株やFXの専業デイトレーダーってどんな生活してるの?

株やFXの専業デイトレーダーってどんな生活してるの?

de2f862b375707dd574336617b8e09d0_s

2012年末からの株や貨幣変動で、再び投資に手を出し始める人も増えてきています。

 

専業デイトレーダーに憧れる人も少なくないようです。

 

実際、デイトレーダーの生活はどんな感じなのか?

 

今回はデイトレーダーの生活についてまとめてみました。

スポンサードリンク

デイトレーダーってなに?

4a9c2752411dc739f096476fc6a15e6c_s

個人投資家のハンスを占めるといわれているデイトレーダーの定義とは?

 

デイトレーダーとは、1日の間に取引を完結してしまい、取引を何度も繰り返している人のことを言います。

 

株式・債券取引やFX、商品先物取引など流動性の高い取引を行っている人が多いです。

 

 

その生活の中身とは?

 

場が開いている間は、ずっと何枚ものモニターを眺めていて注文を出し続けているので、トイレに行くこともできません。

 

集中力や体力が必要なので、「重労働」と表現する人もいるほどです。

 

デイトレーダーの中には、海外市場も対象にしている方がいます。

 

こうなると、夜中が取引の時間帯になったりしますから、慢性的寝不足になったりもします。

 

トレードの対象によって、生活時間は異なってくるということです。

 

労働時間は意外と長いのではないかと思う方もいるでしょう。

 

でも、そんなことはありません。

 

多くのトレーダーは午前中の2時間だけという方が多いです。

 

実際の労働時間は短いようですが、そのほかの時間を投資の勉強や研究に時間を費やしている人も多いです。

 

 

デイトレードは自分との闘い!

 

心理的な負担が多すぎるため、すぐにやめてしまう人も多いデイトレーダー。

 

特に難しくて重要なのは、自分の心のコントロールです。

 

精神的にすぬほどつらい。

 

でも、「面白さ>辛さだから今までやってこれた」という方も多いようです。

 

欲との勝負で、売ったあといくら上がっても悔しいと追いかけないことや資金の管理をきちんとすること、地合や様子を見て休むことができることが重要になってきます。

 

長年のトレーダーたちは、失敗を何度も重ねて、自分なりのルールを持っているようです。

 

 

実際に損している人が多い!

 

デイトレーダーは夢の大きな職業ですが、リスクもかなり大きい職業といえます。

 

単発的には1年で1000万円以上稼ぐ人は一定の割合でいるでしょう。

 

でも今後5年、10年、20年と稼ぎ続けられるかというと「?」ですね。

 

最終的にプラスになるのか、マイナスになるのかはその人次第。

 

デイトレで儲かっているのは一部の人で、90%の人は損しているといわれています。

 

簡単にはいかないのが現実ということでしょうね。

 

FXで経験1年ほどの主婦が設けているというニュースはよく聞きますが、圧倒的に負け組の方が多いようです。

 

期的に勝ち続けられるのは1割もいないと思います。

 

デイトレーダーはプロスポーツの世界と同じで特殊な才能と努力が要求されます。

 

1日で数千万円以上の資金をぶっ飛ばしたという話もちらほら聞いたりもしますね。

 

儲かるらしいというだけでやるのは危険ですね。

 

やはり難しい世界。

 

専業でやるなら、よく考えてからにした方がよさそうです。

スポンサードリンク