サッカー日本代表がスイスに完敗…試合展開はノーゴールで課題が山積み!

サッカー日本代表がスイスに完敗…試合展開はノーゴールで課題が山積み!

9b6b6024

日本代表は8日、国際親善試合でスイスと対戦しました。

 

見せ場を作ることもできず、0-2で完敗してしまいました。

 

ロシアワールドカップ初戦のコロンビ戦まで2週間を切っている中、日本代表はオーストリアで事前合宿で最終調整中。

 

4年に1度のサッカーのお祭り、FIFAワールドカップを前に課題は山積みとなっています。

スポンサードリンク

日本代表はスイス戦を0-2で完敗…

 

日本代表は8日、国際親善試合でスイスと対戦。

 

FIFAランキング6位のスイス。

 

ハイレベルな欧州予選を9勝1敗で終え、プレーオフの末に本大会出場権を獲得しています。

 

ジェルダン・シャキリやグラニット・ジャカなど、世界っ串のリーグで活躍している選手を多数抱える強豪国。

 

そんな欧州屈指のチームとの一戦、日本は4-2-3-1のフォーメーションを採用。

b8a6c01d090a0291b76702a17ebc8bb9

CBは吉田と槙野がコンビを組み、サイドバックには酒井高徳と長友佑都、中盤底の2枚は長谷部誠と大島僚太、ウィングには宇佐美貴史と原口元気。

 

そして、注目の本田圭佑はトップ下に入りました。

 

1トップは大迫勇也が務めます。

 

序盤はスイスがボールを握り、日本は守勢に回ることになります。

 

3分にはジャカの縦パスを起点にピンチを迎えます。

 

その後も相手の速いプレッシングを前にボールを落ち着かせられません。

 

4分には、大島のパスミスを奪われボックス内への侵入を許してしまいます。

 

それでも5分、長友の浮かせたクロスに大迫が競り、こぼれ球を原口が狙う。

 

ここはGKの正面に飛んだが、この試合発シュートを放ちます。

 

その後膠着した時間が続きますが、24分に長谷部がロングシュートをみせる。

 

25分、スイスにチャンス。

 

左サイドのロドリゲスからのアーリークロスに、ガブラノヴィッチが反応して頭で合わせる。

 

これは枠を外れ事なきを得たのですが、その後もCKでもフリーで合わされるなど、危ない場面が続きます。

 

35分には、相手のロングパスにDFラインの背後をとられ、GK川島が飛び出すも間に合わない。

 

ガブラノヴィッチのヘッドをエンボロが押し込みに行きますが、ポストにあたって難を逃れました。

 

37分に、日本にアクシデント。

 

相手んお後ろからのチャージで痛めていた大迫がプレー続行不可能に。

 

武藤が代わりに投入されました。

 

するとその直後、吉田がエンボロをエリア内で倒してしまい、PKを献上してしまいます。

 

これをロドリゲスが、強烈なキックで沈めます。

 

日本は前回のガーナ戦に続き、またもやPKからの失点。

 

戦線店を許してしまいました。

 

その後は良い場面を作ることができず、前半を1店のビハインドで折り返します。

 

後半の立ち上がりも、主導権を握るのはスイス。

 

開始早々にエリア前で槙野がファールを犯してFKを献上、シャチリが直接狙ったボールは枠の上に飛んでいき、難を逃れました。

 

スイスのビルドアップを前に、プレッシャーをかけることができず。

 

相手に押し込まれる展開が続きました。

 

劣勢のままの日本は、55分に宇佐美と酒井高徳に代え、乾と酒井宏樹を投入。

 

状況を打破しにかかります。

 

ボールをキープできるようになったのですが、アタッキングサードを攻略できないまま、チャンスには繋げられません。

 

68分、スイスはカウンターから途中交代でピッチに入ったツーバーが、左サイドからカットインしてシュートを放ちます。

 

その直後、日本は大島に変えて柴崎を投入。

 

より攻撃的な布陣となります。

 

70分には、カウンターで本田が右の原口に展開。

20180609-00010006-goal-000-2-view

カットインした原口が左足でのシュートを放ちますが、GK正面に飛んでしまいました。

 

なかなかGKビュルキを脅かすシーンは作れません。

 

74分には、川島のスローがシャチリにカットされ、遠目から無人のゴールへシュートを打たれます。

 

ここは枠の上にそれていっきましたが、冷や汗をかく展開となる日本。

 

西野監督は得点を奪いに行くため、本田に変えて香川を投入。

 

しかし、日本は82分に追加点を許してしまいます。

 

スイスのシュートカウンターから、左サイドに回ったシャチリが1枚剥がしてクロスを上げます。

 

それを頭で折り返すと、最後はセフェロヴィッチに叩き込まれてしまいます。

 

その後も落ち着かない日本。

 

最終ラインのビルドアップをねらわれピンチが続きます。

 

終盤委は吉田が最前線まで上がりパワープレーを仕掛けるのですが、最後まで決定的なちゃんすを作ることはできませんでした。

 

日本は0-2でスイスに敗れてしまいました。

 

 

Twitter上では批判の声が

 

まとめ

 

5月30日のガーナ戦も、0-2で敗れている日本。

 

これで西野ジャパン発足後は2連敗。

 

いまだに1ゴールも奪うことはできておらず、課題が浮き彫りになる結果になってしまいました。

 

日本代表は、このあと12日に本大会前最後となる親善試合パラグアイ戦があります。

 

そしていよいよ、19日にコロンビアとの初戦を迎えるのですが、まだまだ課題は山積みとなっています。

 

12日のパラグアイ戦では西野ジャパンに1店でも多く取って勢いをつけて欲しいですね。

 

 

スポンサードリンク