口臭の原因や対策をしってますか?努力で口臭は治せる!

口臭の原因や対策をしってますか?努力で口臭は治せる!

7f418be16ff229275d0670150ea529e0_s

あなたの周りに口臭が臭う方がいませんか?

 

みんなで話していると変な臭いがしたことありませんか?

 

もしかしたらあなたも臭っているかもしれません。

 

歯磨きはしたはずなのに、なぜ臭いがするか解説しましょう。

自分の口臭は大丈夫?

 

自分の口臭のニオイはどうですか?

 

はっきり言うとわからないですよね。

 

それならどうやって口臭のニオイがわかるのでしょう?

 

実は、マスクでわかるんです。

 

自分でマスクをしてみて、少し時間を置いてからマスクのニオイをかいでください。

 

どうでしたか?

 

実は、自分のニオイが鈍感になってしまうことは嗅覚疲労といいます。

 

味覚が麻痺している状態なのでニオイが鈍感になるそうです。

 

 

なぜ口臭は臭うのか?

 

口臭が臭くなる原因のひとつには唾液があります。

 

口臭が唾液のようなにおいから唾液にニオイがもととなる揮発性硫黄化合物を作りだします。

 

これが口が臭くなる原因なんです。

 

唾液のほかにも舌の上に雑菌が付着していることになります。

 

舌の上の舌苔に、原因部室が多く発生していると言われています。

 

それでは揮発性硫黄化合物はどこに発生しているのでしょう?

 

この揮発性硫黄化合物は最近です。

 

口腔内で集まる場所があります。

  • 歯垢
  • 舌苔
  • 脳腺
  • 脳汁

のどれかに該当します。

 

 

舌苔を清掃ましょう!

 

舌苔を清掃するには歯磨きならぬ舌磨きをしましょう。

 

舌磨きはそれ専用のブラシか歯ブラシ、もしくは綿棒を使いましょう。

 

歯ブラシのやり方なんですが、強く磨いたりゴシゴシするのではなく、下に負担をかけずに優しく行いましょう。

 

 

起床時など1日1回のケア!

 

口臭が気になると、何度も舌磨きがしたくなるかもしれません。

 

しかし、下への負担を軽減するために、1日1回が望ましいでしょう。

 

 

歯磨きの前に舌磨き!

 

舌磨きをしてから歯磨きをするようにしましょう。

 

歯磨きをした後に舌磨きをすると、口臭改善どころか、逆効果になりかねないと言われています。

 

 

舌磨きでかける力は100グラム

 

100グラムの力加減といわれても、今一つイメージできませんよね。

 

はかりで100グラムを示す程度の力加減ですから、きわめて弱い力であるといえます。

 

実際に、家庭用のはかりなどを使って、100グラムの力加減を確認してみるといいでしょう。

 

 

口臭の種類とは?

 

生理的口臭とは?

 

起床後、空腹時、緊張時などは口臭が強まるといいます。

 

唾液の分泌が減少し、最近が増殖し揮発性硫黄化合物が発生するといいます。

 

歯磨きで細菌や揮発性硫黄化合物が減少するには、食事や水分を積極的に補給することで唾液量を増加させれば、急激に口臭は弱まるといいます。

 

 

女性の生理・妊娠時

 

ホルモンバランス変化に伴う口臭、乳幼児期、学童期、思春期、成人期、老年期、加齢臭、民族的な口臭などがあります。

 

 

生理的口臭の特徴

 

病的口臭は、口をあければ臭うというわけではありません。

 

口臭が臭う方は不快を感じる距離として30cmいないといいます。

 

 

臭うものを食べれば臭うかも!

 

にんにく、ネギ、酒、たばこがあります。

 

一時「牛乳を飲めばいい」といった噂もありましたが、ほとんど効果はありません。

 

 

歯周病

 

歯周病は、歯槽膿漏からくる、歯茎から血が混じりひどくなれば膿が混じる症状です。

 

膿のせいで口臭が臭くなります。

 

また、虫歯や歯垢、歯石、舌、口腔感、その他、いろいろなケースがあります。

 

 

自分の口臭がわからない!

 

自分の口臭を知るにはどうすればいいのか?についてお話ししましょう。

 

いろいろやっても自分の口臭については鈍感です。

 

どうやってもわからない場合は口臭チェッカーがあります。

 

値段も手ごろで2,000~3,000円くらいといわれています。

 

やり方は簡単で、自身の息を吹きかけるだけです。

 

 

口臭は、口腔が問題といえません

 

口臭は虚空内だけが問題ではありません。

 

内臓からくる臭いもあるのです。

 

胃腸からの臭いは食道を逆流して口にでるゲップが多いといわれています。

 

そのほかにも胃腸が悪くないと腸内でガスが発生し、口臭に影響が出ることも。

 

ガスは腸管に吸収され、肺を通り呼吸で吐き出したときの息に混じることがあります。

 

この現象は、胃腸が原因の口臭です。

 

 

病気が口臭の原因といえます

 

胃腸からの臭いが臭いといいましたが、もしかしたら病気という可能性もあります。

 

次のような病気から、口臭がひどくなることもあります。

  • 口腔がん
  • 鼻やのどの病気。副鼻腔炎(蓄膿症)や咽頭炎、喉頭炎などの炎症
  • 消化器系の病気
  • 呼吸器系の病気
  • 糖尿病
  • 肝臓疾患

これらの病気のときは、口臭に気をつけてください。

 

 

すぐに口臭は消えます?

 

ウーロン茶などはタンニンという成分に雑菌作用があり、口腔内のさいきんおぞうしょくを防ぐことができるといいます。

 

口腔内に雑菌が増え口臭が悪化するケースもあり、ウーロン茶は雑菌を排除し口臭の予防にもなります。

 

 

まとめ

 

口臭は、自分ではわからない症状です。

 

相手が自分の吐く息が臭ければ顔をしかめるか、鼻に手をやるかです。

 

ただ、口臭が原因には内臓が悪いという場合もあります。

 

もし、自身で思い当たることがあれば病院で診察してみることをおすすめします。