小栗旬が俳優が次々引退する異常事態に俳優労働組合をつくる?

目安時間:約 4分

500-23

芸能界を揺るがしている人気俳優の
相次ぐ電撃引退。

 

昨年12月、突如、引退した成宮寛貴さんを
皮きりに、今年に入って女優の江角マキコさん
清水富美加さん、堀北真希さんと
4人の人気俳優が、わずか3か月の間に
自ら幕引きを行った。


スポンサードリンク

俳優が次々引退する異常事態に

 

こんなことは芸能界の歴史の中でも
あり得なかったこと。

 

売れっ子俳優が自らの事情で引退に
追い込まれるなんてことは、10年に1人。

 

いや20年に1人というところで話内でしょうか。

 

今後も、引退を口にする俳優が
出てくるかもしれませんね。

 

そんな異常な事態の中、注目を集めているのが
俳優の小栗旬さん。

 

俳優のための自主的な労働組合を
結成しようと活動しているという。

 

小栗旬が労働組合を作ろうとしている?

 

小栗旬さんが目標としているのは
ハリウッドにある「SAG-AFTRA」の日本版。

 

「SAG-AFTRA」は1933年に設立された
世界初の映画俳優組合で、組合員は
約20万人います。


スポンサードリンク

 

日本にも、俳優の西田敏行さんが理事長を
務める「日本俳優連合」が存在するが
組合員は約2700人ほど。

 

御用組合に近い存在。

 

若手俳優は、存在すら
知らないんじゃないでしょうか。

 

かつて、雑誌のインタビューで「SAG-AFTRA」
について熱く語っていた小栗さん。

 

背景にあるのは事務所の大小で仕事が
決まったり、理不尽なオーディション制度
などに対する不満だという。

 

そもそも、俳優はアイドルやアーティスト
バンドなどと違い、引退を宣言する
必要がない職業なのだ。

 

「SAG-AFTRA」があれば、俳優の権利が
とことん守られる。

 

最近、引退した人気俳優らも、結論としては
所属事務所との決別だと言ってもいい。

 

本当に所属事務所と信頼関係があれば
引退する必要はありません。

 

だが、いまだに俳優の権利を尊重する事務所は
数えるほどしかないのが現実。

 

トラブルが発覚したら、数年間の休養、
あるいは仕事の選択ができなくなるのが
日本のプロダクションなんです。

 

だから最終的に「引退」という切り札を
出さざるを得ないという状況なようです。

 

ハリウッド関係者も日本の芸能界には
本当に驚いているんだとか。

 


スポンサードリンク

カテゴリ:俳優 

ページの先頭へ