緊張は頭皮に悪いといわれている理由とは?

抜毛・薄毛・育毛剤
スポンサーリンク

cc4ac752a28ab539855c83754c790ad1_s

緊張することが頭皮に悪いといわれることがあります。

 

緊張と頭皮にはどういう関係があるのか?

 

頭皮に何が悪いのか気になりますよね。

 

緊張が頭皮に悪い理由やアフターケアなどについて調べてみました。

 

緊張が頭皮に悪い?

 

頭皮が硬くなる

 

緊張すると、身体のあちこちにギュッと力が入ってしまいますよね。

 

人が緊張している時、実は身体だけでなく、表面の皮膚もギュッと硬くなってしまうんです。

 

緊張をすると顔もこわばってしまいますが、この時顔の皮膚もギュッと硬くなっているんです。

 

しかも、顔の皮膚と頭皮は一枚で繋がっているため、頭皮も硬くなります。

 

すると頭皮の気行も悪くなり、髪に必要な栄養が十分に届かくなるため、抜毛や切れ毛、白髪などを増やしてしまう可能性があります。

 

 

脂汗

 

緊張すると「脂汗を書く」といいますが、これは本当のことで、汗が脂っぽくなります。

 

緊張してストレスが多くなると、男性ホルモンのテストステロンの分泌が盛んになり、皮脂がたくさん出やすくなるんです。

 

頭皮にベタベタの脂汗をかくと、毛穴によれや皮脂が詰まりやすくなり、不潔な状態を作ってしまいます。

 

皮脂が参加すると頭皮の匂いもひどくなりますし、髪が細くなって抜け毛が増えてしまう可能性が高いんです。

 

緊張をして頭皮が硬くなってしまったら、そのまま放置してはいけません。

 

ちゃんとはやめのケアを行いましょう。

 

 

緊張した後の頭皮のケア!

 

マッサージ

 

近著して頭皮に脂汗をかいてしまったら、まずシャンプーをして頭皮をキレイに洗ってあげましょう。

 

スカルプケアができるシャンプーを使うと、毛穴に詰まった皮脂や汚れもスッキリ落とせます。

 

そして、硬くなってしあった頭皮をマッサージしながらほぐします。

 

頭皮が指で持ち上げられるくらいまで柔らかくなったら、血行がかなり改善されている証拠。

 

ただし身体が緊張したままだとまたすぐに血行が悪くなってしまうので、頭皮のケアだけでは不十分です。

 

 

ぬるめのお風呂に浸かる

 

おすすめなのが、ぬるめのお風呂につかることです。

 

お湯の温度が熱すぎると筋肉がこわばってしまってしまうので、38℃くらいが目安になります。

 

ぬるめのお風呂に浸かり、緊張した気持ちやストレスをできるだけ忘れてリラックスすると、全身の筋肉や皮膚の緊張はほぐれていきます。

 

全身の血行が良くなり、毛根にしっかり栄養が届きやすくなるんです。

 

仕事などで緊張する場面が多い人には、リラックスする時間を儲けることをおすすめします。