自宅で自然と集中できる3つのコツ!ダラダラは卒業しよう!

雑学
スポンサードリンク

f2a2ec19ae84e3ac6cabb69b73f337de8d1af7e4

お金も、時間もかからない!でも難しい…。

 

「家で集中できる」方法ってあるのでしょうか?

 

自宅にいるときはついダラダラしてしまいがちですが、自然と集中できるコツについて紹介していきましょう。

 

スポンサードリンク

 

やる気がなくなりダラダラしてしまう行動とは?

n9-1

遅い時間に起きるのはNG

 

遅く起きてしまうと、不思議とモチベーション上がりませんよね。

 

生活リズムが崩れてしまうので、休日でも極端に遅い気性はNG。

 

予定よりも遅く起きてしまうと、なぜかやる気がなくることってありますよね。

 

 

座りっぱなしはダメ!

 

煮詰まったら、ちょっと体を動かしてみましょう!

 

座りっぱなしの生活は寿命を縮めるだけでなく、記憶力の低下にもつながります。

 

身体を動かすことは眠ることと同様、脳にとっては非常にいい疲労回復なんです。

 

 

心と体が喜ぶアイテムたち

 

白色蛍光灯であれば脳を活発に活動させやすくなりますので、「光量が強い白色蛍光灯」がおすすめです。

 

集中力を持続させる効果のあるエッセンシャルオイルの力を借りてみましょう。

 

ペパーミントはいかがでしょうか。

 

ポスターや絵画などの視覚的な刺激はインスピレーションを与えたりモチベーションを上げたりします。

 

 

椅子選びも重要!

 

重要な時間を過ごすためには、机といすを書いて気にすることは必須です。

 

そのため、エルゴノミクスデザインな椅子を買うことは非常に重要です。

 

  • 椅子選びのポイントとしては
  • 足の裏がピッタリ床につく
  • 膝の角度が90度になる
  • 膝の裏に圧迫感がない
  • 背もたれにピッタリ背中がつく

 

 

意識してメリハリをつけることもも重要

6801-054-1

基本中の基本は余計なものは置かない

 

テレビやゲーム、携帯などついいじって今いそうなものはすべて目に入らないところに移動することが重要です。

 

 

ゴールを決めておく

 

何時まで勉強する!ということを明確にしておきます。

 

眠くなるまで、とか集中力が切れるまでと、どうしてもダラダラしてしまいます。

 

「19時になったらシャワーを浴びる」など、仕事終わりのスイッチを決めましょう。

 

 

自分へのご褒美を用意する

 

見たいテレビが始まるまで、夕食までなどわかりやすい方が頑張れます。

 

 

自分にプレッシャーを与える

 

周りに同じように頑張っている人がいないので、プレッシャーがかかりません。

 

そこで別のことで、自分にプレッシャーを与える必要があります。

 

適度な緊張感は扁桃体を活性化するので、海馬の記憶力がアップし、集中力も増します。

 

たとえばカーテンを全開にして、外から丸見え状態にする。

 

そうすることによって、ある程度の緊張感が生まれます。

スポンサードリンク