろいろな欲求を潜在的に心の中に眠らせているはずです。

 

以前の僕は、自分緒欲求がそれほど顕在化しているわけでもないうえに、さらに「アイデアや企画は自分のセンスで作るものだ!」という勘違いをして、自分の頭の中だけで企画というものを考えようとしてしました。

 

頭の中にある情報、すなわちアイデアの材料はもちろん限られているので、いくらそれをもとにしてアイデアを考えようとしても、同じような思いつきばかりがぐるぐると頭の中を回るような状態になっていたのです。

 

 

誰でもたくさんの「欲求」を持っている

 

黙っていても、いろいろなことへの興味関心が尽きず、自分の内側から自然とやりたいことや欲しいものが触れてくる人であれば、企画が思いつかずに困るなどというようなことはないでしょう。

 

しかし、そんな人は特別な存在なんです。

 

たいていの人は、そんなに次から次とやりたいことなんて出てこないのが普通です。

 

いろいろな欲求を潜在的に心の中に眠らせているはずです。

 

以前の僕は、自分の欲求がそれほど顕在化しているわけでなく、さらに「アイデアや企画は自分のセンスで作るものだ!」という勘違いをしていて、自分の頭の中だけで企画というものを考えようとしていました。

 

頭の中にある情報、すなわち藍でエアの材料はもちろん限られているので、いくらそれをもとにしてアイデアを考えようとしても、同じような思いつきばかりがぐるぐると頭の中を回るような状態になっていたのです。

 

そこからしばらく時間をかけて、企画のヒントになる情報をもっと外に探しに行かないとダメだと、ようやく気付くことができました。

 

対した人生経験もない自分が、大勢の人を喜ばせる企画をつkるには、ネタを集めなければならない。

 

そして、企画の材料になりそうなメモを取っていき、それをもとに聞かうを考える方法を自分なりに試行錯誤していった結果、現在のように、企画を作ってビジネスができるまでになったのです。

 

メモを取り続けることで、自分の中には実に様々な欲求があるということにも気が付きました。

 

今では、実現したい企画が常に多すぎて追いつかない状態になっています。

 

 

自分の「欲求」を「お題」にかけ合わせてアイデアを量産しよう

 

僕はこの先「一生企画に困ることはない」と公言しています。

 

その理由は、特殊な才能があるからでもなければ、人の何十倍も努力しているからでもありません。

 

日々、企画の材料になるメモを取り続けて、それをもとに企画を生み出す仕組みを試行錯誤したうえ、手に入れたからです。

 

その仕組みを簡単にいうと、自分が欲求を感じた物事を普段からメモしておき、考えたいお題に様々な自分の欲求をかけ合わせて新しい企画を作るという方法です。

 

例えば、ヘルスケアアプリの企画を考えたいという仕事の「お題」に、最近感じた「家事のお手伝いさんを呼んでみたい」という欲求をかけ合わせて応用すると、「運動したい人同士、家に呼び合って、運動をサポートし合えるアプリ」というような企画を思いついたりします。

 

嫌なことを誰かに手伝ってもらいたいという欲求を、他の形で応用するということです。

 

このように、自分でもまだ気づいていなかった洗剤欲求をたくさん発見し、それを別ジャンルのお題に応用していくという方法で企画のアイデアは量産できます。

 

それで出てくるアイデアは、おそらくほとんどが、あまりいいアイデアではなかったり、実現が難しかったりする、いわば「ボツネタ」になるでしょう。

 

でも、もしボツネタを楽しみながら出し続けて、100個のアイデアを作ることができれば、100個中1個のアイデアは必ず手に入ります。

 

その方が、いいアイデアを一発で見つけようとしてどうしていいかわからなくなるよりもはるかに確実な方法なんです。

 

たくさんのボツネタの先に、心から「欲しい」と思える企画を発見することができるのです。