【ワールドカップ】ポルトガル代表のスタメンや注目選手!日程とテレビ放送は?

【ワールドカップ】ポルトガル代表のスタメンや注目選手!日程とテレビ放送は?

0fab962d-955e-4746-a781-c0735acb43c8

前評判は決して高くないのですが、EURO2016で優勝したポルトガル代表。

 

ロシアワールドカップでも今のところ優勝候補に挙げられることは少ないですが、EUROも同じように気が付いた上位にあがってきていました。

 

ということになると可能性はありますよね。

 

クリスティアーノ・ロナウド以外にもいい選手は揃っています。

 

彼らのプレーが重要になってきますね。

 

ロシアワールドカップに出場するポルトガル代表のスタメンや注目選手。

 

試合日程などについてまとめてみました。

スポンサードリンク

スペイン代表の試合日程と時間

 

スペイン代表はグループB

6月16日(土) 03:00 VSスペイン

6月20日(水) 21:00 VSモロッコ

6月26日(火) 03:00 VSイラン

グループB波FIFAランキングでいうと、ポルトガル4位、スペイン8位、イラン36位、モロッコ42位となっています。

 

優勝オッズはスペイン7倍、ポルトガル26倍、モロッコ301倍、イラン501倍。

 

 

テレビ放送は?

 

スペイン戦:6月16日(土) NHK

モロッコ戦:6月20日(水) テレビ朝日

イラン戦:6月26日(火) NHK

 

 

スペインの出場メンバー

 

本選メンバーが発表されているスペイン。

 

インテルのカンセロやナニ、アンドレゴメス、セメド、ルベンネベスあたりは外れています。

こう見ると前線にいい選手がそろってきています。

 

使い方はちょっともったいない気がしますね。

 

▼GK

ルイ・パトリシオ(スポルティング)

アントニー・ロペス(リヨン/フランス)

ベト(ギョズテペSK/トルコ)

 

▼DF

ブルーノ・アウベス(レンジャーズ/スコットランド)

ペペ(ベシクタシュ/トルコ)

ラファエル・ゲレイロ(ドルトムント/ドイツ)

ジョゼ・フォンテ(大連一方/中国)

ルベン・ディアス(ベンフィカ)

リカルド・ペレイラ(ポルト)

マリオ・ルイ(ナポリ/イタリア)

セドリック・ソアレス(サウサンプトン/イングランド)

 

▼MF

マヌエル・フェルナンデス(ロコモティフ・モスクワ/ロシア)

ジョアン・モウティーニョ(モナコ/フランス)

ジョアン・マリオ(ウェストハム/イングランド)

ウィリアム・カルバーリョ(スポルティング)

ブルーノ・フェルナンデス(スポルティング)

アドリエン・シウバ(レスター/イングランド)

 

▼FW

クリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード/スペイン)

アンドレ・シウバ(ミラン/イタリア)

ベルナルド・シウバ(マンチェスター・C/イングランド)

ゴンサロ・グエデス(バレンシア/スペイン)

ジェルソン・マルティンス(スポルティング)

リカルド・クアレスマ(ベジクタシュ/トルコ)

 

 

 

ポルトガル代表のスタメンとフォーメーション

システム:4-4-2(4-1-3-2)

 

GK

ルイ・パトリシオ(スポルティング)

 

DF

セドリク(サウサンプトン)

ペペ(ベシクタシュ)

フォンテ(大連一方)

ゲレイロ(ドルトムント)

 

MF

ウィリアム・カルバーリョ(スポルティング)

モウチーニョ(モナコ)

ベルナルド・シウバ(マンチェスターシティ)

ジョアン・マリオ(ウェストハム)

 

FW

クリスティアーノ・ロナウド(レアルマドリード)

アンドレ・シウバ(ミラン)

 

EUROから継続して4-1-3-2のシステムで戦っているけど、前線のたっれんとを考えるともっといい形になるのかもしれない気がしますね。

 

バレンシアのグエデスやジェルソン・マルティンスらスピードのあるドリブラーもいるので、彼らを活かした4-3-3とかも見てみたいですね。

 

 

チームの特徴とスタイル

 

守備はあまり積極的にプレスに行くというよりは、どちらかというと引いてしっかり守るのが得意なチームです。

 

センターバックは高齢化が進んでいるのですが、フィジカルが強く高さもあるので、引いてゴール前を固めれば簡単に崩されません。

 

攻撃では、中盤は全員ボールを持っていれるしパスはうまいのですが、あまり前線に飛び出していくタイプの選手はいないです。

 

最後にゴールを決めるのは2トップというか、クリスティアーノ・ロナウド頼みとなっているところがあります。

 

今のメンバー構成は、手堅く戦うには良いだろうけど、もっと攻撃を面白くするならやっぱりグエデスとかを使いたいところでしょうね。

 

 

ポルトガル代表の注目選手!

 

クリスティアーノ・ロナウド

8167cd8887dd4b6d67e25b0e7a2f15b97a5f312b2de3a4bc2fcea079755f472e

現在33歳。

 

おそらくは年齢的にも最後のワールドカップになりそうです。

 

今シーズン、クラブでは前半はほとんど点をとれず劣化したみたいなことを言われていたけど、結局後半にかけて調子を上げてきます。

 

リーガでは得点ランキング2位まできています。

 

チャンピオンズリーグではバイシクルなど印象的なゴールも決めています。

 

ポルトガル代表でも、結局困ったときに最後に決めるのはロナウド、というシーンもあるので強豪相手になればなるほど注目です。

 

 

ベルナルド・シウバ

700033876JC00077_New_Zealan

所属するマンチェスターシティでは絶対的なスタメンポジションは得られていませんが、細かく足に吸い付くようなボールテクニックの上手なシティの面つの中でも随一です。

 

シティではウイングで使われることが多いのですが、もう少し中央寄りでもプレーするポルトガルでは自由度も高く、良さが生きやすいと思います。

 

 

ゴンサロ・グエデス

Goncalo-Guedes

ネイマールやムバッペの加入によりPSGではあまり出場機会を得られず、バレンシアにレンタル移籍。

 

しかし、移籍したバレンシアでは得意のスピードを生かしたドリブルで大活躍しています。

 

代表ではスタメンというわkではないですが、途中出場を中心に活躍の機会はありそうです。

 

場合によっては途中からスタメンに抜擢されるかもしれませんね。

 

 

ポルトガル代表の展望は?

 

クリスティアーノ・ロナウドを筆頭に欧州王者となった栄光のメンバーに加えて近年大刀してきたわ縦のメンバーも戦力として名を連ねています。

 

チーム戦術の塾となるのはアンカーのウィリアム・カルバーニョ。

 

彼が守備を安定させ司令塔のモウチーニョから良いパスが供給されます。

 

チームとしての成熟度は非常に高く、既に完成されているといってもいいかもしれません。

 

唯一の懸念材料となるのはCBのスピード不足だが、戦術的には、全体でカバーすることが徹底されています。

 

これはスペインも同様ですが、初戦の強豪国同士の戦いはその後の戦いを狂わせてしまう可能性が十分にあるので硬い試合内容で調整してくるでしょうね。

 

グループBの構図としては明らかな「2強2弱」になるものの波乱を生む可能性は十分にあります。

 

モロッコとイランはそれぞれ個人技に秀でたプレーヤがいるためそれぞれのキープレーヤーがどれくらい活躍できるかで展望が変わる可能性がありますね。

 

また、注目のポルトガルとスペインの試合は15日と大会2日目と初戦で戦うことになっています。

 

ここで負けてしまうとリズムを崩してしまい残り2戦を負けられないプレッシャーとも戦うとなるとイランとモロッコが予想以上の戦いを見せてくる可能性は十分にあり得ます。

 

2強がいかに選手を温存しつつ格下の2カ国を倒すのかグループBの焦点となりそうですね。

 

ポルトガルには予選でつまずかず、決勝トーナメントでもワクワクする試合を見せて欲しいですね。

 

 

スポンサードリンク