お金持ちになりたいなら「お金の使い方」を考える!

経済
スポンサーリンク

8b38b3da8a29caf8e8243a3977909eb6_s

お金持ちと貧乏人は「お金の使い方」が違うようです。

 

お金持ちになるための、上手なお金の使い方とはどのような使い方なのか?

 

お金を何に使っているのでしょう。

 

 

スポンサーリンク

お金持ちと貧乏人は「お金の使い方」が違う

 

実はお金持ちと貧乏人のお金の使い方には、決定的な差があります。

 

お金持ちは、お金の使い方が上手い人です。

 

というより、お金の使い方が上手だったから、お金持ちになれたのです。

 

お金の使い方を見直さない限り、収入が増えても、結局はまた貧乏に逆戻りしてしまうんです。

 

 

上手なお金の使い方とは?

 

「体験」にお金をかける

 

同じお金を使うなら、物よりも体験を買う方がより満足感を得られて幸せになれるという研究が昨今では流行っています。

 

人は、物を買うよりも、プライスレスな「体験」の方が記憶に残るし、満足度が高いのです。

 

考えてみれば、旅行や休暇は楽しかったおもいでをたくさんくれますが、デジタル機器を買ったところで将来アップグレードしなければいけませんよね。

 

ある調査では、参加者のうち57%の人がお金を出して何かを体験した時に幸せを感じ、34%の人がものを買うことで幸せを感じているという結果が出ています。

 

 

「自己投資」をする

 

自己投資は、失敗がない確実な投資先です。

 

投資先に迷ったら、まず自分に対してお金をかけることです。

 

使ったらなくなるお金を、使ってもなくならない財産に帰ることが、上手なお金の使い方です。

 

たとえ貧乏であっても、今自己投資をするか否かで自分の将来が大きく変わります。

 

みなさんお金は、形に残るものだけではなく、心に残るものに使いましょう。

 

形あるものは、どんなものでもいつかなくなってしまうからです。

 

 

コンフォート原則

 

幸福感を目いっぱい得たりするには、1日のうち、何にどれくらいの時間をかけているか?

 

その割合に応じてお金を分配するらしいのです。

 

1日のうちにかける時間に注目し、その割合に応じてお金を分配するというもので、これをコンフォート原則というらしいです。

 

たとえ短時間でも大切にしたい時間に使うものにはお金をかけた方が満足感を得られたり、些細なストレスから解放されるでしょう。

 

仕事の後、自宅の裏庭で1時間ほどガーデニングを楽しみながら1日の緊張を解きほぐしたいという人は、上質なガーデニングツールを使いましょう。

 

 

他人に対して使う

 

お金を使うのは、自分に対してだけではありません。

 

他人に使うお金も大切です。

 

お祝い事に使うことや、他人のために使う寄付などは、正しいお金の使い方です。

 

ただ、寄付先は慎重に選ばないと、良かれと思った使い方が、逆効果になることもあります。

 

友人のお祝いのために、お金を使う。

 

楽しいことに使うと、お金が生かされます。

 

他人のために使えば、自分に返ってきます。

 

自分のためだけに使うと、そこで消滅してしまうのです。

 

自己投資も大切なんですが、他人にお金を使うことを忘れてはいけません。

 

他人にお金を使えば、いつか自分にお金が回ってくるでしょう。