育毛剤の選び方は効果のあるなしを5つの基準で判断する!

抜毛・薄毛・育毛剤
スポンサーリンク

693232dd2ea429a2973e68794a548c0d_s

ドラッグストアをはじめ、ネットではいろいろな育毛剤が売られています。

 

ランキングサイトなど育毛剤を検証しているサイトもたくさんあって、わからなくなっている人も多いと思います。

 

高いお金を出して買っても効果がなければ悲しいですよね。

 

育毛剤の販売ページを見れば、「特許技術を採用」とか「雑誌に取り上げられました!」というような魅力的に書かれています。

 

これだけを鵜呑みにしても意味がありません。

 

口コミで人気とか表面上鹿わからいものに頼ることなく、育毛剤選びで重視したいポイントをまとめてみました。

 

 

スポンサーリンク

育毛剤選びで外せない重視するポイント

まず、育毛剤ん男選び方でしっかり押さえていかないといけない部分は以下の5つのポイントです。

 

結局、効くか効かないかを左右する「効果成分」が重要になってきます。

 

いかに安くお試しできるとか返金保証があっても、微妙なものを試しても意味はありません。

 

まずは1つずつ見ていきましょう。

 

抜け毛の原因となるDHT抑制成分は入ってるか?

 

育毛剤で一番大事なのは、抜毛や薄毛の原因を抑えること。

 

抜け毛・薄毛は細胞内にある男性ホルモンDHTの影響で、髪を作る細胞がダメージを受けることがわかっています。

 

まずはこのDHTを抑制してあげることが先決です。

 

なぜかというと、いくら髪を育てる栄養を送り込んだとしても、根っこの部分が弱る一方では焼け石に水だからです。

 

根っこの部分を食い散らかす害虫を退治しなければ、どれだけいい栄養を与えたとしても意味がないということです。

 

まずは抜毛防止成分に着目しましょう。

 

DHTの発生を抑制する効果があり、副作用のない天然成分としては、ヒオウギ抽出液、オウゴンエキス、シナノキエキス、ノコギリヤシ種子エキス、冬虫夏草などが効果的とされています。

 

これらの成分が入ってるかをチェックします。

 

 

髪を育てる育毛成分は十分に配合されているのか?

 

抜け毛防止成分でダメージを与えるDHTを抑制したら、次は髪の毛そのものを丈夫にそだてるせいぶんを確認します。

 

最近は非常に多くの成分が配合したものが増えているのですが、中には単一の成分で構成されたものもあります。

 

多ければいいという単純なものではないのですが、薄毛の症状や程度は人それぞれですし、頭皮の状態も異なります。

 

単一の成分よりは複数の成分が作用してくれる育毛剤を使う方がいいです。

 

もうひとつ、有効成分というものがあります。

 

有効成分とは、一定の効果があることが医学的に認められた成分のこと。

 

良くも央剤の中には医薬部外品指定されたものがありますが、これは有効成分として指定されている成分を配合しているということ。

 

なんの根拠もないものよりも、やはり有効性が認められたものを使うのが一番です。

 

育毛剤を買うなら、医薬部外品として有効成分配合の物を選びます。

 

 

浸透力を高める工夫がされているのか?

 

成分がしっかり配合されていても、ただ頭皮の上に乗っかってるだけではダメですよね。

実は皮脂から成分を浸透せるのはものすごく難しくて、ちょっとやそっとでは浸透してくれないんです。

そもそも外部からの余計な異物の侵入を拒むのが皮脂の役割。

 

浸透力を高め、成分を届ける工夫がされているかどうかは育毛剤選びで重要視しています。

 

代表的な技術が「低分子技術」。

 

成分の分子を細かくし、毛穴の奥に届きやすくするというもの。

 

他にも最近は、カプサイシンというトウガラシのエキスを使い、一時的に毛穴を拡張して成分を届きやすくする育毛剤など、各社浸透力の工場に力を入れています。

 

こうした工夫がみられる物を選ぶことで、育毛剤の効果を最大限に発揮することができるのです。

 

 

育毛に関係のない添加物は入っていないか?

 

育毛剤で必ず気になるのが、副作用や頭皮のトラブルが起きる危険性です。

 

せっかく使ったのに炎症が起きたり、余計なトラブルに見舞われるほど悲しいものはありません。

 

医薬品以外の一般にネットで買える育毛剤にはそこまで副作用を危惧するものはありません。

 

ただし、なぜ入れたのか側かからない「香料」とか「着色料」を使ったものもあります。

 

保存料として使うアルコールが極端に強いものもあるので要注意です。

 

育毛にとって関係ないものなど育毛剤には必要ありません。

 

こんなごまかしをしている育毛剤自体買う価値はないと断言できます。

 

アルコールは成分の劣化を防ぎ、沈殿しないように溶剤としての効果もありますから最低限は必要になります。

 

全くなしというのもすぐに腐りそうで怖いものですが、できるだけ配合が少ないものを選びましょう。

 

無添加・無香料・無着色+低アルコールが安全な育毛剤選びのキーワードです。

 

い育毛剤ん男口コミには、使っていて気持ちがいいというものもありますが、別に気持ちの良さは育毛に関係ないですよね。

 

毛をはやしたいのが本来の目的です。

 

水みたいな感触でも、しっかり成分が届くかどうかが重要です。

 

傷薬とか使う時に、気持ちよさって意識しますか?

 

それと同じことです。

 

もちろん、かゆみが出たり赤くなるなど異常が出れば使用することを中止しましょう。

育毛サプリとセットの物を選ぶ

 

+α育毛サプリが付属していると相乗効果が期待できるものになります。

 

育毛サプリはそれ単体で開発して売られているものがあるほど、育毛対策で重視されているもの。

 

頭皮から吸収されるだけでなく、髪の毛を作るのに必要な栄養素って血液で細胞まで運ばせるわけです。

 

髪の永長を促進させるのが育毛剤本体だとしたら、サプリは神そのものの栄養を補助する役割を持ちます。

 

どちらか一方で良いのか?といわれると、どちらも併用して相乗効果を期待していくのがいいです。

 

サプリの中にはDHT制御効果が期待できるノコギリヤシエキスを配合したものもあり、育毛剤の効果を補完するのに理想的です。

 

一時期は育毛剤とサプリは別で買っていた時期もありましたが、やはり金銭的にもしんどい。

 

お金をかけるなら数種類の成分の違うサプリを飲むのもありですが、ランニングコストを意識してじっくり続けていくならセットでお得に帰るものを買いましょう。

 

 

初めて買うなら「全額返金保証」があるのが理想

 

育毛剤の選び方について5つの項目をまとめてきましたが、やっぱり初めて使うのであれば不安はつきものです。

 

育毛剤は安くはありません。

 

5,000円から1万円以上の支出を毎月のようにするわけですから、肌に合うかどうかは使ってみなければわからない部分です。

 

自分怡合うかどうか不安というならば、返金保証制度がある育毛剤を選ぶのがベストです。

 

最近はほとんどの育毛剤が返金保証をつけてるのが定番になりつつありますが、返金保証はそれぞれ違います。

 

できるだけ長いものが理想ですが、1本使い切る30日ほどが目安であり、その期間であれば十分使い続けるかどうかの判断はできます。

 

返金保証といっても、生える保証ではありません。

 

とりあえず1本使ったからと言って、フサフサになるというわけではありません。

 

継続して使えるかどうかを見定める期間としてとらえておきましょう。

 

それだけ販売者としても自信があるわけですから、ついてないよりはついている方がいいに決まっていますよね。