大企業に入社した若者はなぜ3年で辞めてしまうのか?

経済
スポンサーリンク

c38dbf84e08f8150d49ded7e11cff3d1_s

「石の上にも三年」といいますが、入社して数年で辞めてしまう若者が多いのは事実です。

 

仕方なく入った会社であればそうしたことがありそうですが、学生に人気の大手企業、自ら希望して入社した企業でも例外ではないようです。

 

今回は数年以内に最初に就職した大企業を辞めた人にその理由を聞きました。

自分の力を試したかった

 

都内の私立大学を卒業して、大手金融機関に就職しました。

 

その金融機関は現在でも人気で、金融機関を希望する学生は一度は入社を夢見るのではないでしょうか。

 

では、なぜ辞めてしまったのでしょうか。

 

「入社して2年目の冬にもともと憧れていた外資系金融機関の募集がありました。そこの面接を受けたら合格したので、3年目の春に転職しました」

 

外資系金融機関は休養などの待遇も良いといいます。

 

そういったところにも惹かれたのでしょうか。

 

「もちろん給与が増えるというのは転職するうえでは重要な要素だとは思いますが、それだけではありませんでした。自分の実力が資本市場でどの程度まで通用するのか試したかったんです。日経金融機関では自分の実力なのかチームの実力なのかわからないような評価体系でしたから」

 

個人のパフォーマンスを直接評価するシステムは働くモチベーションが湧くのでしょうか。

 

「自分の成績がすべて給与に反映されるわけですから、それはもちろんやる気になります。すべて自分の責任です。外資系のやり方が水にあったのか、その後10年も同じ会社にいました」

 

 

年功序列と給与に不満

 

国立大学を卒業後、シンクタンクに就職しましたが、3年で退職をしています。

 

なぜ辞めてしまったのでしょうか。

 

「もとから3年で辞めて違う業種を経験しようと思っていました。会社の雰囲気は嫌いではなかったのですが、裏を返せばのんびりしているというか、正直、年功序列貫と給与は耐えがたかったです」

 

その後はどこに就職したのでしょう。

 

「日系金融機関に転職をしました。大手メガバンクグループということで仕事のスキルとノウハウを身に着け、ネットワークを構築することを目的としていました。ただ、銀行系のカルチャーにはなじめないと始めからわかっていないので、ひと通り経験したら外資系金融機関に転職をしようと思い、そうしました」

 

日系金融機関は学生の憧れの就職先ですが、未練はなかったのでしょうか。

 

「今振り返っても、仕事そのものや人間関係はすごく楽しかったです。ただ、繰り返しますが、銀行系のグループは外様からすると息苦しい仕事環境かもしれません」

 

 

会社都度に振る舞わされ続けた会社人生活

 

関西の私立大学を卒業後、大手鉄道会社に就職。

 

入社数年後、グループ会社に出向する予定がほぼ決まっていたにもかかわらず、トップマネジメント交代により急遽社長をサポートするチームに移動したそうです。

 

「もともと企画畑が長く、スキルを伸ばそうと企業派遣での大学院受験を希望していました。ところが『若いうちに現場に出ないと将来役に立たなくなるから』という理由で応募を認めてもらえなかったんです。なのに結局のところ移動先はまた管理部門。キャリアとは何の関係もないじゃないか、と思いました」

 

それ以前にも玉突き人事を経験していたという彼はこれを機に「つくづく会社の都合に振り回されるのが嫌になった」といいます。

 

30歳を気に退職し、現在はベンチャー企業に勤めています。

 

「自分がやるしかないプレッシャーで身震いする日もありますが、やりがいはありますね。でもなんだかんだ言ってアットホームで雰囲気は良かったですし、退陣コミュニケーションの基本や仕事との向き合い方を教えてくれたのは、やはり新卒で入社した会社の先輩や同僚だと思っているんです。その点はトン等に感謝しています」

 

 

まとめ

 

いかがでしょう。

 

3年で退職というと「職場に合わない」など後ろ向きな理由の人が多いように思われがちですが、前向きな理由で辞める人も思いのほか多いようです。

 

中には「3年もいれば十分」という人もいますが、みなさんはいかが思われますか。