年収1000万円のハイスペ男子の理想のタイプはちょっと贅沢?

雑学
スポンサードリンク

742e173861bafef68b6fad950bce7137_s

彼氏募集中の女子の中には「年収1000万円超えのハイスぺ男子」を習っている人もいるはず。

 

けど、あなたが彼らの好みの女子じゃない限り、お付き合いに発展するのは難しいでしょう…。

 

そこで今回は、今まで実際に出会った年収1000万円超えの男子の意見をふまえ、彼らが求めている女子について紹介します。

 

ハイスぺと呼ばれている彼らは、こんな女子とお付き合いしたいようです。

スポンサードリンク

駆け引きをしない女子

 

多くの年収1000万円超え男子は仕事が好き。

 

日頃から仕事に専念しているため、恋は二の次になりがちです。

 

そのため、恋愛では自分から好きな子にアプローチしますが、振り向かない子や変に駆け引きする子を追いかけることはありません。

 

疲れるし時間の無駄だからです。

 

交際前に「仕事が忙しいし、年齢も年齢だからそんなに恋愛に没頭することないかなぁ。恋愛対象になれる子で自分のことを好きになってくれる子がいいね。駆け引きとかは面倒だから、ストレートに好きになってくれる子が理想」と言っていました。

 

彼らが求める女子って、アプローチに答えてくれて自分のことをまっすぐ好きになってくれる女子なんです。

 

 

母性的なやさしさと秘書的なやさしさをのある女子

 

IT系の社長と会食したときに、好きな女子のタイプを聞いてみました。

 

彼曰く「優しい子。母親っぽい優しさもそうだけど、秘書的な優しさや気遣いがあれば、なおよし」とのこと。

 

母親のようン見守るような優しさもそうですが、仕事に専念できるようにテキパキと彼をアシストできる女子は、忙しい男子からすればとてもありがたい存在です。

 

よく「ほんわかした癒し系女子が男子にモテる!」といいます。

 

確かに、1000万円超えの男子も癒し系の女子が好きでしょうが、アシスタントもできる女子の方がパートナーとしては長く続くかもしれないですね。

 

 

人に紹介しても恥ずかしくない女子

 

とある上場企業の社長に「男性が本命視する女子ってどんな子?」と質問してみました。

 

その社長は、「知的差は必要だろうね」と言っていました。

 

また、大手証券会社に勤める男性に「付き合う上で女性の知的差は必要?」と聞いた際は「まぁ、おバカな子は本命にはしないかなぁ。コミュニケーションとるの大変そうだし、誰感い紹介すrとき恥ずかしい思いするのは嫌だよね」と言っていました。

 

遊びではなく本気で付き合う場合には、やはり知的な部分は必要なようです。

 

年収1000万円超えの男子たちは、いろんなことを犠牲にしてその地位を手に入れています。

 

プライドもそれなりにあるでしょう。

 

隣に連れて歩く女子も、それなりのレベルの女子を求めているのかもしれないですね。

 

 

スポンサードリンク