誰でもお金持ち体質になれる「1日15分整理術」!

経済
スポンサーリンク

79857a1193685112791775c6883a8761_s

片付けが苦手という方も多いはずです。

 

でも諦めるのはまだ早い!

 

「整理整頓」の要素を分けることで、彼もが片付けの達人になれるんです。

 

片付けスイッチを入れる方法があることを知っていますか?

1日15分だけ!整理整頓するだけで「お金持ち体質」に!

 

お金持ちになるために特別な能力も超人的な努力も必要ありません。

 

毎日15分、身の回りを整理整頓するだけ。

 

「片付け」は自分自身と生活を振り返り、本当に大切なものは何なのか教えてくれるきっかけになります。

 

「貧乏スパイラル」を脱して、「お金持ちスパイラル」に飛び込むために「片付け」の奥義を学んでいきましょう。

 

「整理」の4ステップを実践することでスイッチが入る!

 

片付けがお金持ちになる第一歩だということがわかっても、中にはどうしても片付けられない、という人もいるかもしれません。

 

苦手だという人に多くみられるのが、良い気に片付けてしまおうとすることです。

 

何事も一度にやってしまおうとすると大変です。

 

片付け=整理整頓にもいくつかの要素があり、それを分けて段階ごとにこなうことがコツです。

 

まず「整理整頓」といいますが「整理」と「整頓」にわけることです。

 

私は「整理」とは「減らすこと」であり、「整頓」とは「使いやすいように配置すること」だと考えています。

 

企業などの研修でも個人の相談でも、私はまず「整理」だけを徹底的にやりましょうといいます。

 

今あるもの、持っているものの中で必要なものと不要なものに分け、不要なものを捨てるのです。

 

そのステップを4つに分けると

  • 外に出す
  • 分ける
  • 減らす
  • しまう

しまっているものをいったん「外に出す」ことがポイント!

 

たとえばデスクを整理する場合、まずデスクにあるものをすべて外に出してしまいます。

 

近くのテーブルでも机でも何でもかまいません。

 

本田ての中に入っている本や書類、机の上にある文具や引き出しい入っているものを一度外に出します。

 

収納されていたものを外に出し顕在化することで、必要なものが不要なものがよくわかるのです。

 

外に出さず、机の上のものなら机の上、引き出しなら引き出しで、その場で捨てるものを選び分ければいいじゃないかという人がいますが、それではダメなのです。

 

ものをいったん外に出すことで全体が見渡せるので要・不要がはっきりわかるようになるんです。

 

捨てるにあたっての覚悟も強くもつことができるのです。

 

 

整理する範囲を絞り込み、1か所15分単位を原則にする!

 

その際のポイントは「範囲をしっかりと決める」こと。

 

たとえば机ならば「机の上」「正面の大きな引き出し」「袖の引き出しの一つずつ」というように、エリアを分け、一つのエリアごとに整理していくのです。

 

一度にすべてをやろうとすると大変な作業になり嫌になったり、適当になったりします。

 

こうして確実にエリアを絞ることでそれが避けられます。

 

エリアを細分化し、一つのエリアの整理を15分で行うようにしましょう。

 

無理せず、1日1エリアでもいいのです。

 

こうして確実にエリアを整理していくことで、片付けが苦手な人でもこなしていくことができるようになります。

 

ちょっとした達成感を積み上げていくことで、いつしか整理することが楽しくなっていきます。

 

 

思い切って「捨てる」ことが次のステップになる!

 

要・不要の判断の基準はどこに置くのか?

 

これもよく質問されることですが、文房具なら「直近1ヶ月で使ったかどうか?」。

 

使ったものは「一軍」として集め、使わなかったものを「二軍」として別に保管します。

 

そして暫定期間を1ヶ月設けて、その間に二軍の文具で使ったものを一軍に昇格させ、使わなかったものは共有物として別な場所に保管するか、必要としている人にあげてしまいましょう。

 

何かと貯まりやすい書類や資料は過去1年間で使ったかどうかで判断しましょう。

 

使わなかった書類は捨てる。

 

あるいはデータで保管されているもの、インターネットで見られるものに関しては迷わず捨てましょう。

 

こうしてまずは「整理」だけに集中して取り掛かることがポイントです。

 

余計なものを捨てたら、とりあえず元の場所に戻す。

 

ここで無理に「整頓」までしなくて良いのです。

 

「整理」だけでいいので、まずはクリアすることが大事です。

 

 

冷蔵庫が貯蔵庫になってませんか?

 

主婦の方であればキッチン、とくに冷蔵庫の整理を意識してみてください。

 

もはや食べることもないような冷凍食品が幅をきかせていませんか?

 

冷蔵庫は食品を冷やすものであって、貯蔵庫ではありません。

 

残念ながら貯蔵庫のまま、食べない食品をひたすら冷やし続けるだけの箱になってしまっていることが多いのです。

 

思い切って食品をすべて取り出し、思い切って捨ててしまいましょう。

 

そして冷蔵庫の内壁やボックスをキレイに拭いたり、洗ったりしてください。

 

すっきりと空間ができ、貯蔵庫から本当の冷蔵庫にできるはずです。

 

きっとあなたの体や気持ちまですっきりと軽くなったように感じられるはずです。

 

 

「整理」」を徹底した後で「整頓」する!

 

「整理」ができたら、今度は「整頓」です。

 

モノの配置を決め、収納し、管理するのです。

 

たとえば文具の収納であれば机の中を細かく間仕切りできる引き出し生理ボックスなどがおすすめです。

 

ペンやハサミ、ホチキスや定規などの文具などにばしょを決めて間仕切りし、必要なもの以外はそこに入れないようにするのです。

 

こうすることで管理ができると同時に、不要なものをため込まないようになります。

 

書類であれば、例えば机の一番下の深い引き出しを5つのボックスに分け、使用頻度の高い書類を手前、億に使用頻度は低いが重要な書類を収納するようにします。

 

こうすることで雑然としていた書類のやまを探す手間が省け、必要な時にすぐに必要な書類を取り出すことができるようになるでしょう。

 

整理がしっかりできるようになれば、自然と要・不要の選択ができるようになり、不要なものを捨てる習慣ができるようになります。

 

そのリズムができれば、整頓の方は自ずとできるようになっていくのです。

 

そして不思議なことに思考自体が整理され、判断の速さや行動パターンが変わってくるのです。

 

すると仕事の仕方や生活の仕方も変わってきます。

 

お金の使い方やお金に対する向き合い方も変わってくるのです。

 

無駄なお金を使わず、必要なものを必要なだけ買う。

 

時間の余裕も生まれ仕事の段取りも上手くできるようになる。

 

自然にお金が稼げ、お金が貯まるタイスつに変わっていきます。